オランダ 自転車 
20170131.jpg


オランダの自転車の切手。
オランダに旅行した時に購入しました。
車輪が地球という、スケールの大きなデザインです。
色合いも良いですね。

さて、ネットを見ていると怖い記事がありました。

自転車が突然壊れる事例が続発している。
運転中にハンドルが折れたり、タイヤが外れたり…。
車と違って国が定める安全基準がなく、
型式指定審査のようなチェックシステムもない。
輸入自転車の9割を占める中国をはじめ、
海外から欠陥商品が流入している問題も指摘されるが、
国産製品も例外でない。けがをした人がメーカー側の製造物責任を問い、
訴訟に発展するケースも相次ぐ。

普段、地元では自転車に乗ることはありませんが、
旅行中にレンタサイクルで郵便局巡りをすることがよくあるので、
この記事はちょっと他人事とは思えません。
どうしよう…でも防ぎようがないですよね~
保険に入るかw



インド 肥満税 
20170130.jpg


インドのレトロな切手、詳細は不明です。

インドの現地紙タイムズ・オブ・インディアなどによると、
検討グループがナレンドラ・モディ首相に対し、
ジャンクフードなどへの課税を2017年度の予算に組み込むよう提言した。
肥満や糖尿病など生活習慣病の予防が目的。

というニュースをネットで目にしました。
「肥満税」って肥満の方に課す税金なのかと((((;゚Д゚))))ガクブルしましたが、
課税対象となるのは、コレステロールを増やす飽和脂肪酸と塩分を多く含み、
一般にジャンクフードと呼ばれる加工食品や、糖分を多く含む飲料などだそうです。
徴収した税は、中央政府の健康関連支出の財源とするらしい。

インドと言えば、昔、インド映画に大ハマりしたことがありました。
その時は確か、インドでは太っている人は「食べるのに困らない(豊かな)人」と
憧れの対象だと聞いたような気がします。
実際、大好きなインド映画「ムトゥ踊るマハラジャ」のヒロインは、
ダイナマイトバディ(死語?)の美しい人でした。
肥満が社会問題になったということは、豊かな国になった証なのでしょうか。



台湾 ご挨拶 
20170129.jpg


2007年に台湾から発行されました。

台湾では春節(旧正月)ですね。

台湾の蔡英文総統が27日、新年のあいさつをツイッターに英語と日本語で投稿したところ、
日本語での投稿に中国から批判が殺到する騒ぎに発展した。

というニュースがありました。

蔡総統は大みそかにあたる同日、自身のツイッターに日本語で、
「日本の皆様、今年は実のある素晴らしい一年となりますよう、
心よりお祈り致します」と書き込んだそうです。
これに対し、中国からは「なぜ中国語で書かないのか」
「台湾が日本に侵略された歴史を忘れたのか」などと非難が集中したんですって。
一方、台湾からは反論が寄せられ、日本からは総統に感謝を伝える書き込みが相次ぎました。

中国の皆さまの批判は置いといて…
蔡総統のお気持ち、とても嬉しく、光栄に思います。
私も台湾の皆さまが素晴らしい一年を過ごされますよう、
心から祈ります。



日本 ブラタモリ 
20170128.jpg


1966年に発行されました。
最近、テレビはほとんど見なくなりましたが、
毎週土曜日の「ブラタモリ」は時間帯も見やすいし、
各地の観光の情報収集も兼ねてけっこう見ています。

今日の舞台は水戸。
見ていると見覚えのある風景が。
以前、水戸に行った時に迷ってウロウロしていたところでした…

私、よく道に迷うんです。
何しろ、郵便局って住宅地の中にポツンとあるパターンが多い。
地図もけっこういい加減だし(本気で全国の住宅地図を購入しようか考え中)
一番の要因は「この道を行けば近道」と勝手に判断して行ってしまうこと。
しかもどんどん進んでしまうので、「おかしい!」と気付いた時には、
自分のいる場所がわからなくなってます。

この水戸での迷い道は、私の中でもかなりのピンチでした。
誰も歩いてないので、道を聞く人がいない!
電車に乗る時間が迫ってる!

と焦りまくっていると、親切な方が通りかかり駅まで送っていただいたんです。
何とか電車に乗ることができましたが、この記憶があまりに強烈すぎたのか、
偕楽園やら千波湖の周りを歩いた記憶が飛んでました。

ですが親切な方のおかげで水戸の印象はとても良く、
今度は梅の時期に行ったみたいと思ってます♪



スペイン 損失 
20170127.jpg


1973年にスペインから発行されました。

1月21日、入院して闘病中だった俳優の松方弘樹さんが
脳リンパ腫で死去されたというニュースがありました。

そう言えば京都の飲食店でお見かけしたことがあったなぁと思い出しました。
大スターなんだけど、とても気さくな方というイメージです。
実際、お見かけした時にもニコニコとお連れの方と話してらっしゃいました。

さて、「週刊SPA!」さんの記事によると、
松方さんと言えば「本職は俳優ではなく、釣り人」というほどの釣り好きで有名。
釣りの話だけでなく、漁業資源の話になると熱くなるのが印象的だったそうです。

「人間の力だけで釣り上げるマグロ一本釣りは、水産資源に優しい“エコ”な漁法。
それに比べて産卵期の魚や小さい魚を根こそぎ獲ってしまう「巻網漁」は、
魚の枯渇につながる。日本も、ノルウェーやニュージーランドなど、
海外並みの厳しい規制強化をすべきです」と松方さんは語った。

しかし、まだ日本では巻き網漁などによる乱獲が続き、実現できていない。
松方さんが亡くなられたことは、日本の漁業界にとっても大きな損失とのことです。

この切手に描かれているのは、どう見ても「巻網漁」ですよね…
そっか。この漁法は水産資源にとってはダメなのか…
これからもずっと美味しくお魚を食べるために、
水産資源を守っていく漁法を考えないといけないですね。
もちろん日本だけでなく世界各国の皆さまと。



メキシコ 壁 
20170126.jpg


1996年にメキシコから発行されました。
ゴージャスな色合いの中に、よく見るとお魚やらお花やら、
摩訶不思議な世界が描かれています。
私のコレクションの中でもお気に入りの一枚です。

ところで、トランプさん、本気だったようですね、
ホワイトハウスによると25日、昨年の選挙戦で公約に掲げていた、
メキシコ国境での「壁建設」の作業開始を命じる大統領令に署名したそうです。

これに対し、メキシコのペニャニエト大統領は25日夜、
トランプ米大統領が大統領令に署名したことは「遺憾」だとし、
建設を「認めない」と述べました。

どうなるんでしょう?



スロヴァキア 鳥人間 
20170125.jpg


2003年にスロヴァキアから発行されました。
クリックで大きくして見てくださいね。
ちゃんと人が操縦してますよ。

毎年7月下旬に琵琶湖で開催されている、
「鳥人間コンテスト」ってこんな感じじゃなかった?

安全性に少し不安がありますが、
こんな飛行機(?)で空を飛べたら気持ちいいでしょうね~
どこか行きたいな。
いつも冬が終わって、春になると私の旅行シーズンなんです。
いつ、どこに行くか、プランを作成中。



イスラエル 小鳥 
20170124.jpg


イスラエルの切手、詳細は不明です。
イスラエルの切手はタブ(切手の余白部分)を含めて
デザインされていることが多いのです。
麦の絵から考えるに、飢餓救済などのテーマかなって思います。
色合いが少々地味ですが、とてもかわいいデザインですね。


さて、中東のイスラエルの地中海に面した商業都市テルアビブに、
豚骨スープを売りにする日本のラーメン店が初めて進出した。
というニュースがありました。

国民の8割近くを占めるユダヤ教の食事規定(戒律)で豚肉は禁止で、
人口の2割を占めるアラブ系に多いイスラム教でも厳禁とのこと。

ユダヤ教やイスラム教などの聖地があるエルサレムに比べ、
テルアビブは宗教的な規制を嫌う世俗派も多い開放的な街なんですって。
宗教を気にしない世俗派の人々を狙ったそうです。


それぞれの国の食文化は、文化や宗教、風土などの影響もあり、
長い年月をかけて形成されたものだと思います。
美味しいからと言って、これはいかがなものか…なんて心配しています。
また、どこかから怒られるんちゃう?



日本 寒いよ~part2 
20170123.jpg


1980年に発行された「日本の歌シリーズ」の中から「冬げしき」
「冬げしき」は、1913年(大正2年)が初出の文部省唱歌。
2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれたました。
歌詞の中では、1番は水辺の朝、2番は田園の昼、3番は里の夕方が描写されており、
この切手で描かれているのは1番の歌詞の世界ですね。
静かで緊張感があります。


「冬げしき」

さ霧消ゆる 湊江(みなとえ)の
舟に白し 朝の霜
ただ水鳥の 声はして
いまだ覚めず 岸の家

烏(からす)啼(な)きて 木に高く
人は畑(はた)に 麦を踏む
げに小春日の のどけしや
かへり咲(ざき)の 花も見ゆ

嵐吹きて 雲は落ち
時雨(しぐれ)降りて 日は暮れぬ
若(も)し灯火(ともしび)の 漏れ来(こ)ずば
それと分かじ 野辺(のべ)の里


ところで、すっごく!寒いですね~
今日の京都市内は大雪警報が出ていたようです。
明日も雪…でも、きっと、私は朝、家を出ていくんだろうな。
そして、お休みの人がいると、「休めばよかった」って思うんだろうな。
明日の私へ…「休んじゃえ!」



アメリカ シロクマ 
20170122.jpg


2009年にアメリカから発行されました。
イエーイ、シロクマ好きさん、見てるー?

いつも最寄り駅まで行く道に、小さなアーケードの商店街がありまして、
昔は賑わっていましたが、ここ何年か、いえ何十年かというもの、
お店が一つ減り、二つ減り、いつの間にかシャッター通りになっていました。

ところが最近、あちこちで改装工事されてるな~って思ってたら…
明らかにおかしな雰囲気になってきました。
昨晩通ったら、一つのお店(?)のショーウィンドーにシロクマのオブジェが!
シロクマ好きさんが狂喜乱舞するかも?とスマフォで撮ってメールしようかと思いましたが、
中から怖い人が出てきて怒られたら…と自重しました。

そのうち、通りにくくなるかもね。



アメリカ 就任 
20170121.jpg


2002年にアメリカから発行されました。
はためく国旗、躍動感があるデザインですね。


本日、1月20日(日本時間21日)、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で
米共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)の就任式がありました。
マイク・ペンス新副大統領の就任宣誓に続き、トランプ氏が宣誓し、第45代大統領に就任しました。

これからのアメリカ、これからの日米関係、これからの世界が、
どうなっていくのか注視していきたいと思います。


ところで、退任した、2期8年を務め上げた第44代大統領のバラク・オバマ氏(55)ですが、
今後、連邦政府の定年退職者としての余生を過ごすことになるそうです。

今年1年の年金額は20万7800ドル(約2369万円)の見通し。
大統領報酬の約半分の額なんですって。

この他、歴代大統領と同様、今後7カ月間にわたって、
大統領後の生活に慣れるための支援サービスも受けるらしい。
大統領警護隊(シークレットサービス)の身辺保護は終生続き、
旅費、事務所経費、通信代や医療保険料などの手当も支給される…


大統領後の生活に慣れるための支援サービスってどんなんやろ?
電車の乗り方とか?
ま、まさか、失業保険の申請の仕方とかじゃないよね?



エジプト 史上最高 
20170120.jpg


1994年にエジプトから発行されました。
発行テーマは「世界郵便の日」

世界のあちこちが封筒の模様になっていますね~。
素敵♪
昨日に続いて「地図切手」なのですが、
かなり雰囲気が違います。
「地図切手」は大好きなジャンルで蒐集対象なのですが、
国によって、テーマによって、色々な地図がデザインされるのが面白いです。

ところで、ネットのニュースによると、海洋大気局(NOAA)などは18日、
2016年の世界平均気温が3年連続で観測史上最高記録を更新したと発表しました。
気候変動の加速に関する懸念をさらに高める統計結果だそうです。

こんなに寒いのに!
全く実感できない…と疑っている私なのでした。



イタリア 地震 
20170119.jpg


1967年にイタリアから発行されました。
発行テーマは「地理学会100年」の記念切手。

18日、イタリア中部のアマトリーチェ近郊で
マグニチュード(M)5.0以上の強い地震が4回発生しました。
被災地では余震が続き、停電している地域もあるそうです。

また、地震で起きたとみられる雪崩が中部ペスカラ県のホテルを直撃。
救助隊は徒歩などで現地へ向かい、19日未明に捜索を始めましたが、
悪天候で捜索は困難を極めているそうです。

心配なニュースが入ってきましたね。
こんなに文明が発達していても、地震の正確な予知はできないのでしょうか?
被災地の方々の無事を祈ります。



イギリス 離脱 
20170118.jpg


1967年にイギリスから発行されました。
植物画の第一人者であるMary Grierson (メアリー・グリアソン)が描いた、
「イギリスの野生の花」の切手。
以前にもこのシリーズの切手をupしたことがありましたね。
精密に描かれていて。色合いも美しいです。


さて、英国のメイ首相は17日、ロンドン市内で欧州連合(EU)などの各国大使を前に演説
「EUから離脱することは単一市場から抜けることを意味する」と明言したそうです。
人やモノの移動の自由などを原則とするEUから完全に離脱して、
移民制限などの主権を取り戻すことを優先したうえで、EUと新たな自由貿易協定を結び、
離脱後も緊密な関係を築く方針も明らかにしました。

イギリスはこれからどうなるんでしょうね~?
もし成功すれば、他にも離脱する国が増えるかも?!


ところで今日会社で、私が資料を大量に(って言っても150枚くらい)印刷したら、
プリンターから異音がするようになりました。
それからは誰かが印刷するたびにうるさくって…
なんとなく肩身が狭い私なのでした。
早く保守の人が来て、直してもらえますように。



日本 阪神・淡路大震災 
20170117.jpg


1994年に発行された「国連防災世界会議記念」の切手。

本日1月17日、阪神・淡路大震災発生から22年を迎えました。
被害に遭われた方々、大切な人を亡くされた方々に、
心よりお見舞いを申し上げます。

22年前の1月17日早朝、私は震源地から離れた京都にいましたが、
大きな振れを感じて飛び起きました。
この日一日、自分が何をして、何を思っていたか。
誰に連絡して、誰から連絡をもらったか。
今でもはっきりと覚えています。

「風化させてはいけない」って思いますが、
頼りの19時からのNHKのニュースのトップは「トランプさん」
しかもイギリスのEU離脱についてのトランプさんのコメント。
風化させないって思ってます?NHKさん。



韓国 寒いよ~ 
20170116.jpg


韓国の切手。
今年の主役、鶏さんも寒そうです。

今日は寒かったですね~
でも、こけないで坂を下りれたし、セルフのコーヒーショップもちゃんと開いてたし、
電車も定時運行だったし、杞憂に終わりました。

まぁ、約一名、出勤して来なかった…
「家から一歩も出られません!」って連絡が来たらしい、
あっそう、昼にはダイヤの乱れも収まってたんだけど。

私もそんな人になりたい。
休んだって、けっこう許してもらえるんだよね。
でも、雪でお仕事に行けないなんて思いつかないわ。
大雪でも台風でも、つい、行ってしまう。
今度、大雪か台風の時、誰か「休んだら?」って言ってみて~



日本 雪 
20170115.jpg


1971年に発行された「郵便創業100年記念」切手。
児童画ですかね~?
「雪の日」も「雨の日」も毎日お疲れさまです。


私の部屋の窓から外を見ると、
昨晩から降っている雪が屋根に10㎝ほど積もっています。

私の家、京都市内だけどけっこう北の方。
最寄り駅に行くまでに、急な坂道があるんだけど、
明日、転ばずに降りれるかな?

毎朝、寄っているセルフのコーヒーショップ。
スタッフさん、ちゃんとオープンできるかな?

会社までの電車、動くかな?

会社の人、誰も出勤して来なかったらどうしよう?

…等々、心配は尽きませんが…取りあえず寝ます。
おやすみなさ~い♪



ブルガリア 雪やこんこ 
20170114.jpg


1989年にブルガリアから発行されました。
日本の雪だるまは2頭身だと思いますが、
ブルガリアでは3頭身が一般的なんでしょうか?

さて、日本には今シーズン“最強寒波”が到来しているようですよ。
皆さまくれぐれもご注意くださいね。

今日はお友だちと文楽を鑑賞し、お食事をして、とっても楽しい週末でした。
地元に帰ってくると雪が少し(3㎝くらいかな?)積もっていて、
寒いのは嫌だけど、誰も踏んでいない雪を見るとテンションが上がります。
思いっきり、足跡をつけながらの帰り道、あっという間に家に。
楽しい時間はすぐに終わってしまいます。
明日、起きたら積もっているかな。


「雪」

雪やこんこ あられやこんこ
降っては降っては ずんずん積もる
山も野原も わたぼうしかぶり
枯木残らず 花が咲く

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭かけまわり
猫はこたつで丸くなる


この歌詞のせいで猫は雪に興味がないものとずっと思っていましたが、
お友だちの愛猫は初めて窓の外に降っている雪を見て、大興奮したそうです。
かわいいですよね♪



日本 七宝 
20170113.jpg


今日で「和の文様シリーズ 第1集」切手は終わり。
昨日の切手の色違い。

このシリーズ、字体もデザインもかわいいですよね。
シール型なので、使いやすいし。
お手紙を出すときに良いと思います。
私もどなたかにお手紙、出そうかな。



日本 蝶々 
20170112.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、あと二枚。
今日、デザインされているのは「七宝(しっぽう)文様に蝶」

「七宝」文様は、同じ大きさの円を互いにその円周四分の一ずつ重ねて
規則正しく繋げた図形で、四方(しほう)に広がって無限に続くものを言います。
その「四方」から転じて、仏教の七宝(金・銀・瑠璃等)であるところの七宝という名前になりました。
四方や十方に広がる吉祥(きっしょう)にちなんで、めでたい文様の代表格として用いられます。
今回は「蝶」と組み合わせています。

※郵政省のHPより

あら、ずいぶんさっぱりした感じのデザインですね。
こういうの、けっこう好きです。



日本 やっぱり、ゆうびん…だよね 
20170111.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、ラストスパート!
なんて、勢いよく書き始めましたが…
やっぱり、このデザインは違和感あるわw

色合いはかわいいけどね♪



日本 ゆうびん…? 
20170110.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、もう少し続きます。
今日、デザインされているのは「蜀江(しょっこう)文様に郵便」

「蜀江」文様の名前は、中国の三国時代の「蜀」にあった「蜀江」という河の名前に由来しています。
八角形と八角形の一辺を辺とする正方形を互いの目に連続させた幾何形(きかけい)として展開させたものです。
鳳凰(ほうおう)・雲龍(うんりゅう)・牡丹唐草(ぼたんからくさ)などを組み合わせた柄が多いですが、
今回は「郵便」を絵文字に表したものと組み合わせています。

※郵政省のHPより


なんだか「ゆう」という字に見えるなぁ~って思ってましたが、
ひらがなの「ゆう(郵)」と瓶の「びん(便)」でしたか…
これはいかがなもんでしょう?
「鳳凰」とか「雲龍」とか「牡丹唐草」と組み合わせた方がよかったかもね。



日本 千鳥足… 
20170109.jpg


六枚目の「和の文様シリーズ 第1集」切手。
昨日の色違い。
この切手を見ていると、福岡銘菓の「ひよこ」が食べたくなりますね。

私はお酒が弱いけど大好き。
でも甘いものも大好きで、際限なく食べられますw

ところで、「千鳥」と言えば「千鳥足」が思い浮かびますね。
えーー?という声が聞こえてきそうですが、私はそうです。

この「千鳥足」という言葉は、千鳥の歩き方に由来するんですって。
通常、鳥の足には後ろにも支える指があるのですが、
千鳥の指は前三本で後ろに足がなく、よろめいた歩き方をするため、
酒に酔ってふらふらと歩くこと、また、その足つきを「千鳥足」と言われるようになったそうです。

ちょっと(?)酔って、千鳥足で歩くのって楽しいですよね~♪



日本 千鳥 
20170108.jpg


今日もかわいい「和の文様シリーズ 第1集」切手。
「青海波(せいがいは)文様に千鳥」が描かれています。

「青海波」文様は、円弧を同心円に重ねた鱗状の形を、
一方向を追いかけるように繰り返して展開した繋ぎ文様です。
平安時代の「青海波」というめでたい演目の舞楽衣装の文様に用いられ、
いつしかこの演目の「青海波」が文様の名前になって日本の古典文様に定着しました。
今回は「千鳥」と組み合わせています。

※郵政省のHPより

波の上を軽やかに飛んでますね~



日本 茄子 
20170107.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、四枚目。
昨日の色違い。
こんなにかわいい茄子を見たのは初めてです♪

先日、初夢にどんなのを見たのか覚えてないって書いてましたよね。
最近(でもないわ、ここ数年)物忘れが酷く、怯えています。

昨年は気分的な断捨離って言うか、色々なことの整理を決意。

年賀状リストも大幅に見直しました。
出した枚数は覚えている、ですが、誰に出して、誰に出してないかを…忘れたw
元日からずっと考えているんだけど、どうしても思い出せない…

いただいた年賀状を見ながら、「この方に出したかな?」、なんて悩んでます。
出していた場合を考えて、お返事も出せず…

この場をお借りして、お詫びします。
「ごめんね、来年は出すから!」



日本 三茄子 
20170106.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」の切手、続きます。
今日は昨日の続きのようで…茄子の登場です♪

デザインされているのは「立涌(たてわく)文様に茄子」

「立涌」文様は、瓢箪(ひょうたん)の胴のように
太細(ふとぼそ)を繰り返した波形の曲線縞(きょくせんじま)で、
地上から天に向かって気が立ち上がっていく様子を表した有職(ゆうそく)文様の一つです。
有職文様とは、平安時代以降、公家の装束や調度品などに使われてきた文様です。
今回はアクセントとして「茄子」と組み合わせています。

※郵政省のHPより

金色で描かれた茄子、なんだか格調高く感じますw


ところで、本日1月6日から、「mocha stamps」は9年目に入ります。
いつまで続くのか…自分でもわかりませんが、
もう少し、こんな感じで気楽にやっていこうと思ってます。



日本 一富士 二鷹 三茄子 
20170105.jpg


今日も「和の文様シリーズ 第1集」より。
昨日の色違いですね。

良い初夢は見れました?
私?夢は見ていたような気がするけど、
内容はまったーーーく覚えていません。

さて、初夢に見ると縁起が良いとされるものを、
めでたい順に並べた句「一富士 二鷹 三茄子」

これには続きがあるらしい…
四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)
座頭とは剃髪した琵琶法師のことだって。

一富士二鷹三茄子と四扇五煙草六座頭はお互いに対応しており、
「富士」と「扇」は(形が)末広がりで子孫や商売の反映を意味。
「鷹」と「煙草の煙」は上昇して行くので運気上昇を意味。
「茄子」と「座頭」は二つとも『毛が無い』ことから『怪我が無い』と家内安全を意味。

縁起の良い夢よりも、すごく嬉しくなるような夢が見たいです。
例えば…美味しいものをたくさん食べているとか、
宝くじに当たったとか、全国の郵便局を支配下に置くとかw



日本 富士山 
20170104.jpg


今日は仕事始め。
楽しいお休みはあっという間に終わってしまいます…

ですが、まだまだ「松の内」
おめでたい雰囲気の切手をご紹介しますね。

昨年、2016年6月17日に発行された「和の文様シリーズ 第1集」
全部で10種類。

今日の切手に描かれているのは「麻葉(あさのは)文様と富士山」

「麻葉」文様は、六角形とその中心から各頂点を結んだ放射状の線で表される図形で、
大麻の葉の形に似ているところからそう呼ばれています。
しかし、単一形で用いることは少なく、多くは六方向に重ね合わせて続けていく
「六星形繋(ろくせいがたつなぎ)」で用い、それを「麻葉」と称しています。
麻が強く真っ直ぐに育つことにちなんで、子供や女性の衣装、帯などの文様に用いられました。

※郵政省のHPより


年末年始は関東方面に旅行に行きました。
お天気が良く、富士山もしっかりと見ることができました。
やっぱり立派な山ですよね~
比叡山の次に好きです♪



台湾 酉 
20170103.jpg


2004年に台湾から発行されました。
縁起の良い赤色の提灯に描かれた「酉」
なんだか良いことがありそうな気がする…ね!

今年は積極的に狙った目標を獲り(酉)に行きたいと思います!



日本 おせち 
20170102.jpg


「和の食文化シリーズ 第2集」より、「正月(おせち)」

元旦や五節句などの宮中行事で行われた宴会「節会(せちえ)」の食事に由来します。
神様にお供えした料理「御節供(おせちく)」を省略し、
「御節(おせち)」と称すようになりました。
おせちの定番食材「伊達巻」「栗きんとん」「数の子」「黒豆」「かまぼこ」
「昆布巻」「ブリ」「ごまめ」などには、それぞれに意味が込められ、
願いを託していただくお正月の楽しみとなっています。

※郵政省のHPより


皆さま、おせちは召し上がられました?
作る準備は大変そうですが、やっぱり良いですよね。
お酒もどんどん進みます~♪



..