日本 端午の節句 
20170505.jpg


今日はご当地フォルムカードはお休み。
2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「端午の節句」の切手。
ちまきと兜が描かれています。


奈良時代から伝わる菖蒲の節句。力強い兜からも連想されるように、
後に菖蒲と尚武をかけ、男子の成長や立身出世を願う年中行事へと変化しました。
また端午の節句に欠かせないちまきは、紀元前4世紀、水の中に身を投じ、
自ら命を絶った楚の詩人・屈原(くつげん)の死を悼んだ人びとによって、
供物として考え出されました。なお5月5日は屈原の命日とされ、今に伝えらます。

※郵政省のHPより


通勤途中のバスで通る道沿いにあるマンションのベランダに、
「鯉のぼり」が飾ってあるのを見ると「あ~もう五月だなぁ」って思います。
親戚の小さな男の子、元気に大きくなるんだよ~。



..