ご当地フォルムカード 
20170526.jpg


鳥取県の第八弾のご当地フォルムカード「浦富海岸」


ユネスコ世界ジオパークネットワークに加盟認定された山陰海岸ジオパークの中で、
特に景勝地として名高い浦富海岸。浦富と書いて「うらどめ」と読む。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより

描かれているのは、山陰海岸ジオパーク浦富海岸エリアの千貫松島。
松が生えた島に穴が貫通して門のようになった絶景。
鳥取藩主があまりの絶景に「銀千貫を出しても惜しくない」と語ったのが名前の由来だそうです。

私も山陰海岸ジオパークを歩きました。
浦富海岸島めぐり遊覧船を楽しんだ後、遊覧船乗り場から
千貫松島、おしろいの断崖・網代展望台、城原海岸を経て田後港まで。
その近くからバスでJRの岩美駅に向かいました。

かなりの距離でしたが、ウォーキングコースは整備されていましたよ。
でもね、途中2カ所ほど海岸線を歩くんです…
夏休み中だったので、水着姿のファミリーやカップルがたくさん。
その賑わいのなか、普通の服を着て日傘を差して浜辺を歩く一人の不審者w
本当に本当に恥ずかしかったです。
この浦富海岸、忘れることはないでしょう。



 

秘密にする

..