風景印 岐阜県 
20160331.jpg


岐阜県 高山山王郵便局
図柄…石橋台、中橋、乗鞍岳


高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称。
「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭で、
毎年4月14日・15日に行われ、高山に春の訪れを告げます。
祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場。
そのうち3台がからくり奉納を行うほか、祭行事では賑やかな伝統芸能も繰り広げられます。

「山王祭」、もうすぐです。
切手のように、サクラの開花の時期とタイミングが合えば
更に素晴らしいでしょうね~



風景印 茨城県 
20160330.jpg


茨城県 那珂湊相金郵便局
図柄…国営ひたち海浜公園の南ゲート、ハマギク、石碑

「国営ひたち海浜公園」、有名ですよね~
GWの頃、ネモフィラが美しく咲くんですって。
私が行ったのは、ネモフィラの季節ではありませんでしたが、
それでも楽しめましたよ。
とっても広い公園内をのんびり歩いたり、木陰のベンチでゆっくりしたり。
おつまみや生ビールなんかも販売していて、良い一日でした。

ちなみに、この風景印に描かれている石碑には、
「国営ひたち海浜公園」と刻まれているらしいです。



風景印 鹿児島県 
20160329.jpg


鹿児島県 鹿児島東千石郵便局
図柄…桜島、西郷隆盛銅像、パームヤシ

パームヤシ?なんでパームヤシ?
ちょっとわかりませんでした。
情報求む!



風景印 宮城県 
20160328.jpg


宮城県 鬼頭郵便局
図柄…吹上げ間欠泉、芭蕉の句碑、禿ヶ岳


身内からのお土産の風景印。

芭蕉の句碑には「山里は 萬歳遲し 梅の花」

山里には万歳も遅い。
正月も半ば過ぎて梅も花盛りを迎えた今頃、やっと来た、
もう一度正月の気分が舞い戻ってくる。

「万歳」とはお正月の祝福芸のこと。
お正月気分は何度でも味わいたいものですね~



風景印 福井県 
20160327.jpg


福井県 大野中野郵便局
図柄…石灯篭地蔵尊、市木・ケヤキ、市花・コブシ、ウグイス


最近、ウグイスの声を聞きながら最寄りの駅まで歩いています。
春になったなぁ…一番好きな季節、ワクワクしますね。

「石灯篭地蔵尊」は大野の町の北の方の東西にのびる燈篭通りにあります。
400年以上前に大野城を築いた金森長近が城下町を整備する際、測量の基点とされたところ。
ここに測量縄とその他の用具が埋められ、地蔵尊を祀ったと伝えられています。
碁盤の目の区画の美しい町割で、小京都と呼ばれているそうです。

私も大野の町を歩きました。
確かに方向音痴の私でも迷うことなく、目的地まで行けました。
これってけっこう、私にとっては珍しいことなんですよ。



風景印 福島県 
20160326_20160326210803b52.jpg


福島県 檜枝岐郵便局
図柄…駒池の平から見た燧岳、ミズバショウ


身内が旅行した時のお土産の風景印。
切手のデザインは風景印とバッチリ合っていますね。
ちょっと被り過ぎていて残念ですが、
メインのミズバショウはちゃんと判別できますね。
なかなか行ける場所ではないので、とても嬉しいです。

読みにくい漢字が二つ。
「檜枝岐」は「ひのえまた」、「燧岳」は「ひうちだけ」

檜枝岐村は「尾瀬の玄関口」と言われています。
尾瀬、行ってみたいです。
ミズバショウの咲く季節は混むと思うので、
時期を外して行こうかな~



風景印 山形県 
20160325.jpg


山形県 山形駅前郵便局
図柄…重文・旧済生館本館、ベニバナ、蔵王のお釜


お、私が行ってよかった観光地№1の「蔵王のお釜」
この風景印を見ると、楽しかった思い出が甦ってきます。

済生館は、1878年(明治11)に山形県立病院として建設されたもので、
「山形の近代化を図る」という構想のもとに竣工されました。
当時、横浜にあったイギリス海軍病院を参考にしたと言われています。
東北地方で最も早く西洋医学を取り入れ、診療の他に医学校が併設され、
オーストリア人医師ローレツを金沢医学校から招聘されたそうです。



風景印 富山県 
20160324.jpg


富山県 富山今泉郵便局
図柄…立山連峰、市シルバーケアハウス、市花・アザミ


アザミの花言葉は「厳格」「復讐」「満足」「触れないで」「安心」など。
その由来は、
「厳格」「復讐」「触れないで」・・・するどいトゲを持つ姿から連想されるイメージ。
「満足」「安心」・・・他から身を守ることで得られるプラスのイメージ。安定感や満足感。

こんなに硬派(?)な花言葉、珍しいですね~
普通、「愛」とか「真心」とかじゃないですか?



風景印 広島県 
20160323.jpg


広島県 呉三条郵便局
図柄…二河橋、鉢巻山、八畳岩、市花・ツバキ

呉市の郵便局の風景印は本当にどこも良いですね。
こんなに素敵な橋、渡ってみたいです。
押印も美しいです。

鉢巻山は呉市吉浦地区の山、標高401m。
戦時中に、この山頂に高射砲の砲台を設置していましたが、
その設置工事のため、山頂まで山道をぐるぐる回って切り開いたため、
一般に鉢巻山という呼び名になっているそうです。



風景印 鹿児島県 
20160322.jpg


鹿児島県 鹿児島南郵便局
図柄…桜島、コアラ、ヨット

何故、コアラ?って思いますよね。
鹿児島市の平川動物公園にはコアラがいるそうなんです。

昭和50年5月に「コアラを鹿児島に連れてくる会」が発足し、
市民レベルでの誘致活動が始まりました。
その後、昭和55年9月のオーストラリア政府のコアラ輸出禁止解除を受けて、
鹿児島市長がオーストラリア大使館にコアラの輸出を要請、
クイーンズランド州政府との協議を経て、昭和59年10月にオス2頭、
翌年の昭和60年にメス4頭が来園しました。

鹿児島市の風景印はなんだか国際的なんですよね。
以前にupした風景印でも姉妹都市に因むデザインもありました。
風景印を色んな観点から見ると、とても面白いし、興味深いです。



風景印 福井県 
20160321.jpg


福井県 荒土郵便局
図柄…大日岳、九頭竜川、勝山市マスコットキャラクター・チャマゴン

チャマゴンが笠を被って魚釣り…ユーモラスなデザインですね。
チャマゴンは勝山市のご当地キャラクター。
恐竜のイラストで知られる漫画家、ヒサクニヒコさんが原画を担当し、
平成2年にデビューしました。
お誕生日の10月10日には、かつやま恐竜の森でイベントも行われるそうです。
チャマリンというガールフレンドがいるんですって。

チャマゴン情報でしたw



風景印 山形県 
20160320.jpg


山形県 山形七日町二郵便局
図柄…重文・旧山形県庁舎、花笠踊り、サクランボ

切手の女性もなんですけど、この風景印に描かれている女性、
正に踊っている最中って感じで良いですね~
ちょっと膝を折って、片足を前に出して。
とてもかわいいです。



風景印 神奈川県 
20160319.jpg


神奈川県 横須賀浦賀郵便局
図柄…ペリー上陸記念碑、ペリー記念館、黒船

切手のお仲間からいただきました。

先日もいただいた横須賀新町郵便局の風景印をupしましたが、
ペリー上陸記念碑と黒船が共通のデザインですね。


先日は自分だったら激動の時代にうまく対応できるかな?って書きました。
考えてみると…まぁ無理でしょ。
お仕事で上司が変わっただけでも、イヤになってしまう私ですから。
なんだか面倒なんですよね、今までのやり方を変えるのが。



風景印 岐阜県 
20160318.jpg


岐阜県 高山名田郵便局
図柄…重文・郡代所遺構・高山陣屋、高山の朝市


飛騨高山の朝市は、江戸時代から、米市、桑市、花市などの市として発達し、
明治の中頃から、農家の奥さんたちによって野菜がならべられるようになり、
朝市とよばれるようになりました。
朝市が行われるのは、陣屋前広場の陣屋前朝市と宮川沿いの宮川朝市の2ヵ所。
もんぺ姿の女性たちの素朴なやりとり、飛騨高山の方言を聞くことができるとのこと。
新鮮な野菜、果物、お漬物、味噌、民芸品が売られているんですって。

この風景印に描かれている女性は、何を売っておられるのでしょう?
大根?に見えます。
朝市は毎朝6時~12時(11~3月は7時~)に行われているそうです。
荷物が増えるのが嫌なので、朝市は行ったことがないのですが、
一度ぐらい行った方がいいかも…と思いました。



風景印 栃木県 
20160317.jpg


栃木県 宇都宮今泉町郵便局
図柄…重文・旧篠原家住宅(黒漆喰の店蔵造)


宇都宮を代表する旧家の一つである篠原家は、江戸時代から奥州街道口の現在の場所で、
醤油醸造業や肥料商を営んでおり、現在の旧篠原家住宅は明治28年(1895年)に建てられたものです。
この建物は、平成7年11月27日に宇都宮市の文化財に指定され、
平成8年2月26日宇都宮に寄贈されました。
その後、復元・改修工事を経て、平成9年3月1日から一般公開。
平成12年5月25日に主屋と新蔵(附南北石堀)が、国の重要文化財に指定されました。

宇都宮駅からすぐ(徒歩3分)ですって。
昔の豪商の暮らしが垣間見れるそうですよ。
お宅訪問、面白そうですね。



風景印 宮城県 
20160316.jpg


宮城県 仙台中央三郵便局
図柄…仙台青葉通りのケヤキ並木、七夕祭り


仙台七夕は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、
今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして有名です。

七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていましたが、
仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため、新暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、
現在の8月6日から8日に開催されています。

期間中は、街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ、
毎年200万人を超える多くの観光客が来られるそうですよ。
私もいつか行ってみたいな~



風景印 石川県 
20160315.jpg


石川県 金沢香林坊郵便局
図柄…石川近代文学館、四高記念碑

四高とは現在の金沢大学法文学部・理学部の前身。
「四高記念碑」は昭和33年に建てられた、
明治・大正・昭和3代の四高生を表した記念碑だそうです。

とても良いデザインだと思います。
その上、美しく押印していただいていて、好印象。



風景印 愛知県 
20160313.jpg


今日はホワイトデイですね!
が、そんなの全く関係ない一日でした。
せめて、「愛」知県の風景印でもupしておきましょうか…


愛知県 名古屋大曽根郵便局
図柄…オズモールの標識、ナゴヤドーム

OZモール (OZ MALL) は、愛知県名古屋市北区大曽根にある商店街。
画像をネットで見ましたが、西側入口にこの風景印に描かれている標識がありました。
標識って言うよりは門って感じでしたよ~



風景印 福岡県 
20160314.jpg


福岡県 門司港郵便局
図柄…関門橋、カモメ、関門海峡、船


以前、門司郵便局の風景印をupしたことがありますが、そこと同じ図柄です。
違うのは郵便局名だけ…あ、ちょっぴり印影がきれいかな。

昨年の年末に門司港に行きました。
「関門海峡ミュージアム」が期待以上に楽しかったです。
有名店の焼きカレーも食べました。

「九州鉄道記念館」は残念ながら時間切れで行けず…
また門司港に行く機会があれば、是非行きたいと思います。



風景印 富山県 
20160312.jpg


富山県 富山北郵便局
図柄…古志の松原、立山連峰、北前船


松林が好きなのでw古志の松原に注目です。
「古志の松原」は富山市の岩瀬地区から浜黒地区までの
常願寺川河口から海沿いに立ち並ぶ約5kmの松並木。
古志とは、古代北陸地方をコシと呼んだに因むそうです。

立山連峰と合わせてみると絶景らしく、富山県商工会議所は
一帯の海岸を「立山あおぐ特等席」の一つに指定しているんですって
松並木の中で一番大きな松は親鸞聖人が腰かけた松という伝説が残っています。

次回、富山に行ったら行ってみたいな。
そしてまた、一人ぼっちで歩きます。
そのうちに、旅行目的が松林散策になったりして。



風景印 宮城県 
30160311.jpg


宮城県 松島郵便局
図柄…国宝・瑞巌寺本堂及び庫裏、僧侶、松島


東日本大震災の発生から5年が経ちました。
復興に向けて、多くの方々が努力をされていることと思いますが、
まだまだ被災地や避難先でご苦労されている人々もたくさんいらっしゃいます。
一日も早く元の日常生活に戻れますように。

この風景印に描かれている瑞巌寺も震災により、
浸水や国宝の庫裏と廊下の壁に数カ所ひびが入りました。
しかし、周辺の自治体と比較して被害は軽微で済んでいます。
その理由として、津波は浅い海に入ると速度が落ちて急激にエネルギーを失うのと、
松島湾内に点在する島々が緩衝材となり、津波の勢いを弱めたと見られているそうです。

この松島町の事例は津波対策の良いアイディアになるのではないでしょうか?



風景印 佐賀県 
30160310.jpg


佐賀県 唐津郵便局
図柄…唐津城、虹の松原、鏡山


虹の松原(にじのまつばら)は、佐賀県唐津市の唐津湾沿岸に広がる松原。
日本三大松原のひとつで特別名勝に指定され、日本の白砂青松100選、
日本の渚百選、かおり風景100選、日本の道100選にも選ばれています。
玄海国定公園の一部で、幅約500m、長さ約4.5kmにわたって弧状に、
約100万本のクロマツの林が続くきます。

風景印でもちゃんと弧状になっていますね。
私も唐津に行った時に虹の松原を端から端まで歩きました。
ですが、私が行ったのはオフシーズン…
どなたも歩いていらっしゃらず、私、一人ぼっちw
しかも松林なので昼間なのに薄暗く…とっても不気味な雰囲気の中、
早く抜け出したい!との一心で必死に歩きました。
4.5kmもあったんですね。ってことは1時間半近くかかってたのかも。
まぁ今から考えると、良い経験だったと思います。



風景印 山形県 
30160309.jpg


山形県 山形七日町五郵便局
図柄…関白秀次側室・駒姫(山形城主の娘)、専称寺の白壁の塀、寺内の大イチョウ

秀次は豊臣秀吉の姉である瑞竜院日秀の長男。
秀吉の嫡男の鶴松が没して世継ぎがいなくなったことから、
秀吉の養嗣子とされ、文禄の役の開始前に関白の職を譲られ、家督を相続しました。
ところがその後になって秀吉に嫡子秀頼が誕生し、秀次は強制的に出家させられて
高野山青巌寺に蟄居となった後に切腹となりました。

駒姫は、最上義光の二女で伊達政宗の従妹に当たります。
東国一の美少女といわれるほど美しかったそうです。
秀次が豊臣秀吉の命により高野山で切腹させられてしまった頃、
駒姫は秀次の側室になるために京に到着し、最上屋敷で長旅の疲れを癒していました。
駒姫はまだ実質的な側室になる前だったにも関わらず、他の秀次の側室達と共に、
三条河原に引き立てられ11番目に処刑されたそうです。享年15歳。

本当に痛ましい話ですよね。
風景印を見た時はかわいいお姫さまって思っていましたが、
upする前に調べてみて驚きました。



風景印 神奈川県 
30160308.jpg


神奈川県 横須賀新町郵便局
図柄…ペリー上陸記念日、ペリー、黒船


切手のお仲間からいただきました。

嘉永6年(1853年)、マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の
蒸気船2隻を含む艦船4隻が、日本に来航しました。
当初、久里浜に来航しましたが、当時久里浜の港は砂浜で黒船が接岸できなかったことから、
幕府は江戸湾浦賀(神奈川県横須賀市浦賀)に誘導しました。
アメリカ合衆国大統領国書が幕府に渡され、翌年の日米和親条約締結に至りました。
この黒船来航から明治維新までが「幕末」と呼ばれています。

昔、日本史の授業でこの事件を習った時に印象的だったのは、
「泰平の眠りを覚ます上喜撰たつた四杯で夜も眠れず」という狂歌でした。

上喜撰とは緑茶の銘柄である「喜撰」の上物という意味であり、
「上喜撰の茶を四杯飲んだだけだが(カフェインの作用により)夜眠れなくなる」という表向きの意味と、
「わずか四杯の異国からの蒸気船(上喜撰)のために、国内が騒乱し夜も眠れないでいる」
という意味をかけて揶揄している狂歌。

世の中が劇的に変わった時代ですよね~
もし私がこの時代に生きていたら、うまく対応できたかな?
…って思いマス。



風景印 福井県 
20160307.jpg


福井県 福井城東郵便局
図柄…福井市章をかたどった外枠に、城東橋、県立図書館、県花・スイセン、文殊山


文殊山(もんじゅさん)は、福井県福井市と鯖江市の境にある山。
越前五山のひとつの山で、標高は365メートル。

信仰の山でありながら住民のハイキングコースとして親しまれ、
方々に登り口があり色々なコースが楽しめます。
カタクリ・ツツジ・アジサイ等、秋には紅葉狩りなど自然が豊かであり、
登山道からは奥越山塊の上に白山も見え、福井平野も一望できるそうです。


標高365メートルのお山に登ったら、なんだか良いことがありそうですね。
機会があったら是非、登りたいです。



風景印 岐阜県 
20160306.jpg


岐阜県 栃尾郵便局
図柄…新穂高温泉ロープウェイ、無形文化財・鶏芸の舞、穂高連峰


身内から旅行のお土産にもらった風景印。

高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根に伝わる「鶏芸」は、
村上神社(5月10日)、神明神社(9月30日)の祭礼に奉納する芸能。
この「鶏芸」は、数百年前平家の落人が、この地区に来て伝授したと言われていて、
昭和33年に岐阜県の重要無形文化財に指定されました。

頭にかぶっている冠を「シャガマ」と言って、シャモの雄鶏の尾羽でできており、
着ている衣装は「かたびら」と言って、龍と鳳凰を染め抜いた大変派手な着物で、
この衣装やシャガマ・鉦は各家にあり、代々小孫へと受け継がれているそうです。

奉納日には、鉦大将(かねだいしょう)の指揮によって、
20名程が輪になって笛や太鼓に合わせて鉦を打ちながら舞うんですって。

各地には色んな芸能があるんですね~
伝統を守り続けることはきっと大変だと思いますが、
ずっと残っていくと良いですね。



風景印 広島県 
20160305.jpg


広島県 呉東中央二郵便局
図柄…市花・ツバキ、宇都宮黙霖翁終焉の地碑、灰ヶ峰


宇都宮黙霖(うつのみや もくりん)は幕末の浄土真宗本願寺派の僧。
安政の大獄で一時捕らえられたこともあるそうです。
文通によって吉田松陰の討幕思想にも影響を与えたといわれています。
維新後は湊川神社や石清水八幡宮の神官に任命されましたが、
程なく罷免され、のち故郷の呉に隠棲して74歳で没しました。


「宇都宮黙霖翁終焉の地碑」は呉市街の北方の山裾にある、
旧澤原家住宅の前にあるそうです。
また、黙霖が生まれた広長浜の専徳寺(現・住蓮寺)には、
境内に「宇都宮黙霖誕生の地」という石碑が建っているんですって。
「王政復古」という言葉を初めて使ったのが、
この宇都宮黙霖だと言われているそうですよ。



風景印 石川県 
20160304.jpg


石川県 金沢野町郵便局
図柄…山の稜線と川の形をかたどった外枠に、室生犀星詩文、川岸の犀星の歌碑、犀川、犀川大橋


室生犀星(むろう さいせい)は石川県金沢の出身の詩人・小説家。
犀星という筆名は犀川の西に生まれ育ったことからと言われています。
犀星はこの川の風情と、上流に見える山々の景色とをこよなく愛したそうです。


抒情小曲集  室生犀星

「犀川」

うつくしき川は流れたり
そのほとりに我は住みぬ
春は春、なつはなつの
花つける堤に座りて
こまやけき本のなさけと愛とを知りぬ
いまもその川ながれ
美しき微風ととも
蒼き波たたへたり



風景印 栃木県 
20160303.jpg


栃木県 足尾赤倉郵便局
図柄…皇海山、足尾山地、岩頭の天然記念物・ニホンカモシカ、足尾ダム


この風景印を押印していただくために、
「わたらせ渓谷鐵道」を終点の間藤まで乗車しました。
「わたらせ渓谷鐵道」は群馬県と栃木県を縦断するんですね~
駅を降りた後もけっこう遠かったです…
でも頑張った甲斐があって、とてもかわいい風景印をGET!
ニホンカモシカの「え、何?」って感じの表情が好きです。



風景印 宮城県 
20160302.jpg


宮城県 塩釜駅前郵便局
図柄…塩釜港、マリンゲート塩釜、ガス燈、市花・シラギク


今から300年以上前に松尾芭蕉が塩釜から松島まで船で渡りました。
その時の航路と同じルートをたどることができるんですよ~
丸文松島汽船さんの遊覧船「芭蕉コース」です。
この遊覧船は塩釜マリンゲートと松島の桟橋を結んでいます。

私もこの遊覧船に乗りました!
ただし…観光やランチの都合で松島から塩釜までの逆方向で。
松島を出港してすぐ見える五大堂は海に正面を向けているので、
船からじゃないと正面からの全景は見えないのです。
たくさんの変わった形の島々を遊覧船から見るのも楽しかったです。

この後、ランチでお寿司とビールを満喫w
塩釜はとても印象深い街でした。



..