ご当地フォルムカード 
20141003.jpg


熊本県の第三弾ご当地フォルムカード「通潤橋」


水不足に悩む民衆を救うため、布田保之助が肥後の石工たちの技術を用いて建設した石橋。
現在は観光放水が行われ、迫力のある風景を見られる名所となっている。

ご当地フォルムカードのHPより


通潤橋(つうじゅんきょう)、行ってみたいなぁ。
石橋中央部の放水口から水がアーチ型に豪快に噴き出すらしく
「水を通す石橋」って言われているそうなのですが、ちょっと想像がつかないですね。
熊本市の中心部からバスで1時間30分か…行けそうな気がしてきました。



 

秘密にする

..