ソ連 オリンピック 
20140224.jpg


ソ連から発行されました。
1976年、インスブルックオリンピックの記念切手。


終わりましたね~
なんだか寂しい気持ちとやっと寝られる…との複雑な気持ちです。
オリンピックが4年に一度でよかった。
毎年あったらお仕事できないw


世界中のトップスリートが競う中でメダルを獲得するって大変なことですよね。
4年に一度のこの時期に自分のピークを持ってこないといけない。
故障したり体調を崩したら終わり…天候や風の影響も受ける。
実力ももちろん必要ですがそれ以上に運の要素が強い気がします。
しかも採点競技だったら採点者の傾向もありますし…


今回の日本選手団は金1銀4銅3の合計8個。
それぞれ素晴らしいパフォーマンスだったし、同じ日本人として誇りに思います。


メダルを逃した選手たちの健闘も称えます。

特に印象的だったのは上村愛子選手の清々しい笑顔。
悔いのない演技をされたのでしょうね。

高梨沙羅選手はすごいプレッシャーの中で4位入賞ですよ。
まだ17歳、彼女の競技人生はこれから。

そして真央ちゃん、本当にお疲れさま。
真央ちゃんの目指していたフリーの演技が出来てよかった。
ドラマティックな展開でしたね~
スポーツを見てこんなに泣いたのは初めてっていうくらい泣きました。


他にもたくさんいらっしゃいますが、まあ今日はこの辺で。



 

秘密にする

..