風景印 長野県 
20160408.jpg


春のお楽しみ、サクラが終わっても、まだお祭りがあります!
今、まさに行われているのは「諏訪大社の御柱祭」
正式名称は「式年造営御柱大祭」、7年毎の寅と申の年に行われます。

樹齢150年以上のモミの大木の中から、選ばれた16本のモミだけが御柱となり、
里に曳き出され、諏訪大社の社殿の四隅に建てられます。
宝殿の造り替え、そして御柱を選び、山から曳き、境内に建てる一連の行事を「御柱祭」と呼び、
諏訪地方の6市町村の氏子たちがこぞって参加して行わるそうです。

風景印に描かれているのは「下社御柱祭 山出し(木落とし)」ですね。
「山出し」は本日、4月8日(金)から始まり、9日(土)、10日(日)まで行われるんですって。


あ、一応

長野県 下諏訪郵便局
図柄…八島高原、御柱祭・木落とし



     
 

秘密にする

..