日本 童話  
20160930.jpg


酒井駒子さん切手、あと二枚。

「母の友」2008(平成20)年12月号の表紙絵、「運動靴の天使」より。

もうすぐ天使たちの出番です。
おかあさん、ちゃんと見ててくれるかな。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

学芸会?
12月号なので、クリスマス関連の出し物かな。



日本 童話  
20160929.jpg


今日も酒井駒子さんの切手。

「母の友」007(平成19)年2月号の表紙絵、「積み木」より。

積み木で塔をつくります。
そぉっと、そぉっと。
どこまで高くできるかな。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

お、上手ですね。
私はこういうの苦手です。
モカ情報でしたw



日本 童話 
20160928.jpg


酒井駒子さん切手、もう少し。

「母の友」2006(平成18)年11月号の表紙絵、「ふたり」より。

男の子が女の子に本を読んであげています。
なかよく一冊を読んでいます。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

仲良し~
けどね、この後はけっこうな確率でけんかになるんだよ。
※私の想像です。



日本 童話 
20160927.jpg


酒井駒子さん切手、六枚目。


「母の友」2007(平成19)年8月号の表紙絵、「遠くの船」より。

砂浜でお城をつくりました。
池もつくりました。
水平線には船がうかんでいます。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

遠くの船をじっと眺めるなんて、なんてロマンティックな子どもちゃん。
もう、夏も終わってしまった…なんて思っているのかもしれません。



日本 童話 
20160926.jpg


酒井駒子さん切手、まだまだ続きます。

「母の友」2009(平成21)年6月号の表紙絵、「かたつむり」より。

あたたかな雨の中、かたつむりが進んでいきます。
ゆっくり、ゆっくり。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

レインコートと長靴、かわいい。
かたつむりの色合いもお揃い~





日本 童話 
20160925.jpg


酒井駒子さん切手、続きます。

「母の友」2007(平成19)年4月号、「春の太鼓」より

春の太鼓が鳴っています。
さあ起きて、起きて。もう冬はおわったよ。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

あは(^-^)/
かわいい。
何を演奏しているのかな?
まさか、メサイアじゃないよね?!



日本 童話  
20160924.jpg


今日も酒井駒子さん切手。

「母の友」2006(平成18)年7月号の表紙絵「ヒメジョオン」より。

野原ではヒメジョオンがゆれています。足先を草の露がぬらしていきます。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

そう言えば、子どもの頃、近くの原っぱで咲いているお花を摘みました。
なんだか懐かしい。



日本 童話  
20160923.jpg


酒井駒子さん切手、二枚目。

「ロンパーちゃんとふうせん」より。

おかあさんの工夫で、ふうせんと一緒に遊べるようになった、ロンパーちゃんを描いた場面。

おや まあ みてみて この ふうせん 
ういているのに とんでいかない 
とんでいかないのに ういている

※郵政省のHPより

お母さんの工夫、ちょうどよい具合だったみたいです。
ロンパーちゃん、よかったね。



日本 童話  
20160922.jpg


今日からしばらくの間、昨年発売された「童画のノスタルジーシリーズ 第1集」
酒井駒子(さかいこまこ)さんの作品が切手になりました。
全部で10種類。
とてもかわいい切手なので、私のコメはあっさりモードでいきます。

まず一枚目、「ロンパーちゃんとふうせん」より

街でもらったふうせんとロンパーちゃんが遊べるように、
おかあさんがうれしい工夫をしてくれている場面。

『やれやれ これじゃあ かなわない』 
ロンパーちゃんの ふうせんは
また くくられることに なりました

※郵政省のHPより


ロンパーちゃんかわいいーー。お母さんも優しそう。



日本 愛ちゃん、おめでとう! 
20160921.jpg


愛ちゃん、おめでとうございます!
あんなに小さかった愛ちゃんが、いつも泣いてた愛ちゃんが…
本当におめでとう!
お二人の末永いお幸せを心から祈ります。

まるで親戚の子がお嫁に行くような、近所の子が結婚するような、
そんな気持ちでいます。
今日は良いお酒が飲めました。
後は浅田真央ちゃんが幸せになりますように。

あっ、一応。
1997年に発行されたふるさと切手、新潟県の「花嫁」
蕗谷虹児が描きました、美しい花嫁です。



西ドイツ メサイア 
20160920.jpg


1962年にドイツから発行されました。

発行目的はわかりませんでしたが、
キリスト教関連であることは間違いないと思います。

昨日、小中学校時代の同級生のチェンバロ奏者、
井幡万友美さんが出演された「メサイア」演奏会に行きました。

井幡さんのコンサートの様子、このブログでは何度もご紹介してますね。
今回はバロック期を代表する重要な作曲家、
ドイツ生まれのヘンデルが作曲した「メサイア」演奏会。
(私でも知っている)有名な「ハレルヤ」が入ってます。

信仰心、私はまったく持ち合わせてはいません。
ですが、信仰している宗教がある人は、
心の拠り所みたいなものがあるんじゃないかと思っています。

「メサイア」ではイエス・キリストへの賛美が朗々と歌われます。
声楽のソリストの方々の豊かな素晴らしい歌声。
チェンバロやオルガン、管弦楽団の皆さまが奏でる美しく重厚な調べ。
ハレルヤの合唱や 最後のアーメンの合唱で
リフレインを繰り返し、全員の合唱が合わさった時など、
合唱曲の美しさや力強さが感じられ、圧倒されました。
勘違いでしょうけど、なんだか私まで浄化されたような…
このじんわりとした感動は何だろう?
音楽って不思議。


ところで、ちょっと小耳に挟みましたが、
2018年は後期バロックの3大作曲家ヘンデル、バッハ、スカルラッティの
生誕333年にあたるそうですよ。
色々なコンサートが企画されそうですね。
楽しみです♪



ブラジル 閉会式 
20160919.jpg


1968年にブラジルから発行されました。

南米で初めて開催された第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会が、
本日18日、12日間の熱戦の幕を閉じました。
選手の皆さま、監督・コーチの皆さま、関わられた全ての皆さま、
本当にお疲れさまでした。

開催前に日本パラリンピック委員会が掲げていた目標には届きませんでしたが、
前回の16を大幅に上回る、計24個(銀10、銅14)のメダルを獲得。
とても立派な成績ですよね。

私も毎日、テレビの前で応援してました。
正直、オリンピックは「日本ガンバレ!」って感じでしたが、
パラリンピックは日本人選手も海外の選手も「どちらもガンバレ!」って。

アスリートの皆さまの身体能力の高さ、バランス感覚のすごさ、
瞬発力、精神力、本当に超人的です。
義手や義足、車椅子などの補助具もまるでご自分の身体の一部のよう…
競技中に伴走や合図をしてくれる方との信頼関係にも感動します。
表彰式の時にメダルを授与する役員さんも温かみがありました。

今回はテレビで競技の様子を見る機会も多かったし、
アスリートの皆さまのお名前もたくさん覚えました。
東京での開催が今から楽しみです。



マカオ 富の還元 
20160918.jpg


カジノ税という潤沢な財源を抱えるマカオ政府は、インフレ対策や
富の還元を理由に2008年から市民に対する現金配布を毎年実施している。
実施9年目となる今年度の支給金額は、
永久性居民(永久居留権保有者)が9,000パタカ(日本円換算:約11.5万円)、
非永久性居民(臨時居留権保有者)が5,400パタカ(約6.9万円)。

というニュースを今日、目にしました。
パタカって通貨なんだ…香港ドルも併用されているそうですが。
それにけっこう支給されるんですね~

は、さておき、本日の切手はマカオで。
このブログをみたマカオの偉い人が私にも支給してくれるかも♪

2006年に発行された、小型シート。
有名な通りなんでしょうか?色合いが美しいです。
行ってみたくなりますね。



イギリス さいなら~ 
20160917.jpg


1967年にイギリスから発行されました。
植物画の第一人者であるMary Grierson (メアリー・グリアソン)が描いた、
「イギリスの野生の花」が切手になっています。
とても精緻に描かれていますよね。美しいです。

イギリスと言えば…
トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は、
英国を除く27加盟国が集まった首脳会議後の記者会見で、
イギリスの正式な離脱通告について、「来年1~2月にも」行う用意が整うと、
メイ英首相から説明を受けていたと明らかにしました。

イギリスさん、さいなら~とか言ってる場合じゃないですよね。
これからどうするんでしょう?
日本の企業も進出しているので、ちょっと心配ですね。



日本 快進撃! 
20160916.jpg


大相撲秋場所において、平幕・隠岐の海が大活躍!
本日まで無傷の6連勝で、2横綱3大関を破っています♪
この快進撃どこまで続くでしょうか?
そろそろプレッシャーを感じる頃かも。
明日からも気負わずに思いっきりぶつかって欲しいです。

という訳で、隠岐の海の健闘を称え、相撲の切手を紹介しますね。

1999年に発行された「20世紀デザイン切手第1集」より、
「両国国技館落成」の記念切手。

両国国技館は1909年(明治42年)6月2日に開館しました。
「国技館」という名称は完成案内状に書かれた、
「相撲は日本の国技なり」の言葉から名づけられました。

この切手に描かれているのは、錦絵「常陸山と梅ケ谷(部分)」と、
当時の両国国技館の外観だそうです。



日本 中秋の名月 
20160915.jpg


本日、9月15日は「中秋の名月」
旧暦8月15日(十五夜)の夜の月のことだそうです。
私の地元は残念ながら曇り空。

なのでせめて、月が描かれている切手でお月見でも。

1996年に発行された、「郵便切手の歩みシリーズ」より、
1949年に発行された「月に雁」の復刻版。
2種類の色合いがあり、元々の切手の色合いに近いものがもう一つ、
upした方は切手デザインの元となった歌川広重の浮世絵に近い色合いです。

「月に雁」切手は、高額切手の代表だと有名ですよね、
1950年代頃から1960年代頃、切手ブームがあったそうです…

その頃、切手収集はメジャーな趣味だったんですよ~
今じゃ…趣味を聞かれて「切手収集でっす!」って言うと、
ウケ狙いの冗談だと思われて笑われる…

切手ブームの再来を月に祈る!



国連 飢餓救済 
20160914.jpg  20160914-1.jpg


1963年に国連から発行されました。
発行テーマは「飢餓救済」

洪水で被害が出た北朝鮮北部の住民14万人以上に食料を配給したと
昨日、世界食糧計画(WFP)が発表しました。
WFPは、住民らが住居や食べ物、医療面のサポートを求めていると指摘し、
「厳しい冬が近づき、深刻な食料不足が予想されている」として、事態の緊急性を強調しました。

最近、話題の北朝鮮関連のニュースですね。
まぁ、人によって考え方はそれぞれあると思いますが、
大きな災害に遭われた一般の人々を放置してもよいとは思いません。
配給された食料がちゃんと困っている人々の元に届きますよう、
そして、これ以上被害が大きくなりませんよう、祈るばかりです。



ルクセンブルグ ドアを開けようか! 
20160913.jpg


1982年にルクセンブルグから発行されました。
テーマは「Youth hostels(ユースホステル)」
スイスの印刷会社Courvoisier( クールヴォワジェ)社が制作した切手、
さすがです、とても色合いが美しく、デザインもモダンですね。

この切手を見ていると、ホテルに着いて、
部屋のドアを開けるときのドキドキ感を思い出しますね。
こんな素敵なドアのあるホテルに泊まってみたいデス。
オートロックではなく、レトロなカギなのも良いですね。
あああ、どこか行きたい。



アメリカ ヒラリーはん 
20160912.jpg


2002年にアメリカから発行されました。
シール式の切手。

ヒラリーさん、体調を崩されたそうですね。
ニューヨークで11日朝に行われていた、米中枢同時多発テロ15周年追悼式で、
途中退席されました。お疲れが出たのかな?

米大統領選まであと2か月、ちょっと休んで、それから頑張れば大丈夫ですよ!
お大事になさって下さいねってどなたかお伝えください。
ヒラリーさんはきっとこのブログ見てないと思うから。



日本 年賀状 
20160911-1.jpg   20160911-5.jpg


「日本郵便は、2017年1月2日の年賀状の配達を取りやめる方向で最終調整に入った。」
というニュースが先日ありました。
「そんなんやったら仕事始めで会う方が早いわ」って気持ちもあり…
「仕方ないかも」って思う部分もあり、でも…なんだか残念。

コストの問題があるとは思いますが、頑張って欲しかったな。
まぁ、正式決定ではないので、今後のニュースに注意しましょう。


という訳で(?)今日は趣向を変えて、年賀状の額面部分を。
12年前の平成16年の年賀状と今年の年賀状を並べてみました。
子ザルが誕生しましたね、手ぬぐいのかかった風呂桶も二つに増えました。
家族がどんどん増えるのでしょうか?12年後が楽しみです。
こんなとこに遊び心を出す日本郵便、けっこう好き。

昨年の羊も話題になってましたね。
また機会があったらご紹介するかも。



日本 カープ優勝! 
20160910.jpg


本日、広島東洋カープが25年ぶり7度目のリーグ制覇を達成!
おめでとうございます。
お祝いに広島の切手を。

1989年に発行された、「海と島の博覧会」の記念切手。
ちなみに下に描かれている船は「遣唐使船」
遣唐使船は630年から838年にかけて40数隻が唐に渡ったとされていますが、
広島県倉橋島を中心とした瀬戸内海の島々で建造されていたそうですよ。

今頃、盛り上がっているんでしょうね~


日本 重陽の節句 
20160909.jpg


本日、9月9日は五節句の一つの「重陽の節句」
旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれます。

古代中国では菊は邪気を祓い、長生きする効能があると信じられていました。
そこで、8日の夜に菊に綿をかぶせ、9日に露で湿ったその綿で体を拭いたり、
菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わす風習があったそうです。
また、菊に関する歌合わせや菊を鑑賞する宴が催されていたそうです。

ということで、本日の切手は「鈴木其一の菊」
「四季の花シリーズ 」の中の一枚で1993年に発売されました。

私、江戸琳派が大好きで、その中でも鈴木其一が一番のお気に入り。
其一が描いた絵画は手が届きませんが、切手なら購入可能でっす♪



アメリカ 盲導犬 
20160908.jpg


リオパラリンピック、始まりましたね。
障がい者スポーツの切手は収集対象ではないので、
競技の切手の紹介はできませんが、とても楽しみにしています。

なので、今日は盲導犬の切手を。
1979年にアメリカから発行されました。
まさしく、「Seeing For Me(私のために見る)」
全ての人々が暮らしやすい世界になりますように。


日本パラリンピック委員会は「金10個とメダル総数40個」という高い目標を掲げているそうですよ。
ですが報奨金が…金メダル:150万円 銀メダル:100万円 銅メダル:70万円
ちなみに日本オリンピック委員会(JOC)の報奨金は、
金メダル:500万円、銀メダル:200万円、銅メダル:100万円ですって。

もちろん、報奨金が全てではありませんが、ちょっと差があり過ぎですね。
そこらへんをまず改善してほしいと思います。

ともかく、また寝られない日が続く…



イスラエル 歯医者さん 
20160907.jpg


2000年にイスラエルから発行されました。
発行テーマは「Dental health(歯の健康)」
アダムとイヴっぽい雰囲気を醸し出していますね。
ヘビも登場してます。
イヴの気持ち、わかるよ~
私だったら、木になっているお菓子、全部食べ尽してしまうに違いない。

今日、お仕事の帰りに歯医者さんに行きました。
定期的にチェックとメンテしてもらってます。
とっても優しい先生なんですよ。
でも歯が痛くても、歯茎が腫れていても、
口の中に血豆みたいなのができていても、
いつも答えは同じ…「ストレスです。」
ホンマやろか?ちょっと疑っている私なのでした。

診察が終わって外に出たら土砂降りの雨。
そこでパンプスを携帯用の雨靴(長靴)に履き替えて、
颯爽と雨の中に…しかし、折り畳み傘では無謀だった。
家に帰りつく頃にはずぶ濡れw
まぁたまにはいいか、アルコール消毒も念入りにしたしね。



日本 関空 
20160906.jpg


1994年に発行された、「関西国際空港開港記念」切手。
もう22年経つんですね。
正直、遠い!ってイメージ、私は国内線は伊丹空港一択です。

ところで、関西国際空港ではしかの集団感染のニュースがありましたね。
空港で接客業務を担当した従業員を中心に感染者は38人( 9月6日現在)、
医療関係者2人も含まれているそうです。
大半が20~30歳代で、ワクチンの定期接種を1回受けたか、
受けそびれたとみられる若い世代とのことです。

私の会社、ざっくり言うと医療機関相手の弱小卸業者。
先週末くらいから、お得意先さまからのはしか関連のお問合せが増えています。
でも、はしかって国立感染症研究所によると昨年の年間患者数は35人、
元々そんなに作ってないので、ご注文にもお応えできず…
不安なお気持ちの患者さまや困っている医療機関のスタッフさんに申し訳ない。
とにかく早く収まってほしいです。



日本 じゃがいも 
20160905.jpg


1999年に発行されました、「北海道のじゃがいも」

「カルビーは今月に予定していたポテトチップスの新商品4種の発売を10月に延期することを決めた。
北海道に相次ぎ上陸した台風の影響で、原料のジャガイモの収穫が遅れ、十分な量を確保できないため。」

というニュースがありました。
カルビーは原料の約7割が北海道産なんですって。

湖池屋のカラムーチョを生産している北海道の工場も
浸水により操業を停止しているそうです。再開の目途は未定…

台風10号の被害、深刻ですね。
岩手県と北海道では、豪雨による死者・行方不明者が20人以上にのぼったそうです。
今もなお孤立されている方がいらっしゃるらしい…

被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く元の生活に戻れますように。



サンマリノ ディズニー 
20160904.jpg


本日、東京ディズニーシー(TDS)が開園15周年を迎えました。
シーは中でお酒が飲めるので、ランドより好き。
もうオープンしてから15年経つんですね。
ストックブックを探してみたところ、ディズニーの切手、持ってました。

1970年に発行された、サンマリノの切手。
でもなんだか怪しいですね。
ドナルドだろうか?

ディズニーは著作権に厳しいらしいので、怒られたら消しまーすw
こんな過疎ブログにまで目を光らせてるとは思えませんが…



ハンガリー 環境保護 
20160903.jpg


1980年にハンガリーから発行されました。
発行テーマは「環境保護」

本日、オバマ米大統領と中国の習近平国家主席は中国の杭州での首脳会談に先立ち、
地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」を批准したと共同発表したそうです。
ちなみに日本はまだ批准していないんですって。

各国ごとに色んな事情があるとは思いますが、
大事な地球の環境を守るために効果的な方法があれば、
積極的に取り組んでほしいですね~



ソ連 女性 
20160902-1.jpg


1967年にソ連から発行されました。

「本日、安倍晋三首相はロシア極東ウラジオストクで、
プーチン大統領と夕食会を含め約3時間会談し、
12月15日に首相の地元、山口県長門市で会談することで合意しました。」

というニュースがありました。なので、今日はロシア関連の切手を。
私、プーチン大統領のことけっこう好きだし。

この切手、50年近く前に発行されたとは思えないですよね~
ソ連で発行された切手は素敵なデザインが多いのです。

12月の長門での会談、実りあるものになるといいですね。



ブラジル 本 
20160901.jpg


1984年にブラジルから発行されました。

子どもの頃から本は大好きで、今でも毎日何かしら読んでます。
主人公に乗り移り(?)様々な経験をして、色んな人々と関わり、
美味しいものたくさん食べたり飲んだり、そして時には辛い出来事に涙して…

私は自分の知らない世界をもっと知りたい。自分の日常からちょっぴり逃避したい。
なので、今の自分の状況とはかけ離れた設定の長編小説が好き。
でも好みの本を選ぶと偏ってしまって、同じようなお話ばかり…となりがちなんですよね。

最近、小中学校のお友だちと、お互いの本を交換して楽しんでます。
自分以外の人が選ぶ本って新鮮ですよ~
この間、貸していただいた本は中村紘子さんのエッセイなど。
私、エッセイって雑誌やネットでちらっと読むくらいで、
あんまり読んだことなかったのですが、とてもよかった。
小説は「次はどうなるの?!」って感じでどんどん読み進めるのですが、
このエッセイはじっくりと、ゆっくりと読みました。
中村紘子さん、素敵だったなぁ、文章もとてもお上手で…
「天は二物を与えず」って嘘だと思う!
中村紘子さんが天から与えられているのは二物どころじゃないわ。
本当に多才な方だったんだなぁってしみじみ思いました。

読み終わったとき、なんだか名残り惜しく感じて、ついもう一回読んでしまった…
しかし残念ながら…何事にも終わりはあります。
今日から、戦国時代に行きま~す。

あ、もしおススメの本がありましたら、教えていただけると嬉しいです♪



..