日本 東海道新幹線 
20150630.jpg


1964年に発行されました。
「東海道新幹線開通」の記念切手。

本日、東海道新幹線の車内で痛ましい出来事がありました。
私も身内もお友だちも東海道新幹線にはよく乗車するので、
今回の事は他人事ではありません。

運転士の男性はJR小田原駅まで車両を運転し乗客を降ろした後、
体調不良を訴えたため、小田原駅から救急搬送されたそうですね。
被害に遭われた方たちや運転士の方にお見舞いを申し上げるとともに、
一日も早い回復を祈ります。



国連 輪になって踊ろう 
20150629.jpg


1998年に国連から発行されました。

楽しそうに踊ってますね。
輪の中心には国連のロゴマークが…
とても素敵なデザインだと思います。



セネガル 民族衣装 
20150628.jpg


1966年にセネガルから発行されました。

穀物を脱穀しているのでしょうか~
カラフルなドレスと同系色のスカーフが素敵。
女性の腰の上に見えるのは、もしかして赤ちゃん?
「母は強し」ですね。



東ドイツ ダンス 
20150627.jpg


東ドイツの切手、詳細は不明です。

お休みの土曜日は楽しすぎて…
そんな良い気分のまま、選んだのはやっぱり楽しい切手。
お祭りなんでしょうか~?
民族衣装の男女が踊っていますね。



フランス ジャンボリー 
20150626.jpg


1947年にフランスから発行されました。

「ジャンボリー」の切手、まだありました。
ボーイスカウトのロゴとロープの結び目がデザインされていますね。
フランスらしく、シックで素敵な切手です。



リビア キャンプ 
20150625.jpg


1966年(たぶん)にリビアから発行されました。
どこかに行きたいモード、継続中。
この切手、なんか楽しそうって思ったら「ジャンボリー」だって。
ジャンボリーとはボーイスカウトのキャンプ大会だそうです。

世界スカウト機構という世界で3,000万人が参画する青少年運動組織があり、
4年に1度、世界スカウトジャンボリーというイベントが開催されるんですって。

そして!2015年7月28日から8月8日まで、山口県・きらら浜で、
第23回世界スカウトジャンボリーが開催されるそうです!
もうすぐですね。世界162の国と地域から約3万人の青少年が集まり、
約2週間にわたって、キャンプをしながら「世界の仲間」と体験を共有だって。

楽しそう~素晴らしい経験になると良いですね。



ポーランド 飛行機 
20150624.jpg


1975年にポーランドから発行されました。

先日、パスポートの更新をしました。
新しく交付されたパスポート、早く使いたいです。
飛行機に乗りたい…予定ないけど。
本を読む度、登場する場所に行きたくなって…いつか行くリスト作成中w

この切手の発行テーマは「乗物」ではなくて「エアメール」
貨物室にたくさんのお手紙が積まれているのかな。
すっきりとしたデザインでカッコいいですね。



琉球 琉球舞踊 
20150623.jpg


1960年に琉球から発行されました。
琉球政府(りゅうきゅうせいふ、英: Government of the Ryukyu Islands)は、
1952年(昭和27年)から1972年(昭和47年)まで、沖縄本島を中心に存在した統治機構の名称。
1972年(昭和47年)に沖縄県が日本に返還された際に消滅しました。

今日、6月23日は沖縄の全戦没者を追悼する「慰霊の日」。
ニュースでも目にしましたね。
この切手はアメリカ合衆国による沖縄統治時代に発行されたもので、
額面が円でないことに改めて感慨を覚えます。
伝統的な琉球舞踊が描かれていて、美しい切手だと思います。



ベルギー 卵を食べましょう 
20150622.jpg


1977年にベルギーから発行されました。
発行テーマは「Egg promotion 」、「卵を食べましょう」ってこと?

ご心配なく!
私、卵が大好き。
ランチでおうどんを食べる時には必ず卵をトッピングします。
その上、夕食にも卵が登場するパターン多し…
食べ過ぎかもね。



アメリカ バスケットボール 
20150621.jpg


1961年にアメリカから発行されました。
カナダ出身の体育教育者で、バスケットボールの考案者である、
「James Naismith(ジェームス・ネイスミス)の生誕100周年」の記念切手。
スポーツを通しての青年育成と社会貢献に生涯取り組んだ方だそうです。

躍動感あふれるデザインですね。
カッコいいです。

さて、先週、「国際バスケットボール連盟(FIBA)は19日、
スイスで常務理事会を開き、昨年11月に日本協会に科した、
無期限の国際試合出場停止処分の解除を決めた。」とのニュースがありましたね。

取りあえずは良かった。
処分を受けた時の選手の方たちの心情を思うと、胸が痛みます。
心機一転、頑張ってほしいです。



タイ 歯医者さん 
20150620.jpg


1998年にタイから発行されました。
「アジア太平洋歯科学会」の記念切手。

今日のランチで美味しく楽しくチキンを食べている時、歯の詰め物が取れました…
あ~あ、また歯医者さんに行かなくては。
この切手、歯の上に治療用の器具がデザインされていますね。
この器具が恐怖なんです~

でもまぁ、今日upする切手がすぐに決められてよかった。



サンマリノ デザイン 
20150619.jpg


1972年にサンマリノから発行されました。
クールヴォワジェ社の制作です。

どうやらエアメール用の切手らしい。
悠々と青空を突っ切って運ばれるというイメージでしょうか。

私、今週も頑張った。
なんとなく疲れたな~って思う夜。

…なんて。
さっきまでなんとなくどんよりとした気分だったのですが、
このすっきりとした美しい色合いを見たら明日が楽しみになってきましたぁ!



韓国 乗物 
20150618.jpg


韓国の乗物切手、最後の一枚。
これは人が担いで移動するパターンですね。
足置きもありますね。
このシリーズは切手の形も面白いし、背景にうっすらと吉祥文様が描かれていて、
シンプルなデザインが格調高く感じます。

全体像はこんなの ↓

20150618-1.jpg




韓国 乗物 
20150617.jpg


韓国の乗物切手、続きます。

週に1回はランチに行っている定食屋の店主さん、
今、韓流ドラマにハマっているらしい。
昨日、店内にあるテレビで韓流ドラマの放送が流れていましたが、
その中で高貴な方がこんな乗物に乗っておられました。



韓国 ねこぐるま 
20150616.jpg


韓国の乗物切手(?)、二枚目。
この乗物は「ねこぐるま」と呼ばれるもの。

語源は猫のように狭いところに入ることが出来ることから来ているという説もあれば、
また猫のようにゴロゴロと音を立てることを起因するとする説があるようです。

一応、高貴な方の乗物だそうです。



韓国 乗物 
20150615.jpg


2003年に韓国から発行されました。
全部で4種類。
これは何でしょう~?
発行テーマは「Culture」とのことですが、文化とか伝統とか工芸とか…
詳しくはわかりませんが、高貴な方が乗られる輿かもしれませんね。



ビオコ島 フラメンコ 
20150614.jpg


1960年にスペインから…じゃなくてビオコ島から発行されました。
ビオコ島はアフリカ大陸中西部のギニア湾にある火山島。
赤道ギニア領だそうです。

1472年にポルトガル人フェルナン・ド・ポー (Fernão do Po) によって発見され、
フェルナンド・ポー島と命名されたんですって。
切手の表記もその頃のものですね。
その後、ブラジルの権利を譲り受けることと引き換えに、アフリカ本土海岸の一部(リオムニ)の権利と
ビオコ島の領有権をスペインに譲渡したそうです(エル・プラード条約)。

きっとフラメンコが描かれているのだと思いますが、
情熱的…メラメラしてますね!
フラメンコじゃなかったらすみませーーん。



メキシコ 青空 
20150613.jpg


1972年にメキシコから発行されました。
発行テーマは「環境保全」らしいw

でもこの切手を見る度に一番思うことは「美しい青空だな~」ってこと。
鳥も気持ち良さそうにしていますね、私も癒されます。
建造物(?)の飾りなんでしょうか~お顔がかわいいです。



フランス 宝石 
20150612.jpg


1969年にフランスから発行されました。
「節水」がテーマのようですが、ゴージャスな宝石が印象的ですね。



カナダ ジューンベリー 
20150611.jpg


カナダ切手、今日で終り。
最終日に…やっと…
このシリーズはベリー系をデザインしているのではないかと気付きました。

今日のベリー系は「Saskatoon Berry(サスカトゥーンベリー)」、
ジューンベリーとも言われています。

繊維質やたんぱく質、ビタミンC,鉄分、カリウム等の栄養価がブルーベリーよりも高く、
また色素のアントシアンによる抗酸化活性効果があるという研究データがあるそうですよ~



カナダ 熊苔桃 
20150610.jpg


カナダ切手、もうすぐ終わり…
今日は「Kinnikinnick」とは熊苔桃(クマコケモモ)。

「Kinnikinnick」とはネイティブアメリカンたちの言葉で「いぶす為のもの」という意味。
葉はタバコとして使われていたそうですよ。

葉には強い殺菌作用があり、尿路殺菌剤として用いることがあるんですって。
日本薬局方に生薬「ウワウルシ」として収録されていて、
最近では、メラニン抑制効果が認められたことから、化粧品に配合されることが多いそうです。

植物の世界は奥が深いですね~
昔の人はこんな作用をどうやって発見したのでしょう。



カナダ ブラックラズベリー 
20150609.jpg


今日もカナダ切手。
「Black Raspberry(ブラックラズベリー)」が描かれていますね。

ブラックラズベリーは古代ギリシャ時代からの歴史があるそうです。
果実は生のままでも食べられますが、若干酸味があるのでジャムやジュース、
パイなどの材料にも良いですね。
下痢の抑制効果やのどの炎症を抑えるなどの効果があるそうです。

俗説ですが、ベリー系は「目にいい」ともよくいわれ、
更にブラックラズベリーでは歯茎の出血を抑える効果もあるんですって。

なんだか、素晴らしい食べ物に思えてきました!



カナダ ローズヒップ 
20150608.jpg


カナダ切手、続きます。
今日は「Rose Hip」、ローズヒップですね。
名前の通り、赤いのですね。

ローズヒップは「ビタミンCの爆弾」と言われるほど豊富にビタミンCを含んでいます。
ビタミンCは紫外線の影響を抑え、コラーゲンの生成と保持を助け、肌の再生を促してくれるそうですよ。
他にも鉄分やリコピン、カロテン、カルシウムなどが豊富に含まれてるんですって。
私も飲まなくては。



カナダ 岩高蘭 
20150607.jpg


カナダ切手。
「Black Crowberry」とは岩高蘭のこと。
日本でも北海道と本州の高山帯に自生しています。

甘味があって、生でも食べられるんですって。
ジャム・果実酒にも使われるそうです。



カナダ 野イチゴ 
20150606.jpg


カナダの切手、普通切手っぽいですね。
全部で6種類。

カナダの公用語は英語とフランス語。
左上の文字を見て下さいね。
「Wild Strawberry」は英語、「Fraise Sauvage」はフランス語。
どちらも野イチゴという意味です。



イギリス ウィリアム・キャクストン  
20150605.jpg


ウィリアム・キャクストン切手、最後の一枚。
キャクストンが出版したとされる本は108あり、重版を除くと87タイトル。
キャクストン自身が翻訳したのは26タイトルだそうです。
多才な人物だったのですね。



イギリス ウィリアム・キャクストン  
20150604.jpg


今日もイギリスのウィリアム・キャクストン切手。
今日はチェス盤が描かれていますね。
私、チェス切手も好きで蒐集対象。
チェス切手って洗練されたデザインが多いような気がします。

切手の下の部分に1476とありますね。
ウィリアム・キャクストンがウェストミンスターで印刷会社を設立した年だそうです。



イギリス ウィリアム・キャクストン  
20150603.jpg


イギリスのウィリアム・キャクストン切手、二枚目。
色合いがシックで素敵、文字も挿絵(?)も美しいですね。
キャクストンはイギリスで初めて印刷機を導入して印刷業を始めた人物とされているそうです。
また、イギリス人として初めて本を出版して小売りした人物でもあるんです。
当時のロンドンで出版物の小売りを手がけていたのは、
フランドル人やドイツ人やフランス人ばかりだったんですって。



イギリス ウィリアム・キャクストン 
20150602.jpg


1976年にイギリスから発行されました。
イギリスの商人、外交官、著作家、印刷業者である、
ウィリアム・キャクストン(William Caxton、1415-1422年ごろ - 1492年3月ごろ)の記念切手。
全部で4種類です。

今日の切手のデザインは出版した本の挿絵じゃないかなって思ってます。
背景の色も良いですね。人物と馬もカッコいい。



東ドイツ 顕微鏡 
20150601.jpg


1964年に東ドイツから発行されました。
はっきりとした色合いとアカデミックなデザインが印象的ですね。
大学の講義?学会の発表?
どんな場面なんでしょうか~?



..