風景印 秋田県 
20140711.jpg


秋田県 秋田中通六郵便局
図柄…秋田竿燈まつり、竿燈の提灯、笛を吹く人


竿燈の技は流し、平手、肩、額、腰の5種類あります。
【流し】
次の差し手が竹を継ぎやすいように支える。
利き手で竿燈を差し上げ、一旦手のひらで静止。
竿を指の間からじわりじわりと15cmほどずらして持ちこたえる

【平手】
竿燈を利き腕の手のひらに乗せて高々とかざし上げてみせる。
力強く豪快な基本技。もう片方の腕をぱっと開いて、大きくバランスをとる

【額】
竿を額で支え、首の根元が座った重量感あふれる技。
静止して両手を大きく開いてバランスをとり、観客を圧倒する見せ場を演出する

【肩】
竿燈をかかげやすく、最も覚えやすい技。
利き腕を曲げないで、竿をまっすぐ肩に降ろし、首の付け根に静止させる。
軸足と竿燈を一直線にするのがポイント

【腰】
かなりの修練が必要な高度な技。
上体をほどよく横に傾け、バランスを保つ。5つの基本演技の中でもクライマックスに映える大技

※秋田市竿燈まつり実行委員会事務局のHPより


スゴイですね!
ますます秋田竿燈まつりに行ってみたくなりました。
まつり本番では、260本近くの竿燈があがるそうですよ。
迫力あるでしょうね~



 

秘密にする

..