風景印 三重県 
20160229.jpg


三重県 四日市郵便局
図柄…天然記念物・イヌナシ、特産・万古焼、鈴鹿山脈


イヌナシは明治35年に発見された、珍しい野生ナシの一種。
日本では愛知県・三重県・岐阜県のみに生育する、バラ科ナシ属の落葉小高木。
木の高さは8~10mほど、4月にはサクラに似た白い花をつけるそうです。
三重県内ではイヌナシと呼ばれることが多いそうですが、
初夏につき始める実の直径が1cm前後なので、 マメナシとも呼ばれます。

四日市市の「東阿倉川イヌナシ自生地」は1922年(大正11年)10月12日に、
国の天然記念物に指定されました。

イヌナシの実、どんなお味なんでしょう~?
ちょっと食べてみたい気がする…
ナシ、大好きなんです。



風景印 群馬県 
20160228.jpg


群馬県 水沼郵便局
図柄…県文化財・医光寺虚空菩薩像、涌丸ダム、上田沢橋


旅行した時、ローカル線の電車に乗るのも楽しみの一つ。
水沼郵便局は「わたらせ渓谷鐵道」の水沼駅の前にあります。
この駅の構内には日帰り温泉があるんですよ。
私は残念ながら温泉を楽しむ時間はありませんでしたが、
併設されているお食事処でビールを…
のんびりと寛いでいる方がたくさんおられたので、
居心地はとてもよかったです。



風景印 福井県 
20160227.jpg


福井県 勝山郵便局
図柄…奇祭・勝山左義長、恐竜・カツヤマリュウ


一昨日の26日、福井県立恐竜博物館と福井県立大学は
勝山市で発掘された恐竜の化石が、新属新種の小型獣脚類だったと発表しました。
原始的な部分と進化した部分を併せ持っており、
学名は「逆説の福井の狩人」を意味する「フクイベナートル・パラドクサス」と命名されたそうです。
全身に羽毛があり、これまでの獣脚類にはなかった二股に分かれた頸椎(けいつい)などが特徴。

↑の内容は全く理解できませんが…「逆説の福井の狩人」、カッコいいですね。


そして、「勝山左義長」ですが。
勝山市の「左義長」は小笠原公入部以来300年以上の歴史を誇るお祭り。
以前は毎年小正月の行事として、旧暦の1月14日に行なわれていましたが、
現在は、観光客や祭り主催者の利便を考慮して、2月の最終土曜、日曜の開催。

勝山市街地の各町内に12基の櫓を建て、その上で赤い長襦袢姿の大人たちが子供を交え、
独特のおどけ仕草で三味線、笛、鉦による軽快なテンポの囃子にのって浮かれます
この様は全国で「勝山左義長」だけの特徴であり、人々はこれを奇祭と呼んでいます。

日曜日の夕方、各町内の御神体が弁天桜で有名な弁天河原に運び込まれます。
午後8時30分、神明神社で採火した御神火が各区の松明によって、
弁天河原のドンド焼き会場に運ばれ9時の狼煙を合図に一斉に点火され、
神を送り、五穀豊穣と鎮火を祈願しながら2日間にわたる火祭りの行事が全て終了します。

浮・か・れ・ま・す…この部分が非常に気になりますw
2月の最終土曜、日曜の開催ってことは、今日と明日かな?
今頃、盛り上がっているのかもしれませんね。



風景印 山形県 
20160226.jpg


山形県 新庄郵便局
図柄…新庄城址、すげぼうし


身内からもらいました。
なんとか冬の間にupを、と思ってましたが、
すっかり忘れていてギリギリに…まだ大丈夫でしょうか?
今週は寒かったし、許してくださいw

この風景印、今はもう使用されていないようです。
27年8月に変更になったらしい…
確かに、こんなにかわいい雪ん子は最近見ないですね~
すげぼうしを着て雪かきのお手伝いかな?
かわいい風景印ですよね。



風景印 福井県 
20160225.jpg


福井県 福井豊島郵便局
図柄…福井市章をかたどった外枠に、北の庄城址、柴田勝家像、県無形民俗文化財・馬鹿ばやし


外枠からはみ出した人物の腕が力強いですね。
楽しいデザインだと思います。

「馬鹿ばやし」 とは「秋葉さん」と親しまれる火産霊神社で、
5月24日に行われる例大祭で奉納される300年の歴史を誇る郷土芸能。
天正年間、一乗谷朝倉氏の御用商人、多田善四郎が火祭に仮面を奉納し、
その面をかぶって囃子を教えたのが始まりと伝えられています。

仮面は、昔は約80面あったそうですが、今はひょっとこ、でめきん、お多福、
翁、蛙、ベシミなど37面が残されているそうです。
「馬鹿ばやし」 は面をつけ、太鼓や笛に合わせ手こっけいに所作をするのが特徴で、
お多福は、腹を大きくして身重の様子をし、ベシミは豪放に振舞います。

火産霊神社はJR福井駅から徒歩で10分ですって。
面白そうなお祭り、いつか見に行きたいです。



風景印 広島県 
20160224.jpg


広島県 広島出島郵便局
図柄…出島岸壁、貨物船、出島工業団地、似島


似島(にのしま)は、瀬戸内海の広島湾に浮かぶ島。
1895年(明治28年)から第二次世界大戦終了直後まで陸軍の似島検疫所が置かれており、
現在でも当時の軍事施設の遺構が残っているそうです。
日露戦争、第一次世界大戦当時は検疫所内に捕虜収容所も併設されました。
第一次大戦時に収容されていたドイツ人捕虜カール・ユーハイムが、
収容中に日本初のバウムクーヘンを焼いたというエピソードがあり、
日本におけるバウムクーヘン発祥の地といわれるんですって。

ユーハイムさん!捕虜だったんすか!?
かなりビックリました。
そう言えば昔(?)はバウムクーヘンと言えばユーハイムだったよな。
今では有名なバウムクーヘンの店ががたくさんありますが…
あーー、食べたくなってきましたぁ!



風景印 鹿児島県 
20160223.jpg


鹿児島県 鹿児島東郵便局
図柄…城山からの市街、西郷隆盛像、桜島


城山は鹿児島市の中心部にある山、
高い山ではありませんが、鹿児島湾および桜島を望む絶好のポジションにあり、
夜景ポイントとして人気のある場所となっています。

私も鹿児島市に旅行した時に行きましたよ。
登る時はバスで、良い眺めを楽しんだ後は歩いて下山しました。
ちゃんと道も整備されていて、良い運動になりました~
鹿児島市に行ったら、必ず城山には行きたいです。
次回は歩いて登ってみようと思いマス。



風景印 長野県 
20160222.jpg


長野県 諏訪大手郵便局
図柄…高島城、ニッコウキスゲ、諏訪湖、アルプス


この風景印、お城に渡る橋も描かれています。
お城が登場している風景印はけっこう見ますが、
橋までが描かれているのは珍しく思います。

美しく押印されているのも良いですね。



風景印 栃木県 
20160221.jpg


栃木県 宇都宮東郵便局
図柄…大豆三粒の金仏、市木・イチョウ、コムラサキ、 日光連山

ちょっと印影が薄くてデザインがわかりにくいですね。
鬼怒川の河原にも息している蝶の「コムラサキ」、
日光連山の上に描かれている風に乗って飛んでいるようです。



風景印 愛知県 
20160220-1.jpg


福岡県 北九州中央郵便局
図柄…小倉城、足立山の小文字焼き、北九州都市モノレール、市花・ヒマワリ


今年のお正月に押印していただいた風景印。
ついこの間のように思いますが…あっという間に2月も終わりそうです。

「小文字焼き」はお盆の8月13日の夜に小倉北区の小文字山頂で行われる行事。
小倉の「小」の火文字が1時間半にわたり燃え続けるそうです。
青竹を300本並べて燃やしているらしいですよ。
元々は昭和23年に国体参加選手歓迎の意味で始められましたが、
翌年からは平和を願うお盆の迎え火として受け継がれているんですって。



風景印 山形県 
20160219.jpg


山形県 山形中央郵便局
図柄…花笠踊り、サクランボ、蔵王のお釜


東北四大まつりの一つ、「花笠祭り」の踊り手が描かれています。
威勢のいい「ヤッショ、マカショ!!」という掛け声は有名ですよね。
華やかに彩られた山車を先頭に、県花の紅花をあしらった笠を手にした踊り手が、
山形市のメインストリートを舞台に群舞を繰り広げるんですって。

踊り手はグループごとに統一した衣装で花笠音頭に合わせ優雅に踊りを披露。
飛び入り参加も可能だそうです。
参加は無理としても、いつか見に行きたいな~



風景印 岐阜県 
20160218.jpg


岐阜県 各務原鵜沼台郵便局
図柄…鵜沼宿、うとう峠


鵜沼宿は、中山道69次のうち52番目の宿場。
うとう峠は太田宿 と 鵜沼宿の間にある標高140mの峠で、
「うとう」とは「疎う」(気味の悪い)に由来すると言われています。
この付近は木曽川で削られた断崖絶壁であり、交通の難所だったため、
江戸時代にうとう峠が開設されたんですって。

この風景印、切り絵っぽくて良いですよね~
お気に入りです。


しかし!!!
この風景印、今までの風景印とちょっと違うところがあるのですが、
気が付かれました?

そうです!風景印が切手部分に全くかかってない!
こんなの大丈夫でしょうか?
私がここにupしたせいで、局員さんが怒られたらどうしょう…と思いつつ、
レア物だわ…とすごーく大事にしている私なのでした。



風景印 広島県 
20160217.jpg


広島県 呉本通七郵便局
図柄…ツバキ、椿乙女、瀬戸内海国立公園・休山

この風景印の女の子のお顔、本当は目と口があるはずなんです。
印が摩耗しているのか、押印の加減なのかわかりませんが、
なんとなく残念な感じになってしまいました。

たまにはこんなこともあります。
局員さんはきっと心をこめて押印して下さったはずなので(たぶん)、
これはこれで良しとしましょう。


椿乙女とは「乙女椿」という民話が元になって、デザインされています。

昔々、呉の長者に、美しい一人娘がありました。
この娘が呉の浦で一番貧しい若者を好きになってしまったのです。

娘と若者は末は夫婦になろうとかたい約束を交わしましたが。
それを知った長者はたいそう怒り、娘を部屋に閉じ込め、
若者の家に押しかけるとさんざん悪態をついたのです。

悲観した二人は、嵐の吹き荒れる夜、海に身を投げてしまいました。
そして翌朝、二人の屍は、荒波にもまれて離れ離れになり、
若者は能美島に、娘は呉の浦に打ち上げられたのです。

それから月日がたち、若者が打ちあがられた能美の浦には一本の男椿が芽を出し、
娘が打ちあげられた呉の浦には乙女椿がたった一輪の花を咲かせました。
乙女椿は夜ともなれば輝く青白い光を放ち、
男椿はそれにこたえるようにかすかな光を瞬かせるという噂が流れるようになりました。

何年かのちに男椿は枯れてしまいましたが、乙女椿は見上げるような大木となって、
一輪だった花を二輪咲かせるようになり、呉の沖を通る舟人は、
この乙女椿を鏡木と読んで、夜の船旅の目印にするようになったのです。

はかないふたりの身の上をいとおしんだ長者は、
全財産をなげうってこの椿のそばに祠を建てて娘と若者を弔いました。
人々はこの椿の大木を「お椿さん」「椿大明神」としてうやまい、
祠はそわれぬ男女がお参りすればどんな障害も取り除いてくださり、
仲の良い夫婦がお参りすればお椿さんがうらやんでふたりの仲を裂くと言われているのです。 


仲の良い夫婦の仲を引き裂く「お椿さん」はどうかと思いますが、
この風景印の椿乙女は可憐な感じですね。
            


風景印 宮城県 
20160216.jpg


宮城県 岩沼郵便局
図柄…市文化財・竹駒奴、二本の松、竹駒稲荷神社、飛行機


身内が旅行中に岩沼郵便局に寄ってくれました。

竹駒神社は古くから日本三稲荷の一社に数えられる神社。
竹駒奴は、伊達藩政時代の伊達六十二万石直属の奴で、
江戸への参勤交代の時には行列の先陣を勤めていました。

奴は大名行列の先陣をきり「前にならえ」「後ろはまかせろ」という意味の掛け声をかけながら、
殿様の日用品を入れる「挟み箱」と道中の戦に備え「毛槍」などを受渡しながら、
江戸を目指したそうです。

大正2年の竹駒神社の初午大祭の神輿渡御の先頭として、
竹駒奴は復元したんですって。
竹駒神社の初午大祭の旧暦2月の初日と中日の2回に、
奴行列が行われているそうですよ~独特な歩き方、見てみたいです。



風景印 富山県 
20160215.jpg


そしてまた…風景印に戻りますw

富山県 高岡郵便局
図柄…高岡銅器の釣鐘の外枠に、国宝・瑞龍寺山門、重文・御車山の山車、市花・カタクリの花

変形の外枠の風景印が大好きです。
面白いですよね~
土地の名産品や名所などが風景印にデザインされていて、
ある意味、風景印は観光PRだと思います。



ポーランド ハート 
20160214.jpg


皆さま、素敵なヴァレンタインデーでしたか~?
2月に入ってからupしてきたハート切手は今日が最後。

ラストを飾るのは2004年にポーランドから発行された切手。
情熱的なデザインのハートですよね。

さて、切手デザインの分類ではハート(LOVE)切手、医療関連を除いては、
「Greetings & Wishing Stamps」に含まれる場合が多いように思います。
「Greetings & Wishing 」とは「幸運を祈るご挨拶」みたいな感じですかね~
私が勝手に考えた解釈なんですが…

なので、お友だちや家族にも感謝の気持ちを伝えるのもいいですね。
私も…

いつも拍手をクリックしてくれている優しいお友だち。
新しい楽しみを教えてくれる素敵な同級生のお友だち。
それぞれの地元で頑張っている学生時代のお友だち。

いつもありがとう。
皆さまのご多幸を祈ります。



オーストリア ハート 
20160213.jpg


2002年にオーストリアから発行されました。
「THE PHILIS」とはオーストリアの漫画のようですね…
現代的(?)なデザインで面白い切手です。
この二人、ラヴレターを書いているんでしょうか~?



ベルギー ハート 
20160212.jpg


1990年にベルギーから発行されました。
水道の蛇口からきれいな水が出てくることは当たり前のように思っていますが、
そうではないところも世界中にはたくさんあるんですよね。
感謝の気持ちを持ち、節水すること、
毎日の生活の中で心がけていきたいと思います。



アメリカ ハート 
20160211.jpg


1990年にアメリカから発行されました。
アメリカ切手のシンプルでわかりやすいデザインが好きです。
すっきりとしていて、良いデザインですよね~



ブルガリア ハート 
20160210.jpg


1971年にブルガリアから発行されました。
ハートがどこにあるか、探してみて下さいね~
デザインもかわいいのですが、色合いが素敵です。



チェコスロヴァキア ハート 
20160209.jpg


チェコスロヴァキアの切手。
チョコを楽しみに待つ人…
なんちゃってw



韓国 ハート 
20160208.jpg


1979年に韓国から発行されました。
ハート切手には医療関連のデザインも多いのですよ。
これは「輸血」の啓蒙切手だそうです。
わかりやすいデザインですよね~。



エストニア ハート 
20160207.jpg


1993年にエストニアから発行されました。
お手紙を渡そうとしていますね。
きっとラヴレター…
お花も咲いていて、明るいデザインです。



ボスニア・ヘルツェゴビナ ハート 
20160206.jpg


2004年にボスニア・ヘルツェゴビナから発行されました。
かわいい!
カラフルなハートがたくさん。
手当たり次第に配りに行こうかw



ポーランド ハート 
20160205.jpg


1992年にポーランドから発行されました。
「Kocham」とはポーランド語で「愛する」とか「好き」という意味。
蝶々や犬(オオカミ?)、ペリカン(?)も登場して、
カラフルで楽しいデザインですね~



メキシコ ハート 
20160204.jpg


2003年にメキシコから発行されました。
「国際淡水年」の記念切手、スケールの大きな愛です。
葉の上の水滴が瑞々しい印象を与えてますね。

凝ったデザインだと思いますが、ハートの地球を抱えている手が手書き風…
この部分はちょっとユルイ感じですw



アメリカ ハート 
20160203.jpg


昨日のアメリカのハート切手のペア。
背景の色違いです。
今日のはピンク色でさらにラブリーな雰囲気ですね~



アメリカ ハート 
20160202.jpg


2007年にアメリカから発行されました。
すっきりとしていて美しいデザインです。
ハートの下に影がありますね。
立体的なオブジェを置いているんでしょうか~?



チェコ ハート 
20160201.jpg


2月に入りましたね。
毎年恒例の企画、ハート(LOVE)切手を始めまーーす。

まず一枚目、1998年にチェコから発行されました。
今、ハートを射抜くとこですw
逃げて~。



..