日本 節分 
20170203.jpg


2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「節分」の切手。

描かれているのは「豆と柊鰯(ひいらぎいわし)」

節分には縁起を担ぎ、炒った豆を用います。
というのも、拾い忘れた豆から目が出ることは、縁起が悪いとされるからです。
さらに自分の年齢の数だけ豆を食べることで、健康に過ごせる一年を願います。
いっぽう柊鰯は、魔除けのおまじないです。
「鬼」が苦手な「鰯」の頭とトゲトゲした「柊」を「門守(かどもり)」として玄関先に飾り、邪気を払います。

※郵政省のHPより


ハート切手はお休み。
今日は小・中学校の同級生と吉田神社に行ってきました。
京都では節分と言えば吉田神社ですよね。
でも私は行ったことなくて、という話をしていたらお友だちが誘ってくれました。

吉田神社の節分祭、すごいですよ~
私の想像の超えていました!
参道沿いにずっと美味しそうな(約800店の)露店が…
何度も誘惑に負けそうになりましたが、
お食事の予約をしていたお店があったので、
なんとか踏みとどまりました~

これで厄除けもできたし、今年はこれで大丈夫でしょう。
とても楽しい節分でした♪



 

秘密にする

..