風景印 石川県 
20140526.jpg


風景印 石川県
図柄…火消纏(ひけしまとい)を持った加賀人形、重文・金沢城石川門


火消纏とは江戸時代に町火消の各組が用いた旗印の一種。
重量は15-20kg前後で、組のうちで体力、威勢ともに優れたものが「纏持ち」に任命されたそうです。
現場で纏持ちは火事場の風下の屋根の上にあがり、
纏を振りたてて消火活動の目印とするとともに、仲間たちの士気を鼓舞したんですって。
危険な任務ですね~



 
 
北海道からの風景印、絵はがきありがとうございました。いまだ北海道は未踏の地。いつか行ってみたいですww
Re: 
こんばんは。
ちゃんと押印されていましたでしょうか~?
時間があんまりなくて、大急ぎで投函したのでちょっと心配でした。


北海道はとても楽しかったです。
次回はゆっくりと落ち着いて、風景印を集めたいです。

秘密にする

..