スロヴェニア 羊  
20151231.jpg


日本の「冬のグリーティング」切手はお休み。
今年の干支の羊切手を。
2005年にスロヴェニアから発行されました。
この切手、今年の元日にもupしましたよ、本当はイースター切手なんですが、
でも今年はひつじ年だし、かわいいし、ご紹介しました。

あっという間に大晦日ですね。
皆さま、2015年はどんな一年でしたか?
来る2016年が皆さまにとって、良い年になりますようお祈り申し上げます。


私の2015年はとても楽しい一年でした。


風景印集めも順調、47都道府県制覇も着々と進んでマス。


5月には大分で、9月には東京で、11月には富山で、学生時代のお友だちと再会。
小学校の時のお友だちとも楽しくお食事する機会もありました。
そして何十年も変わらぬお友だちとのお付き合いも継続中。


お仕事は…
頑張れそうって思ったり、早く辞めたいって思ったり。
まぁこんな感じでずっと行くんだろうな。


健康面では、ちょっとイマイチの一年だったかな。
・新年早々、インフルエンザ
・2月、謎の腹痛
・4月、謎の歯痛&謎の腰痛&謎の蕁麻疹
・1年を通して、謎の食欲増大

蕁麻疹と食欲増大は現在も継続中w
健康なだけが取り柄の私だったのですが、ちょっと不健康に。
もう取り柄無しだわ、私。


全体的に見ると良い一年でした。
2016年も楽しい一年になるといいなぁ。
取りあえずは健康でいたいデス。

では、皆さま、良いお年をお迎えくださいねーー。



日本 冬景色 
20151230.jpg


今日も日本の「冬のグリーティング」切手。
今日は「霜の窓」が描かれています。

そうそう、窓に霜が付いたりすると、こんな感じで外を眺めますよね。
たまに結晶っぽいのを見つけたり、「へのへのもへじ」を書いたりします。
「へのへのもへじ」はもしかして「死語」?
それはともかく、暖かいお部屋の中から冬景色を楽しむのも良いですよね。



日本 雪 
20151229.jpg


日本の「冬のグリーティング」切手、六枚目。
「雪の積る木」が描かれています。

こんなふうに積もるのだろうか?…という疑問は置いといて。
間違いなくかわいいデザインです。
そう言えば今年のお正月、雪が積もりましたね~
まだ誰も踏んでいない雪道を歩くのはけっこう好き。
寒いけど、雪が降るとテンションが上がります。



日本 鳥 
20151228.jpg


日本の「冬のグリーティング」切手、まだまだ続くよ!
今日は「青い鳥」が描かれています。
「青い鳥」と言えば有名なメーテルリンクの童話ですよね。

貧しいきこりの子の兄妹チルチルとミチルはクリスマス・イブの夜、
突然あらわれたあやしげな老婆の願いで「青い鳥」を探しに出かけます。
二人は「思い出の国」「夜の宮殿」「未来の王国」などを探しまわりますが、
どこにも「青い鳥」は見つかりません。
ようやく自分たちの家に帰ってきたとき、すべては夢だったことがわかります。
そして「青い鳥」(幸福)は家で飼っていたキジバトだったことに気が付くのです。

つまりですね…幸福とは気がつかないだけでごく身の周りに潜んでいるもの。


えーーっと、私の周りにある(?)幸運を探し(佐賀市)に行ってきますw
戻らなくても心配しないでね。



日本 スノードーム 
20151227.jpg


日本の「冬のグリーティング」切手、続きます。
今日は「スノードーム」、中にお家とモミの木が描かれていますね。
星がキラキラ、雪のように降っています。
ロマンティック♪

身内のスノードーム好きさん、見てるーーー?
見てないかw



日本 ポインセチア 
20151226.jpg


今日も日本の「冬のグリーティング」切手。
描かれているのは「ポインセチア」
真っ赤な花が綺麗な冬の定番植物ですね~
真っ赤に色づいた花びらに見える部分は葉っぱなんですって。
本当の花は茎の頂点に付くつぶつぶ状のもので、花びらはないそうです。



日本 クリスマス 
20151225.jpg


日本の「冬のグリーティング」切手、二枚目。
「トナカイの森」が描かれています。
このデザインも素敵ですね。
シルエットで描かれたトナカイが大人っぽい雰囲気です。

いつも拍手をクリックして下さっているあなた!
メリークリスマス!今年もありがとう。来年もよろしくね~。

今日は会社の忘年会でした。
いい感じで酔ってマス。
この行事が終わると今年も終わりだなって思う。
実際には仕事納めは来週なんだけどね。
今年の総括にはまだ早いかw
私の一年の報告は後日に。



日本 クリスマス 
20151224.jpg


今年の12月11日に発行されたばかりの切手です。
「冬のグリーティング」がテーマのシール型の切手。
全部で10種類のシートになっており、冬をイメージし、
様々なシーンで利用できるようデザインされたそうです。

今日は「キャンドル」が描かれています。
優しい色合いですね~
デザインもとてもかわいいです。



アメリカ 複十字シール 
20151223.jpg


昨日の複十字シールのペア。
今日は女の子が飾り付けをしています。
色合いが違うと雰囲気も変わりますね。

連なるとこんな感じ ↓

20151223-1.jpg



アメリカ 複十字シール 
20151222.jpg


アメリカの複十字シール。
やっぱりかわいいわ。
複十字シールに使われているマーク『 』(ロレーヌ十字)を、
ツリーに吊るそうとしているみたいですよ、この男の子。

良いアイディアですね。
でもちょっと大きいような気がするw



アメリカ 複十字シール 
20151221.jpg

昨日の複十字シールのペア。
今日の女の子もかわいい。
もしかして、昨日の男の子とのプレゼント交換?
仲良し、いいなぁ。
連なるとこんなの ↓

20151221-1.jpg



アメリカ 複十字シール 
20151220.jpg


こんばんは!
昨日のスマホのショックからまだ立ち直れていないmochaですw
今日もずっと新しいスマホと格闘していましたが、
今まで何をお気に入りにブックマークしていたか思い出せません。
ショックで記憶が無くなってしまったのだろうか?

この複十字シールのかわいい男の子を見ていると癒されますね。
考えようによっては、年末年始のお休みに入る前に、
新しいスマホに変更できてよかった。
って思うしかありません…



ノルウェー クリスマス 
20151219.jpg


ノルウェーのクリスマス切手、昨日のペア。
「Rosa canina」とは「イヌバラ」のこと。
果実はローズヒップです。
ゲーテの詩「野ばら」のモデルとしても知られているそうです。

今朝、昨日まで何ともなかったスマホが操作できなくなりました。
私、日曜日を除いて6時半にアラームをスマホに設定しているのです。
今朝は操作不能になったスマホのアラームが止められなくて、
鳴り響くアラームにオロオロ…という散々な休日の目覚めになりました。
結局、強制終了(電源OFF)したんですけどね。

そこでauショップに朝一で駆け込んだんです。
年末なので修理に時間がかかるため機種交換することに。
待ち時間も合わせて終わったのは2時間後…
疲れた…何とかショップのスタッフさんがアドレス帳は復元して下さってホッとしました。
しかし!今までの登録サイトやお気に入りのブックマークは全てやり直し。
過去の旅行で行ったお店や観光した場所やアクセス情報、
これから行きたい場所もたくさんブックマークしてたんだけど。

画面操作が出来ないため、メールも全て読めません…
お友だちや家族・親戚のメールや、
旅行を予定している交通機関・ホテルの予約完了のメール。
ぜーーんぶ。

私の思い出、さよなら。

皆さまも気を付けてくださいね。
バックアップをお忘れなく。



ノルウェー クリスマス 
20151218.jpg


1980年にノルウェーから発行されました。
「Sorbus aucuparia」とは「セイヨウナナカマド」のこと。
北欧神話によれば雷神トールが増水した河を渡るとき、
このナナカマドに助けられたとされるそうです。
魔術的な物を避けるお守りとして神聖視されていたんですって。

この切手、よく見て下さーい。
どうやら刺繍されているようですよ。



アメリカ 複十字シール 
20151217.jpg


今日もアメリカの複十字シールですよーー。
このシール、すっごくかわいい!
プレゼントのお礼にサンタさんにキスかな?
何をもらったんだろ?



アメリカ 複十字シール 
20151216.jpg


またまたアメリカの複十字シール。
他の国、もっとガンバレ!

世界のほとんどの宗教はろうそくの明りの下で敬虔な祈りを捧げます。
キリスト教も例外ではありません。
クリスマスに灯されるキャンドルはこの世を照らす光=イエスさまの象徴でもあり、
その光を受けて生きていくべきキリスト者の生き方の象徴でもあるそうです。

また、教会で使われるろうそくは働き蜂(処女の蜂)が作り出した蜜蝋から作られます。
蜜蝋はイエスさま、そして聖母マリアさまの純潔の象徴でもあるんです。
照明として用いるというよりは礼拝する上での象徴的意味の方が強いのですね。



ノルウェー 複十字シール 
20151215.jpg


ノルウェーの複十字シール。
ヒイラギのリースとコマドリが描かれているのかな。
どちらもシルエットで描かれており、ちょっと大人の雰囲気のデザインですね。

ヒイラギは常緑樹で終わりのない命の象徴とされています。
そして、ヒイラギの葉の刺がイエスさまのイバラの冠を連想させるため、
クリスマスリースに使われることが多いそうです。

イエスさまが磔刑にされた時、心を痛めたコマドリが来て慰めの歌を歌い、
イエスさまの頭に被せられたイバラの冠から トゲを引き抜きました。
すると、トゲの先からイエスさまの血がしたたり落ち、コマドリの胸を濡らしたのです。
その時からコマドリの胸は赤くなったと言い伝えられています。
また、コマドリは「新年の魂」を宿しているとされていることからも、
クリスマスカードやクリスマスの切手によく描かれるんですって。



アメリカ 複十字シール 
20151214.jpg


あら、またアメリカのだ。
しかも今日の複十字シールも音楽隊のようですね。
天使の音楽隊、カワユス。



アメリカ クリスマス 
20151213.jpg


アメリカのクリスマス切手、最後の一枚。
今日の切手も素敵です。
このシリーズはサブタイトルが「音楽隊」というだけあって、
楽器を奏でるトナカイやサンタさんが登場する楽しいデザインです。
色合いも美しいですね。



アメリカ クリスマス 
20151212.jpg


三枚目のアメリカのクリスマス切手。
今日のサンタさんもノリノリですね~
ローラスケート乗ってます。



アメリカ クリスマス 
20151211.jpg


アメリカのクリスマス切手、二枚目。
今日も楽しいデザインです。
大太鼓(?)を叩く度に音が☆になって夜空に…
なんて、ロマンティックですね♪



アメリカ クリスマス 
20151210.jpg


2003年にアメリカから発行されました。
全部で4種類、シール型の切手です。

カラフルでとっても楽しいデザインですね~
このトナカイ、左右の角の長さが違うようですが大丈夫でしょうか?
なんだか気になります。



アメリカ 複十字シール 
20151209.jpg


昨日のペア。
こちらはクリスマスっぽいですね。
ちょぴり、レトロな雰囲気も良いと思います。


2枚連なるとこんな感じ ↓


20151208-1.jpg

やっぱりなんだか不思議。



アメリカ 複十字シール 
20151208.jpg


アメリカの複十字シール。
なんだかほのぼのするようなデザインですね。



オーストリア クリスマス 
20151207.jpg


1996年にオーストリアから発行されました。

イエスさまは馬小屋で生まれたとされていますが、
「ルカ福音書」によると馬はこの場にはおらず、
代わりに牛とロバがいたらしいです。
この切手でも牛とロバが登場していますね。

宗教色が強いデザインのように思いますが、
ツリーがあったり、ハートや天使のオーナメントが飾られていたり、
なかなか興味深いデザインですね~



ジャマイカ クリスマス 
20151206.jpg


1979年にジャマイカから発行されました。
これもクリスマス切手なんですよ。
ほら、切手の上の方に「CHRISTMAS」って書いてあるでしょ。
「International Year of the Child」ともあるので、
国際児童年の関連かもしれませんね。



韓国 複十字シール 
20151205.jpg

昨日の複十字シールのペア。
色合いが違うとイメージも変わりますね。

2枚連なるとこんな感じ↓

20151205-1.jpg


複十字シールに使われているマーク『 』(ロレーヌ十字)は、
十字軍が自軍の盾の紋章として使用していたことから平和のシンボルとされました。
その後、世界共通の結核撲滅・予防運動のシンボルマークとなったそうです。



韓国 複十字シール 
20151204.jpg


複十字シール運動ってご存知でしょうか?
結核予防を目的に世界の各国で行われています。
募金をした人に複十字シールを渡し、そのシールを使ってもらうことで
結核予防思想の普及を促進するという運動です。

1903年にデンマークでクリスマスシールとして始められました。
その当時、世界中で死亡原因上位とされていた結核を
撲滅・予防するための募金手段として複十字シールが考案されたんですって。
日本でも1952年(昭和27年)より結核予防会から発行されています。

今日は韓国の複十字シール。
とてもかわいいですね。
クリスマス切手とはまた違った雰囲気です。



イタリア クリスマス 
20151203.jpg


イタリア切手、三枚目。
かわいい、☆がクリスマスっぽいですね。
ゆりかごがゴージャスで素敵です。



イタリア クリスマス 
20151202.jpg


イタリアのクリスマス切手、二枚目。
今日の切手も美しいです。
「gloria in excelsis deo」とは昨日の言葉と同じく、
新約聖書の「ルカ伝」第2章14節に見られる言葉で、
「いと高き処、神に栄光あれ」という意味だそうです。



..