ご当地フォルムカード 
20170219.jpg


鳥取県の第二弾のご当地フォルムカード「投入堂」


断崖絶壁に建てられたお堂は、役行者(えんのぎょうじゃ)が法力で投げ入れたという伝説がある、
三徳山三佛寺(みとくさんさんぶつじ)・国宝投入堂(なげいれどう)。
天台宗修験道の古刹です。建築方法については今も謎に包まれたまま。
静かな自然の中に佇む姿が神秘的です。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


険しい山道を1時間近く登ってようやく辿り着く難所に建っています。
全国にある国宝建築物の中でも、実際に見ることが難しいものの一つ。

2016年(平成28年)10月21日に起きた、鳥取県中部地震の影響により、
現在、事故防止のため奥院投入堂までの参拝登山はできないそうです。
再開時期は未定。三佛寺本堂、及び宝物殿まではご参拝可能。

どうやって建設されたのでしょうね~?
昔の人って、本当にスゴイ!



 

秘密にする

..