風景印 佐賀県 
20160728.jpg


佐賀県 三日月郵便局
図柄…小城市の名峰天山をかたどった外枠に、書聖中林梧竹の書「天山閣」、弥生時代中期の農耕集落遺跡・土生遺跡

天山は小城市の北西部に位置する、標高1,046mの山。
中林 梧竹(なかばやしごちく)は小城市出身で明治期に活躍した書家。
日下部鳴鶴、巌谷一六とともに「明治の三筆」の一人とされます。

土生遺跡に行きましたよ~
小城駅の駅員さんに「遺跡はどちらの方向ですか?」って聞くと、
「吉野ヶ里遺跡はあっちだよ~。」って教えてもらいました。
いやいや、土生遺跡に行きたいのです…
駅員さんはどうやらご存じなかったようです。
何とか自力でたどり着くことができましたが、とってもかわいい遺跡でした。



 

秘密にする

..