風景印 岐阜県 
20160306.jpg


岐阜県 栃尾郵便局
図柄…新穂高温泉ロープウェイ、無形文化財・鶏芸の舞、穂高連峰


身内から旅行のお土産にもらった風景印。

高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根に伝わる「鶏芸」は、
村上神社(5月10日)、神明神社(9月30日)の祭礼に奉納する芸能。
この「鶏芸」は、数百年前平家の落人が、この地区に来て伝授したと言われていて、
昭和33年に岐阜県の重要無形文化財に指定されました。

頭にかぶっている冠を「シャガマ」と言って、シャモの雄鶏の尾羽でできており、
着ている衣装は「かたびら」と言って、龍と鳳凰を染め抜いた大変派手な着物で、
この衣装やシャガマ・鉦は各家にあり、代々小孫へと受け継がれているそうです。

奉納日には、鉦大将(かねだいしょう)の指揮によって、
20名程が輪になって笛や太鼓に合わせて鉦を打ちながら舞うんですって。

各地には色んな芸能があるんですね~
伝統を守り続けることはきっと大変だと思いますが、
ずっと残っていくと良いですね。



 

秘密にする

..