ご当地フォルムカード 
20170601.jpg


岐阜県の第五弾のご当地フォルムカード「郡上おどり」


日本三大民謡に数えられる郡上おどりは、
囃子方が乗る屋形を中心に輪をつくり楽しむ夏の風物詩。
400年以上の歴史を持ち国の重要無形民俗文化財にも指定されている。
毎年7月中旬から9月上旬にかけて30余夜にわたり踊られる。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


郡上おどりは江戸時代に城主が士農工商の融和を図るために、
藩内の村々で踊られていた盆踊りを城下に集め、「盆の4日間は身分の隔てなく
無礼講で踊るがよい。」と奨励したため年ごとに盛んになったもの。

そんな歴史背景から、観光客も地元の人も誰もがひとつ輪になって踊ります。 

このため「見るおどり」ではなく「踊るおどり」といわれるのです。

7月中旬から9月上旬にかけて33夜にわたって踊られますが、
クライマックスの徹夜おどりは、8月13,14,15,16日の4日間。

そして、おどり上手の旅の方には免許状が公布されるんですって。
郡上おどり保存会の会員による審査が行なわれ、「これは上手い!」という人には、
その場で免許皆伝と記した木の札が審査員の手から渡され、郡上おどり保存会の事務所へ持って行くと
「正調郡上おどり世久(よく)修得されたことを証します」と墨字で記された立派な免許状に交換されるそうです。

私もいつか絶対に徹夜踊りに参加してみたい!
踊り教室みたいなのもあって、昼間に教えてもらえるらしい…
目指せ!免許状w



 

秘密にする

..