ノルウェー 複十字シール 
20151215.jpg


ノルウェーの複十字シール。
ヒイラギのリースとコマドリが描かれているのかな。
どちらもシルエットで描かれており、ちょっと大人の雰囲気のデザインですね。

ヒイラギは常緑樹で終わりのない命の象徴とされています。
そして、ヒイラギの葉の刺がイエスさまのイバラの冠を連想させるため、
クリスマスリースに使われることが多いそうです。

イエスさまが磔刑にされた時、心を痛めたコマドリが来て慰めの歌を歌い、
イエスさまの頭に被せられたイバラの冠から トゲを引き抜きました。
すると、トゲの先からイエスさまの血がしたたり落ち、コマドリの胸を濡らしたのです。
その時からコマドリの胸は赤くなったと言い伝えられています。
また、コマドリは「新年の魂」を宿しているとされていることからも、
クリスマスカードやクリスマスの切手によく描かれるんですって。



 

秘密にする

..