スイス ステンドグラス 
20140228.jpg


スイスのクールヴォワジェ社切手、最後の一枚。
一番ステンドグラスっぽいですね。


「HELVETIA」はスイス (Switzerland) のラテン語名。
郵便切手にはこのように表示されています。



スイス ステンドグラス 
20140227.jpg


スイスのステンドグラス切手、三枚目。
今日はキツネですね。
赤いキツネ…まさか緑のタヌキはいませんよねw



スイス ステンドグラス 
20140226.jpg


昨日の続き、スイスのステンドグラス切手。
鶏、かわいい~
色合いもいいですね。



スイス ステンドグラス 
20140225.jpg


1971年にスイスから発行されました。
全部で4種類、クールヴォワジェ社の制作です。
色合いの美しさはさすがですね。


詳細はわかりませんが、
たぶんステンドグラスだと思います。



ソ連 オリンピック 
20140224.jpg


ソ連から発行されました。
1976年、インスブルックオリンピックの記念切手。


終わりましたね~
なんだか寂しい気持ちとやっと寝られる…との複雑な気持ちです。
オリンピックが4年に一度でよかった。
毎年あったらお仕事できないw


世界中のトップスリートが競う中でメダルを獲得するって大変なことですよね。
4年に一度のこの時期に自分のピークを持ってこないといけない。
故障したり体調を崩したら終わり…天候や風の影響も受ける。
実力ももちろん必要ですがそれ以上に運の要素が強い気がします。
しかも採点競技だったら採点者の傾向もありますし…


今回の日本選手団は金1銀4銅3の合計8個。
それぞれ素晴らしいパフォーマンスだったし、同じ日本人として誇りに思います。


メダルを逃した選手たちの健闘も称えます。

特に印象的だったのは上村愛子選手の清々しい笑顔。
悔いのない演技をされたのでしょうね。

高梨沙羅選手はすごいプレッシャーの中で4位入賞ですよ。
まだ17歳、彼女の競技人生はこれから。

そして真央ちゃん、本当にお疲れさま。
真央ちゃんの目指していたフリーの演技が出来てよかった。
ドラマティックな展開でしたね~
スポーツを見てこんなに泣いたのは初めてっていうくらい泣きました。


他にもたくさんいらっしゃいますが、まあ今日はこの辺で。



カメルーン オリンピック 
20140223.jpg


カメルーンから発行されました。
1968年のグルノーブルオリンピックの記念切手。


間もなく閉会式が始まりますね。
ピシッとした緊張感がある開会式と違って、
選手たちがリラックスしている姿が垣間見られてけっこう好きです。



ブルガリア オリンピック 
20140222.jpg


ブルガリアから発行されました。
1964年、インスブルックオリンピックの記念切手。


あと数分後に女子チームパシュートの3位決定戦が始まります。
日本vsロシア、ガンバレニッポン!



ブルガリア オリンピック 
20140221.jpg


ブルガリアから発行されました。
1964年、インスブルックオリンピックの記念切手。


真央ちゃん、よかったですね~
トリプルアクセルを決めてきれいに着氷した途端、涙…
次々とジャンプを決め、美しいスピン、力強いステップ、
ずっとずっと涙は止まりませんでした。
この真央ちゃんのショートとフリーの演技、きっとずっと忘れないと思います。
そして何よりも真央ちゃん自身が納得できる演技で本当によかったです。


メダルを獲得した3人の選手はショートもフリーもほぼノーミス。
とても素晴らしいですね。さすがです。



スペイン オリンピック 
20140220.jpg


スペインから発行されました。
1972年 札幌オリンピックの記念切手。


真央ちゃん、昨晩は寝られたかなぁ…
心配で今日はお仕事どころじゃなかったです。
オリンピックって本当に怖い。
気持ちを切り替えて、フリーではなんとか真央ちゃんのスケートを。
今日は真央ちゃんの笑顔が見られますように。



東ドイツ スポーツ 
20140219.jpg


今日も嬉しいニュースが届きましたね!
スノーボード女子パラレル大回転決勝で竹内智香選手が銀メダル獲得。
おめでとうございます。


オリンピック切手ではないのですが、
なんとなく大回転っぽい?って思ってupしました。


竹内選手、決勝で転倒…とっても残念。
でも終わった後は群馬ーじゃなくて、熊ーじゃなくて、
クマーと笑顔で健闘を称え合っていたのでほっとしました。
22日のスノーボード 女子パラレル回転にも出場されるそうですよ。


そして、今日はフィギュアスケート 女子ショートプログラム。
私、真央ちゃんが大好きなんですよ~
私が出場するわけじゃにのに、なぜか朝から緊張してますw
メダルの色なんてどうでもいい、誰かに勝つとか負けるとかも。
ただ…演技が終わった後、真央ちゃんが笑顔でいられたらそれでいいです。



パラグアイ オリンピック  
20140218.jpg


パラグアイから発行されました。
1972年 札幌オリンピックの記念切手。


昨日、よかったですね~
ジャンプ 男子ラージヒル団体の銅メダル獲得!
夜中、ドキドキしながら見てました。
表彰台やインタビューでの選手たちの涙にもらい泣き…
本当によかった、お疲れさまでした。



スペイン オリンピック 
20140217.jpg


スペインから発行されました。
1968年のグルノーブルオリンピックの記念切手。


アルペン競技がデザインされていますね。
アルペン競技は回転、大回転、スーパー大回転、滑降、複合の5種目に分かれています。


回転…旗門数が多く、細かいカーブを素早く正確に曲がることを要求される種目。
男子は、標高差180〜220メートルで旗門数は55〜75。
女子は標高差130〜180メートルで旗門数は45〜60。
旗門の設定を変えたコースを2回滑り、合計タイムを競う。


大回転…回転に次いで旗門数が多く、カーブを正確に曲がることを要求される種目。
S字を描くように左右に振られる様々なカーブを組み合わせたコースを使用。
旗門設定を変えたコースを1回ずつ滑り、合計タイムを競う。


スーパー大回転…滑降同様に高速で斜面を滑り降りながら、
比較的大きなカーブを曲がることを要求される種目。
基本的に1回の滑りで勝敗を競う。88年カルガリー大会から正式種目となった。


滑降…アルペンの中で最もコースが長く、スピードが速い競技。
男子なら最高時速が140キロに達する。コースは全長約3キロ。
最大斜度30度以上で、標高差は男子が800〜1100メートル、女子は500〜800メートル。
コース途中には2、3カ所のジャンピングポイントも設けられている。基本的に1回の滑りで勝敗を競う。


複合…滑降(スーパー大回転)と回転を1回ずつ滑り、その合計タイムを競う。


アルペン競技、カッコいいですよね~
けっこう好きです。


日本選手が出場する、男子・回転。
アルペン 男子回転・決勝 1本目   2/22(土) の日本時間 21:45、現地時間 16:45
アルペン 男子回転・決勝 2本目   2/23(日) の日本時間 01:15、現地時間 20:15



トーゴ オリンピック  
20140216.jpg


トーゴから発行されました。
1972年 札幌オリンピックの記念切手。


ちょっと欠けてますね。
すみません…


ノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルで
葛西紀明選手が銀メダル獲得!
2回目のジャンプが終わった後、
他の日本選手と抱き合って喜んでいる様子は感動的でしたね。
団体が楽しみです。



日本 スケート 
20140215-1.jpg


オリンピック切手ではありませんが…
日本のフィギュア切手。


羽生結弦選手やりましたね!
フィギュアスケート男子シングル、日本人史上初の金メダルを獲得。
ちょっとハラハラしましたが、良かったです。
まだ19歳、これからもますます強くなっていくんでしょうね~


町田選手、高橋選手、お疲れさまでした。
全員入賞…日本スゴイっす。



スペイン オリンピック 
20140214.jpg


スペインから発行されました。
1968年のグルノーブルオリンピックの記念切手。


ボブスレーかな。
今のそりは流線型でカッコいいのですよ。
最高時速が140kmに達することから「氷上のF1」とも言われてますね。
この切手のそりはちょっとレトロな雰囲気です。



ブルガリア オリンピック 
20140213.jpg


ブルガリアから発行されました。
1964年ってことはオーストリアで開催されたインスブルックオリンピックかな。


昨日のことですが…
ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで渡部暁斗(わたべあきと)選手が銀メダル獲得。
おめでとうございます!
複合と言えば、日本は強いっていう印象があったのですが、
リレハンメルオリンピックから20年ぶりのメダル獲得だったのですね~
これから個人ラージヒルと団体戦もあるので、まだまだ期待がもてますね。



アメリカ オリンピック 
20140212.jpg


こんばんは。
毎日の寝不足でフラフラのモカです。
オリンピック期間は仕方ないですよね~


今日の切手はアメリカのスノーボード切手。
2010年のバンクーバーオリンピックの記念切手です。


スノーボード男子ハーフパイプ、すごかったですね~
15歳の平野歩夢選手が銀メダル、18歳の平岡卓選手銅メダル獲得!
これからどんどん歴史を作っていくことでしょう。
楽しみですね。



スペイン オリンピック 
20140211.jpg


スペインから発行されました。


いよいよ高梨沙羅ちゃんのジャンプ 女子ノーマルヒル!


そしてスノーボード・男子ハーフパイプの決勝~
平野歩夢選手、平岡卓選手が出場されます。


その上、カーリング女子・予選リーグ「日本×デンマーク」も。


更にスピードスケート 女子500m決勝。
小平奈緒選手、辻麻希選手、住吉都選手が出場されます。


どうしましょう~
今夜も寝られそうにありません…
お仕事なんか…もうどうでもいいですw



リヒテンシュタイン オリンピック  
20140210.jpg


リヒテンシュタインから発行されました。
クールヴォワジェ社の制作。
色合いがとても美しいですね。
スピード感も表現されているように思います。


今、スピードスケート 男子500mの決勝を観戦しながら書いています。
日本の選手は4名出場していますが、どのような結果になるのでしょう~



モンゴル オリンピック  
20140209.jpg


モンゴルから発行されました。
1972年札幌オリンピックの記念切手。


今日、アイスホッケー 女子の予選リーグがありましたね。
残念ながらスウェーデンに敗れてしまいましたが、
今後、11日にロシア、13日にドイツと戦って、
上位2チームに入れば決勝トーナメントに進めるそうです。



トーゴ オリンピック  
20140208.jpg


今日もフィギュアスケートの切手。
トーゴから発行された、1972年 札幌オリンピックの記念切手。


ペアとアイスダンスの違いは…


ペアは男女2人でしか表現できない技に重点が置かれる。
演技の中には失敗すると危険な要素も多く、フィギュアスケートの中でも、
最もアクロバティックな競技と言われる。


アイスダンスはペア同様、男女2人で競技されるが、こちらはリフトやジャンプは制限されており、
ステップの技術が中心となる。氷上の社交ダンスとも呼ばれる。


真央ちゃん、楽しみ。
今夜は夜更かしして観戦します。



ユーゴスラヴィア オリンピック  
20140207.jpg


ユーゴスラヴィアから発行されました。
1968年のグルノーブルオリンピックの記念切手。


フィギュア団体戦の予選が始まりました。
羽生選手、さすが。
ペアのお二人のフレッシュな演技も良いですね。



フランス オリンピック 
20140206.jpg


いよいよソチオリンピック開幕ですね!
選手の皆さまの健闘を祈り、オリンピック切手をUPします。


1990年にフランスから発行されました。



ご当地フォルムカード 
20140205.jpg


石川県の第三弾ご当地フォルムカード「兼六園」


歴代の加賀藩主によりつくられた兼六園。
園内は豊かな四季を感じさせ、多くの人々を魅了する。
水戸偕楽園、岡山後楽園と並ぶ日本三名園のひとつ。


ご当地フォルムカードのHPより。


テレビで雪のニュースをする時はよく映りますよね。
雪害から樹木を守るため、 毎年11月1日 から雪吊りが実施されています。
今日はとても寒かったので、今頃は雪が積もっているかもしれません。



ご当地フォルムカード 
20140204.jpg


山口県の第一弾ご当地フォルムカード「ふく(ふぐ)」


竪穴式住居に暮らし農耕技術を知らなかった縄文時代から、
日本人はフグを食べていました。日本各地にある貝塚からは、
貝だけでなくスズキやタイ、カツオと共にフグの骨がたくさん発掘されています。
山口県下関市はフグの本場として知られていますが、それは1888年(明治21年)、
時の総理大臣・伊藤博文のひと声で、フグ食先駆けの地となったといわれています。


ご当地フォルムカードのHPより。


ちなみに伊藤博文のひと声とは…「下関のふくには毒を見ず」ですって。
この一言により全国に先駆けて、下関で河豚食が解禁されました。
それまでは食用禁止だったそうです。



ご当地フォルムカード 
20140203.jpg


茨城県の第四弾ご当地フォルムカード「袋田の滝」


大岩壁を四段に流れることから「四度の滝」といわれる。
その昔、ここを訪れた西行法師が「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と
絶賛したといわれている。


ご当地フォルムカードのHPより。


おおーーすごそうですね~行ってみたい…
日本三名瀑のひとつに数えられるそうですよ。
四季それぞれに見どころがあるんですって。
厳しい冬には滝全体が真っ白に凍結することもあり、ピッケル片手に氷壁に挑む
アイスクライマーの姿を見ることができるらしいですよ。






ご当地フォルムカード 
20140202.jpg


群馬県の第四弾ご当地フォルムカード「富岡製糸場」


日本の近代工業発祥の地であり、東西の技術交流を示す貴重な文化財としても評価され、
2007(平成19)年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産暫定一覧表に記載された。


ご当地フォルムカードのHPより。


去年行きました~
ちょうどボランティアの方がガイドしてらっしゃる時間で、
説明していただきながら見学しました、
その時に「世界遺産目指してます。」っておっしゃってましたよ~
実現するといいですね。



ご当地フォルムカード 
20140201.jpg


広島県の第五弾ご当地フォルムカード「熊野筆」


江戸時代末期に始まって以来、約180年の歴史を有する熊野の筆づくり。
現在では国内の筆の多くが熊野でつくられている。
1975(昭和50)年には伝統的工芸品に指定された。


ご当地フォルムカードのHPより。


広島の切手のお仲間からいただきました。
高級品ですよね。
もちろん持ってないです…
このブラシを使ったら3割増しくらい美しく(というかマシに)仕上がるかも!?



..