ご当地フォルムカード 
20170305.jpg


三重県の第六弾のご当地フォルムカード「伊賀流忍者 with上野城」


国の史跡・上野城、伊賀流忍者のふるさとなどで知られる伊賀市は、
俳聖・松尾芭蕉のふるさとでもある。市内にはその生家があり、
上野公園には芭蕉翁記念館、芭蕉の旅姿を表現して建立された国重要文化財・俳聖殿などがある。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


またまた、バンド名みたいなご当地フォルムカードです。
忍者、カッコいい…「くのいち」もいるようです。
「MIE」という字の下になにやら見慣れない文字がありますね。
これは「忍者文字」という文字で、「伊賀流忍者」と書かれているんですって。

日本には、漢字が伝来する以前に「神代文字」という文字がありましたが、
戦国時代には解読できる者がおらず 忍者はそれを利用し、秘密文字として
連絡手段に使用していたそうです。



 

秘密にする

..