スペイン オリンピック 
20140217.jpg


スペインから発行されました。
1968年のグルノーブルオリンピックの記念切手。


アルペン競技がデザインされていますね。
アルペン競技は回転、大回転、スーパー大回転、滑降、複合の5種目に分かれています。


回転…旗門数が多く、細かいカーブを素早く正確に曲がることを要求される種目。
男子は、標高差180〜220メートルで旗門数は55〜75。
女子は標高差130〜180メートルで旗門数は45〜60。
旗門の設定を変えたコースを2回滑り、合計タイムを競う。


大回転…回転に次いで旗門数が多く、カーブを正確に曲がることを要求される種目。
S字を描くように左右に振られる様々なカーブを組み合わせたコースを使用。
旗門設定を変えたコースを1回ずつ滑り、合計タイムを競う。


スーパー大回転…滑降同様に高速で斜面を滑り降りながら、
比較的大きなカーブを曲がることを要求される種目。
基本的に1回の滑りで勝敗を競う。88年カルガリー大会から正式種目となった。


滑降…アルペンの中で最もコースが長く、スピードが速い競技。
男子なら最高時速が140キロに達する。コースは全長約3キロ。
最大斜度30度以上で、標高差は男子が800〜1100メートル、女子は500〜800メートル。
コース途中には2、3カ所のジャンピングポイントも設けられている。基本的に1回の滑りで勝敗を競う。


複合…滑降(スーパー大回転)と回転を1回ずつ滑り、その合計タイムを競う。


アルペン競技、カッコいいですよね~
けっこう好きです。


日本選手が出場する、男子・回転。
アルペン 男子回転・決勝 1本目   2/22(土) の日本時間 21:45、現地時間 16:45
アルペン 男子回転・決勝 2本目   2/23(日) の日本時間 01:15、現地時間 20:15



 

秘密にする

..