日本 猿 
20161231.jpg


あっという間に大晦日ですね。
今年の干支のお猿さんの切手を。
1989年に発行されました、大分のふるさと切手、「高崎山の猿」
今年の元日にもご紹介しています。
猿のユーモラスな表情が良いですね。

悲しいことや悩み事が「去る」一年になるといいですね!
なんて書いておりましたが、皆さま、どのような一年でしたか?


私の2016年は一言で言うと「転機の年」だったのではないかと思います。
自分の10年後、20年後、30年後、初めて真剣に考えました。

私、頑張る。
10年後、20年後、30年後、それぞれの年代で「今が一番充実してる」って言いたいから。
何に頑張るか…今、考え中。
来年中に方向が見えたらいいなって思ってます。


皆さま、良いお年をお迎えくださいね。
来る2017年が皆さまにとって、良い年になりますようお祈り申し上げます。



西ドイツ 音楽  
20161230.jpg


1962年に西ドイツから発行されました。
音符と音叉が描かれていますね。

今まで、クラシック音楽とはかなり(気分的に)距離がありましたが、
お友だちのおかげで楽しめるようになりつつあります。
お友だちのご専門のチェンバロの優しい繊細な音色に癒されています。
それに今年気が付いたのですが、私、声楽が好きかも。
力強い合唱もソリストの方のゴージャスな独唱も、
どちらも本当に心から「いいなぁ」って思えるのです。

これは来年以降も引き続き、要確認。



アメリカ トランプ大統領 
20161229.jpg


今年、印象的だったこと。
アメリカの大統領選挙…
ヒラリーはんが当選すると思ってました。
もしかしてトランプ氏もそう思っていたのでは?
なんてw

アメリカの鳩切手。
国旗(星条旗)の星の部分が鳩に変化して、飛び立っていくように見えますね。
素敵なデザインだと思います。



日本 音楽 
20161228.jpg


「冬のグリーティング」切手、最後の一枚。

今日は仕事納め。
やっと終わった~
明日からお休みだ~♪

今の私、身体中から音符があふれ出ているかも。

この「冬のグリーティング」切手、とても良いシリーズでしたよね。
毎日私の気持ちにピッタリ合うデザインの切手を選ぶことができました。

全体像はこんなの ↓

20161228-1.jpg




日本 準備 
20161227.jpg


「冬のグリーティング」切手、続きます。
年末の準備は済みましたか~?
私?まだです。
※なぜか最近、一人で会話していますw

でも着々と進んでますよ。
後は、年末年始の旅行に備えてのお買い物。
今年一年頑張った「自分へのご褒美」も買いたいな。
この切手の女子のように…



日本 道 
20161226.jpg


本日も「冬のグリーティング」の一枚。
普段、あまり芸能ニュースとか見ませんが、
今年初めからのSMAP関連の記事はずっと気になっていました。

正直、大ファンではないけれど、
SMAPというグループがなくなることが想像できません。

今日は「SMAP×SMAP」の最終回。
5人揃う姿は最後かも…と思い、途中からではありますが、
ずっと見てました。

「こんなのおかしい、どうしてこうなるの?!」という気持ちはあります。
ですが、世の中には理不尽なことがたくさんあります。

「解散」という選択は誰にとっても不本意なことでしょう。
でも、誰が悪い訳でもなく、誰のせいでもない。

自分の人生においての選択は、個々の考えや生き方により、
誰もが自由で選べるものであるべきと思っています。

せめて、5人がこれから歩む道が輝く道でありますよう、祈ります。



日本 ポインセチア 
20161225.jpg


Merry Christmas!
皆さま、素敵なクリスマスを過ごされたのでしょうか。
私?昨日の余韻をまだ引きずっておりまして…
今日も一日中、頭の中は「ハレルヤ」が流れていました♪

楽しい楽しい連休も終わりましたね。
明日からのラストスパート、頑張りまっす。

あ、切手は「冬のグリーティング」より。



日本 クリスマス 
20161224.jpg


先日(12月2日)に発行された、「冬のグリーティング」
「この切手、クリスマス?」と疑問をもたれた方、いらっしゃいます?
実は、今日行ったクリスマスのイベントにピッタリの切手なんです。

毎年、12月24日頃は年末年始のお休み前の「超」繁忙期で、
クリスマスなんて関係なく…普通の、いえ、残業する日。
ところが、今年のイヴはお休みの日。
私もクリスマスを満喫したい♪と、
小・中学校の同級生チェンバリストの井幡万友美さんにお願いして、
前からずっと行きたかった「全同志社メサイア演奏会」に。

秋にも同じ「メサイア」のコンサートに行ったのですが、
今回は井幡さんのチェンバロとオルガンの方以外は全く違うメンバーでの演奏。
前回は初めてのメサイアコンサートで、力強い合唱に圧倒されっぱなし。
「ハレルヤ」とか聞いたことがある曲もあって、とても楽しいコンサートだったんです。

今回は同志社ファミリー中心のメンバーだけあって、
暖かい雰囲気のコンサートでした。
途中、観客も参加する場面があったり、
エンディングもすごく印象的で…
なんだか、とても良いクリスマスの夜でした♪



ブラジル クリスマス 
20161223.jpg


2002年にブラジルから発行されました。
この切手、いつものように牛とロバがいますが、
よく見ると幽体離脱しているような…
斬新なデザインだと思います。

今年は、オリンピックが開催された影響で、
ニュースでもブラジルの話題がよく登場しましたね。
行ったことのない国なのですが、なんだか身近に感じます。



カナダ クリスマス 
20161222.jpg


昨日のカナダのクリスマス切手のペア。
背景の色が違うと雰囲気が変わりますね。

今日は会社の忘年会でした。
この行事が(無事にw)終わると一年も終わりだなって思う。
さあ、ラストスパートがんばろ。
なんとか乗り切って、逃避行したい…



カナダ クリスマス 
20161221.jpg


1971年にカナダから発行されました。
レースで編まれた雪の結晶ですね~
ロマンティック♪
背景が黒なので、夜に降っている雪のようです。



ドイツ クリスマス 
20161220.jpg


1980年にドイツから発行されました。
色合いが美しいですね~
牛とロバがまた覗いてますよ。



オーストラリア クリスマス 
20161219.jpg


オーストラリアのクリスマス切手、最後の一枚。
かわいいお子たちの出番です!
讃美歌を歌います。

「もぉろびと~こぞりてぇ~」かな?
それとも「ハ~レルヤッ!」?



オーストラリア クリスマス 
20161218.jpg


オーストラリアのクリスマス切手、二枚目。
あらら、ずいぶんとかわいい「東方の三博士」ですね~
ちゃんと乳香、没薬、黄金の贈り物を持っています。



オーストラリア クリスマス 
20161217.jpg


1986年にオーストラリアから発行されました。
全部で3種類。

乾草の寝床。
厩で誕生したイエスさまに因んで…かな。

何はともあれ幸せそうで良かった♪

年末、公私ともにバタバタする季節ですね~
私は今年中に終わらせたいことを、今週、いくつか集中してやりました。
有休も(半休だけど)2回いただいて、平日にしかできない銀行巡りとか。
ずっと気になっていたことも…やっと手を付けました。
大好きな洋食屋さんのカキフライも食べられたw
パソコンも無事に買えましたよ。
小・中・高校の同級生にご紹介いただいて…って言うか無理やりお願いしたんだけどw
後は年賀状だけ、今年のノルマは。

皆さま、急に寒くなりましたが、くれぐれもご自愛くださいね。
年末年始を共に乗り切りましょう!



ボスニア・ヘルツェゴビナ クリスマス 
20161216.jpg


2003年にボスニア・ヘルツェゴビナから発行されました。
そりの中にはたくさんのプレゼントが…
私の分も入っているんじゃない?



モナコ クリスマス 
20161215.jpg


2001年にモナコから発行されました。
ロバが覗いてますね。

空中に浮かぶ生首(?)がちょっと怖いですw
どちらかと言えば、宗教色が強いデザインだと思います。



ロシア クリスマス 
20161214.jpg


2003年にロシアから発行されました。
優しそうなサンタさん、プレゼントがはいった袋を担いでいますね。
背景もとても美しく描かれています。

安倍総理大臣は、15日、日本を訪れるロシアのプーチン大統領と、
地元の山口県長門市の温泉旅館で日ロ首脳会談を行うほか、
16日には東京に移動し、改めて会談するそうです。

実りある会談になるといいですね。



アイルランド クリスマス 
20161213.jpg


アイルランドのクリスマス切手、最後の一枚。
今日のデザインも美しいです。

新約聖書、マタイによる福音書 第2章より

「Io,the star ,which they saw in the east」
見よ、彼らが東方で見た星が…

新約聖書では東方の三博士は星をみてイエスさまの誕生を確信します。

きっと確信した瞬間ですね。
星の光にしては眩しすぎるような気がしますが…



アイルランド クリスマス 
20161212.jpg


今日もアイルランドのクリスマス切手。


新約聖書、ルカによる福音書 第2章より

「I bring you tidings of great joy」
私は大きな喜びを、あなたがたに伝える。

イエスさまが生まれた夜、羊飼たちが野宿しながら羊の群れの番をしていた。
そこに主の御使が現れて、救主の誕生を告げた。


おそらく、その場面。
羊飼たちはどのような表情をしているのでしょう。



アイルランド クリスマス 
20161211.jpg


2000年にアイルランドから発行されました。
全部で3種類。

色合いがとても美しいですね。
シルエットのみのデザインも素敵です。



アメリカ クリスマス 
20161210.jpg


アメリカのクリスマス切手、最後の一枚。
クリスマスらしいデザインです。
何を買ってもらったのかな。
この切手シリーズ、とてもかわいいですよねー



アメリカ クリスマス 
20161209.jpg


アメリカのクリスマス切手、三枚目。

「いい夢見ろよ!」
※柳沢慎吾さんをイメージしてください。



アメリカ クリスマス 
20161208.jpg


アメリカのクリスマス切手、二枚目。
色合いがカラフルで楽しいですね。

「ツリーの一番上の星は僕が飾る!」
…という声が聞こえてきそうなデザインです。



アメリカ クリスマス 
20161207.jpg


1996年にアメリカから発行されました。
私の個人的な感想ですが…
アメリカのクリスマス切手は宗教色をあまり出してないように思います。
とにかく明るくてかわいいんです。

この切手のシリーズは全部で4種類。
今日のデザインは家庭的で暖かい雰囲気ですね。
やっぱり、家族で祝う習慣なんでしょうか。
あ・・・犬発見。
犬好きな切手のお仲間、お元気かな~?
この切手、持ってらっしゃらなかったら、差し上げたい♪



ルクセンブルク クリスマス 
20161206.jpg


1998年にルクセンブルグから発行されました。
クールヴォワジェ社の制作。
色合いもデザインも洗練されていますね。

イエスさまは馬小屋で生まれたとされていますが、
「ルカ福音書」によると馬はこの場にはおらず、
代わりに牛とロバがいたらしいです。
この切手でも牛と(たぶんw)ロバが登場しています。

イエスさまのお顔とポーズがイケてますよね♪



カナダ クリスマス 
1201.jpg


1965年にカナダから発行されました。
オリーブ色の色合いで、とても素敵なデザインです。

新約聖書では東方の三博士は星に導かれイエスさまの誕生時にやってきたそうです。
彼らはイエスさまを見て拝み、乳香、没薬、黄金を贈り物としてささげたとされています。

その贈り物が描かれているのでは?と思っていますが、
違ってたらすみません。



ウクライナ クリスマス 
20161204.jpg


昨日の切手のペア。
描かれているのはセント・二コラス(St.Nicolas)さん。
サンタクロースのモデルになった方らしいですよ。

二つ繋げるとこんなの ↓

20161204-1.jpg

美しい切手ですよね。



ウクライナ クリスマス 
20161203.jpg


2006年にウクライナから発行されました。
色合いもデザインもとてもかわいい♪
子どもたちのお洋服やそれぞれが持っている、
ぬいぐるみやアクセサリーも見てくださいね。

天使が上から振りまいているの、もしかしてコイン?
いや、いや、きっとアメちゃんだわ。
クリスマスですもんね。
この一か月間は「心清き人」でありたいものです。

なんちゃってw



オランダ クリスマス 
20161202.jpg


昨日のクリスマス切手のペア。
字の色と配置は同じなんですけど、
一色違うだけでかなり雰囲気が変わりますね。
昨日のより、ちょっと大人な感じかな。

着々と今年を終える準備中。
年末年始の逃避行のチケットは確保。
年始のお楽しみのチケットは押さえた。
後は…年賀状に使う切手を決めるのと、パソコンを買うこと。

パソコン…ノート型かデスクトップ型か…それが問題だ。
それにしても一生モノのパソコンってないの?
高くてもいい、何十年もずっと使えるパソコンが欲しい。
5年置きに買い替え、設定のやり直しが面倒で…
私がやるんじゃないけどw



..