風景印 広島県 
20140812.jpg


広島県 広島東郵便局
図柄…国宝・不動院金堂、原爆ドーム、比治山


私たちが原爆ドームと呼んでいる建物は、「広島県物産陳列館」という名前で、
広島県の物産品を展示したり、販売したりする施設でした。
その後「広島県商品陳列所」「広島県産業奨励館」とその名前を変えています。
チェコの建築家、ヤン・レツル氏の設計で、レンガ造りで一部鉄骨が使用されていて、
外装はモルタルと石材によるものでした。3階建てで正面には階段室、
その上部には銅板で造られた楕円形のドームがのせられた、
当時としてはとてもモダンなものでした。
川辺に造られたその美しい建造物は、広島の名所の一つになっていたのです。
かつてはただの産業奨励館の建物でしたが、1945年8月6日、この建物の上空570メートルで、
世界で初めて原子爆弾が投下されました。 15万人がその場で命を失ったといわれています。
この惨状を覚えるために、1996年に世界文化遺産に登録されました。
史上最初の核兵器による災害を後世に伝え 、 核兵器の根絶と平和の大切さを訴えてます 。

※「日本の世界遺産.com」原爆ドーム(広島の平和記念碑)より


作り物ではない原爆ドームの存在意義は大きいと思います。



 

秘密にする

..