風景印 山形県 
30160309.jpg


山形県 山形七日町五郵便局
図柄…関白秀次側室・駒姫(山形城主の娘)、専称寺の白壁の塀、寺内の大イチョウ

秀次は豊臣秀吉の姉である瑞竜院日秀の長男。
秀吉の嫡男の鶴松が没して世継ぎがいなくなったことから、
秀吉の養嗣子とされ、文禄の役の開始前に関白の職を譲られ、家督を相続しました。
ところがその後になって秀吉に嫡子秀頼が誕生し、秀次は強制的に出家させられて
高野山青巌寺に蟄居となった後に切腹となりました。

駒姫は、最上義光の二女で伊達政宗の従妹に当たります。
東国一の美少女といわれるほど美しかったそうです。
秀次が豊臣秀吉の命により高野山で切腹させられてしまった頃、
駒姫は秀次の側室になるために京に到着し、最上屋敷で長旅の疲れを癒していました。
駒姫はまだ実質的な側室になる前だったにも関わらず、他の秀次の側室達と共に、
三条河原に引き立てられ11番目に処刑されたそうです。享年15歳。

本当に痛ましい話ですよね。
風景印を見た時はかわいいお姫さまって思っていましたが、
upする前に調べてみて驚きました。



 

秘密にする

..