ポーランド 野菜 
20150831.jpg


今日、8月31日は「野菜の日」
誰が決めたん?って思ったら…

全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が1983年に制定。
「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せ。

とのことでした。

では野菜の切手をupしようとストックブックを探したら、ありましたよ~
1966年にポーランドから発行された切手です。



ウルグアイ エキスポ 
20150830.jpg


1970年にウルグアイから発行されました。
「大阪エキスポ」の記念切手。

日本に因んだ切手を見つけると、なんだか嬉しいですね。
身近な国のように思い、親しみが湧きます。

この切手は「切手の切手」でもありますね。
色合いも好きです。



ポリネシア 音楽 
20150829.jpg


1958年にフランス領ポリネシアから発行されました。

昼間はまだまだ暑いものの、
朝晩はかなり過ごしやすくなりましたね。
今年の夏は40度近くになることもあり、「早く終わってくれ!」とずっと願っていましたが、
秋の気配が感じられるとなんだか寂しい気がします。
なので今更ですが、夏らしいデザインの切手をup。
心地よいギターの音色が聞こえてきそうです。



スイス 紋章 
20150828.jpg


1981年にスイスから発行されました。
色合いが素敵ですよね。
左上にあるのはsolothurnの紋章、隣にスイスの国章もありますね。
「solothurn(ゾロトゥルン)」は、スイス最大のバロック様式の都市と呼ばれているそうですよ。
旧市街は1530年から1792年にかけ建設され、イタリア、フランスの影響、
スイスの観念が組み合わされた建築様式を見せているんですって。



トルコ 地球 
20150827.jpg


今日も油井さん気分を味わいましょう。
昨日の切手と色違い。
赤色はさらにチープ感が増しますね!
かわいいですけど。



トルコ 地球 
20150826.jpg


1959年にトルコから発行されました。
こんなレトロな感じの切手、大好きです。
紙もなんとなくチープな雰囲気で。
でもデザインはかわいいの。

宇宙から地球を見る…油井さん気分を味わえる切手ですw



日本 ムーミン 
20150825.jpg


ムーミン切手、最後の一枚。
トリを飾るのはムーミンシリーズのヒロイン、スノークのおじょうさん。

スノークはスノークのおじょうさんのお兄さん。
二人はスノーク族であり、ムーミン一家とは少し異なった種族です。
スノーク族のいちばんの特徴は、気分に応じて体の色を変えること。
動揺すると、スノークのおじょうさんは淡い緑色に変化します。

へぇ~気分によって体の色が変わるんだ。
私もそうなったら面白いなぁ。お得意さまから無茶を言われると緑色に変身。
そうなったら、もう少し労わってもらえるかもしれないw

この切手、どれもかわいかったですよね。
もったいなくて使えないパターン…
全体像はこんなの ↓
切手部分の余白にそれぞれのトレードマークが描かれています。
ニョロニョロも登場~

20150825-1.jpg



日本 ムーミン 
20150824.jpg


ムーミン切手…ムーミントロール、またお前か…
五度目…

そう言えば、ちょうど今、ムーミンの作者であるフィンランド生まれの画家、
トーベ・ヤンソン(1914-2001)の生誕100周年を記念した大回顧展が
あべのハルカス美術館で開催されています。

私も行きましたよ。
ムーミンシリーズの原画やその他の作品、家族との写真などが展示されていて、
楽しく、見ごたえのある良い展覧会でした。

でもね、生誕100周年って去年なんです…
このムーミン切手も今年の発行だし…
昨年、ムーミン好きな研究者さんとコラボして、大々的にアピールの予定が、
予想外の展開になり、ほとぼりが冷めた頃にって流れなんだろうか…

*私の勝手な想像です。



日本 ムーミン 
20150823.jpg


ムーミン切手、あと少し。
今日はムーミントロール最愛のムーミンママ。

しましまのエプロンと、ハンドバッグがムーミンママのトレードマークですが、
そのハンドバッグの中には、緊急時に備えてたくさんのもの(乾いたくつ下、
胃薬、キャンディーなど)が入っています。
このハンドバッグを失くしたときには、まあ大変。
ムーミンママの人生がまるでひっくり返ったかのよう。
みんなも大騒ぎになります。

大阪のおばちゃんもいつも飴ちゃん持ってるらしい。
意外な共通点w



日本 ムーミン 
20150822.jpg


ムーミン切手、四度目のムーミントロール登場。

ムーミンは、 ムーミンママをだれよりも愛しています。
ムーミンママに解決できない問題はありません。
冒険心いっぱいのムーミンパパは、新しい冒険の旅に出る口実をいつも探していますが、
ムーミンは、そんなムーミンパパをとても尊敬しています。
しかしスノークのおじょうさんというガールフレンドができたときには愛はときに切なく、
また悲しい気分にさせるもの、と悟りました。

スノークのおじょうさんと何があったのか…
女心を理解するのはムーミンには、まだちょっと早いのかな?



日本 ムーミン 
20150821.jpg


ムーミン切手、続いています。
今日はムーミンパパが描かれています。

ムーミンパパもまた夢想家で、ウイスキーをたしなみ、怪しげな友達と集まったり、
人生についての自らの思索を日記に書き記したりもします。
海を心から愛するムーミンパパは、自らが熟練の船乗りで漁師であると信じています。

シルクハットとステッキがトレードマークですよね~
お仕事は漁師だったっけ?



日本 ムーミン 
20150820.jpg


ムーミン切手、またまたムーミントロールの登場です。
三度目w

好奇心旺盛で人当たりの良い男の子。
彼にとって世界は楽しくて不思議なことでいっぱい。
海で石や貝殻を拾い集めるのも大好きです。
ムーミン一家の誰もがそうであるように、ムーミンは海をこよなく愛しています。
ムーミンの親友は、思索家で放浪の詩人スナフキン。

ですって。
すくすく素直に育った子って感じですね~



日本 ムーミン 
20150819.jpg


ムーミン切手、まだまだ続きます。
出ました!スナフキン、カッコいいですよね~

思索を好む放浪者。ハーモニカを吹き、釣りをし、世界中を旅します。
身軽に生きて行くことを好むスナフキンの荷物は、リュックサックひとつのみ。
必要なものが全て入ったこのリュックサックをもって、どこへでも出かけます。

素敵。
惚れてまうやろ~



日本 ムーミン 
20150818.jpg


今日もムーミン切手。
初日に続いてまたムーミンが描かれています。

なんだか後ろ向きなのがちょっと気になりますが…
ムーミントロールという名前だってことご存知でした?

ムーミンとはファミリーネームでもあり、
ムーミン谷など土地の名前でもあるんですね。



日本 ムーミン 
20150817.jpg


ムーミン切手、二枚目。
「リトルミイ」が登場です。

小さいころからムーミンのアニメはよく見ていましたが、
細かい設定の記憶があやふやで…
この機会に(?)ちょっと確認しておきましょう。

リトルミイは真夏の夜に生まれ、ある時ムーミン一家の養女になりました。
ミムラ夫人が母親で、 スナフキンは彼女の異父兄弟。 ミムラ姉さんとは姉妹の間柄。
オレンジ色の髪と頭の上のタマネギ型のおだんご、そして赤いドレスがトレードマークです。
リトルミイは勇敢で怖いもの知らず、 秘密や事件が大好きです。

そうだったんだ…ってことはムーミンの妹ってこと?
子ども向けのアニメなのに、色々な事情があるんですね。



日本 ムーミン 
20150816.jpg


今年の5月1日に発行された「ムーミン」切手をupします。
全部で10種類、シール型の切手です。

ムーミンを題材とした記念切手の発行は、フィンランド以外の国・地域ではこれまでなく、
今回のグリーティング切手「ムーミン」の発行が初めてだそうです。



モナコ 鳩 
20150815.jpg


1998年にモナコから発行されました。
色合いが美しいですね。


本日、70回目の「終戦の日」を迎えました。
「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」

毎年、同じコメントを書いてます。

一日でも早く世界中が平和になりますように。

いつの日か「平和な世界で良かった」と書ける日が来るように祈りつつ。



チェコ 鳩 
20150814.jpg


1994年にチェコから発行されました。
カラフルでとてもかわいい。
一生懸命にお手紙を配達しています。



オランダ 鳩 
20150813_201508141908500da.jpg


1975年にオランダから発行されました。
テーマは「国際婦人年」

国際婦人年(International Women's Year)とは、
1975年6月に国際連合が女性の地位向上を目指して設けた国際年。

女性たちが、平和と安全、開発における役割の拡大、
組織やコミュニティーにおける地位向上などによって、
どこまでその可能性を広げてきたかを確認すると同時に、
今後のさらなる前進に向けて話し合う機会として設けた記念日だそうです。

平和についても語るのですね。
それで鳩なんですね~
かわいいデザインだと思います。



フィリピン 鳩 
20150812.jpg

昨日の続き。
今日はバスケットボールが描かれていますね。
よく見るとトロフィーも。
そして下に「sport 2005」とロゴがデザインされています。
この年に何か国際的なスポーツのイベントでもあったのでしょうか?
鳩と国連とスポーツ、盛り沢山です。


全体像はこんなの ↓

20150812-1.jpg



フィリピン 鳩 
20150811.jpg


2005年にフィリピンから発行されました。
切手が3種類で一枚の小型シートになっています。
発行テーマは「国連設立60周年」
…ということは今年は70周年ですね。

スタジアムと様々なスポーツ用具、そして色々な民族が描かれています。
聖火らしきものもありますね。
平和の祭典でもある、オリンピックかな。



スロヴァキア 鳩  
20150810.jpg


昨日の切手の色違い。
同じデザインの色違いを並べるのが大好きなんですよ~
色によって雰囲気ががらりと変わるのが面白いのです。
昨日の色と比べて、なんだか柔らかい印象になったような気がする…

日本でもあるといいなぁ。
最近の切手では、そんなパターンはないですよね。



スロヴァキア 鳩 
20150809.jpg


1942年にスロヴァキアから発行されました。
下の方の一番手前の紋章はスロヴァキアの国章です。
実際には赤い盾に青い3つの丘と白い複十字が描かれています。

白・赤・青は汎スラヴ色といわれ、スラヴ民族を象徴しており、
二重十字(総主教十字)はビザンツ帝国由来の正教会のシンボル。
3つの丘は、タトラ、ファトラ、マートラ(マートラは現在ハンガリー領内にある)の三山を象徴しています。
この三山はスロバキアを象徴する山だそうです。

長崎は9日、原爆が投下されてから70年の節目となる「原爆の日」を迎えました。
今日、甲子園で長崎代表の創成館は初戦を迎えましたね。
原爆が投下された11時02分、創成館は試合開始直前で黙祷を捧げたそうです。
試合は創成館が強豪の天理からサヨナラ勝ち、劇的です。



ブルガリア 鳩 
20150808.jpg


1984年にブルガリアから発行されました。
とてもカラフルでかわいい。
絵本の挿絵っぽいですね。



ブルガリア 花 
20150807.jpg


昨日の切手と一緒に発行されたものです。
鳩は登場していませんが…
ヘルメットの裂け目からマーガレットが咲いていますね。
昨日は銃に鳩が留まっていました。
シンプルなメッセージですね。



ブルガリア 鳩 
20150806.jpg


1995年にブルガリアから発行されました。
本日、8月6日、広島は70回目の「原爆の日」を迎えました。
広島市中区の世界遺産・原爆ドーム前を流れる元安川で、
犠牲者を悼む灯籠流しがありました。
今年は節目の年ですね~



ルーマニア 鳩 
20150805.jpg


1992年にルーマニアから発行されました。
たくさんの鳩が世界中からお手紙を配達しています。
ちょうどルーマニアがある場所(たぶん)に投函されていますね~。



オーストラリア 鳩 
20150804.jpg


1983年にオーストラリアから発行されました。
カラフルな色合いが良いですね。
鳩に手を差し伸べているデザイン、けっこう多いです。
手に入りそうで入らない…平和ってそんな感じ?



アルゼンチン 鳩 
20150803.jpg


1957年にアルゼンチンから発行されました。
今日の鳩はお手紙を配達中。
青空を伸び伸びと飛んでいますね。
きっと良い知らせなんでしょう~



フィリピン 鳩 
20150802.jpg


1950年にフィリピンから発行されました。

この切手を見る度に思いますが、鳩の表情がかわいいですよね~

鳩が嘴にオリーブをくわえていますね。
「旧約聖書」の一節に「神が起こした大洪水のあと、
陸地を探すためにノアの放ったハトがオリーブの枝をくわえて帰ってきた。
これを見たノアは、洪水が引き始めたことを知った」とあります。

この一節に基づき、オリーブの枝は鳩とともに平和の象徴とされるそうです。



..