中国 建物 
20140313.jpg


中国の建物切手、三枚目。


今日の建物は「蘭亭」
王羲之はこの蘭亭で書道史上最も有名な書作品「蘭亭序(らんていじょ)」を書きました。


353年(東普の永和9年)3月3日、王羲之と当時の名士たち41名がこの地で集まり、
曲水(曲がりくねった小川)の両側に座り、清流に流された酒盃が自分の前で止まったら
即興で歌を詠むという宴会を楽しんだとされています。
その時、37首の詩が詠まれ、王羲之により一編の序文が作られました。
これが有名な王羲之の代表作「蘭亭序」です。



 

秘密にする

..