風景印 栃木県 
20160317.jpg


栃木県 宇都宮今泉町郵便局
図柄…重文・旧篠原家住宅(黒漆喰の店蔵造)


宇都宮を代表する旧家の一つである篠原家は、江戸時代から奥州街道口の現在の場所で、
醤油醸造業や肥料商を営んでおり、現在の旧篠原家住宅は明治28年(1895年)に建てられたものです。
この建物は、平成7年11月27日に宇都宮市の文化財に指定され、
平成8年2月26日宇都宮に寄贈されました。
その後、復元・改修工事を経て、平成9年3月1日から一般公開。
平成12年5月25日に主屋と新蔵(附南北石堀)が、国の重要文化財に指定されました。

宇都宮駅からすぐ(徒歩3分)ですって。
昔の豪商の暮らしが垣間見れるそうですよ。
お宅訪問、面白そうですね。



 

秘密にする

..