スウェーデン デザイン  
20121031.jpg


あり得ない図形切手、最後の一枚。
今日も不思議、どうなっているんでしょうね~



スウェーデン デザイン  
20121030.jpg


昨日の続き。
不思議な図形切手。

よーく見てくださいね。
見れば見るほど不思議w



スウェーデン デザイン 
20121029.jpg


1982年にスウェーデンで発行されました。
スラニアの制作。

全部で3種類、あり得ない図形が描かれています。
シンプルで良いですね。



チェコ 風景 
20121028.jpg


昨日の切手の片割れ。
背景の色が違うと雰囲気も変わりますね。
なんとなく哀愁を感じます。



チェコ 風景 
20121027.jpg


1995年にチェコから発行されました。
まるで絵本の挿絵のような、
かわいくて温かみのあるデザインですね。



ユーゴスラヴィア 魚 
20121026.jpg


1959年にユーゴスラヴィアから発行されました。
不思議なデザインですよね~
「子ども」関連の切手らしいですよ。



フランス 女性 
20121025.jpg


フランスの切手。
発行年・発行目的などは不明です。

とても美しくて、良い雰囲気のデザインですよね。
まるで商業ポスターのよう。
ガンドンの制作。
「GANDON」って文字が隠れてますよ。



赤道ギニア 鳥 
20121024.jpg


赤道ギニアのカモ切手、おまけ。
昨日までupした切手シートの全体像はこんなのです。

絵画のように美しい色合いのカモが描かれていて、
私もとても気に入っています。



赤道ギニア 鳥 
20121023.jpg


赤道ギニアのカモ切手、最後の一枚。
「TEAL」とはコガモのこと。

今日のカモは歩いてますw



赤道ギニア 鳥 
20121022.jpg


赤道ギニアのカモ切手もあと二つ。
「SCAUP」とはスズガモのこと。

このスズガモは国際自然保護連合(IUCN)により、
レッドリストの軽度懸念(LC)の指定を受けているそうです。

旭山動物園が1995年に日本国内で初めて人工孵化に成功し、繁殖賞を受賞したんですって。
旭山動物園、すごい!



赤道ギニア 鳥 
20121021.jpg


赤道ギニアのカモ切手、今日も続きます。
「LONG TAILED DUCK」とはコオリガモのこと。
日本では冬鳥として北海道や東北地方北部の海上に渡来するそうです。



赤道ギニア 鳥 
20121020.jpg


今日も赤道ギニアのカモ切手。
カンムリカモの一種みたいです。

とってもかわいいカモですね。



赤道ギニア 鳥 
20121019.jpg


今日も続きます。
「HARLEQUIN DUCK」とはシノリガモのこと。

このシノリガモ、日本にも分布しているそうですよ。



赤道ギニア 鳥 
20121018.jpg


赤道ギニアのカモ切手、まだまだ続きます。
「SURF SCOTER」とはアラナミキンクロ(荒波金黒)っていうカモ。
まるで頑固親父のようなお名前ですね!
なんだかユーモラスな表情です。



赤道ギニア 鳥 
20121017.jpg


昨日の続き。
「PINTAIL]とはオナガカモのこと。

ギニアを国名とする国家はこの赤道ギニア共和国の他に、
ギニア共和国やギニアビサウ共和国があります。
「ギニア」とはベルベル語で「黒人たちの土地」を意味するらしく、
国名もこの意味に由来するとの説があるそうです。



赤道ギニア 鳥 
20121016.jpg


赤道ギニアの切手をupするのは初めてですね。
発行年・発行目的などは不明です。

全部で8種類、色んな種類のカモが描かれています。
「SHIELDRAKE」とはツクシガモのこと。
まるで絵画のよう、とても美しいです。

1シートに8枚印刷されていて、目打ちは無いのです。
勝手に切り取って使用するのでしょうか~?


このシリーズ、明日も続きます。



サンマリノ 樹木 
20121015.jpg


サンマリノの樹木切手、最後の一枚。

「Adansonia digitata」とはアフリカバオバブのこと。
サン・テクジュベリの「星の王子さま」に出てくる木ですね。

アフリカバオバブでは 幹の直径6~10m、樹高が20mを超えるものもあり、
樹齢五千年以上にもなる木もあるそうです
象の小ささにも納得です!

このシリーズは樹木と関係の深い動物や鳥が描かれており、
とても興味深いデザインですね~
さすが、クールヴォワジェ社の制作です。



サンマリノ 樹木 
20121014.jpg


サンマリノの樹木切手の続き。
「Acer saccharum」とはサトウカエデのこと。
このサトウカエデの樹液を煮詰めたものがメープルシロップです。




サンマリノ 樹木 
20121013.jpg


サンマリノの樹木切手、残り3つ。
「Phoenix dectylifera」とはナツメヤシのこと。

種子はラクダなどの動物の飼料とされるそうですよ。
という訳で、ラクダが友情出演デス。



サンマリノ 樹木 
20121012.jpg


今日もサンマリノの樹木切手。
「Eucalyptus globulus」とはユーカリのこと。

…となると、やっぱり!コアラの登場です。




サンマリノ 樹木 
20121011.jpg


サンマリノの樹木切手、今日も続きます。
「Larix sibirica」とはシベリアカラマツのこと。

シベリアアカマツの葉は針状で明緑色、秋には明黄色に紅葉して落葉するんですって。
この切手は秋の様子ですね。とても美しい鮮やかな色です。

紅葉の時期ももうすぐ。
良い季節になりましたね。



サンマリノ 樹木 
20121010.jpg


昨日の続き。
「Pinus pinea」とはイタリアカサマツのこと。
この木は20m以上の高さになるらしいです。
と言うことは…鳥、デカ過ぎw



サンマリノ 樹木 
20121009.jpg


今日もサンマリノの樹木切手ですよ~
「Ficus benghalensis」とはベンガルボダイジュのこと。
ベンガルトラ(?)との共演です!



サンマリノ 樹木 
20121008.jpg


サンマリノの樹木切手、まだまだ続きます。
「Cornus florida rubra」とはベニハナハナミズキのこと。
とても美しい樹木ですね~
横の動物はレッサーパンダ?アライグマ?
すごくかわいい。



サンマリノ 樹木 
20121007.jpg


昨日の続き、サンマリノのクールヴォワジェ社の切手。
「Cedrus libani」とはレバノンスギのこと。



サンマリノ 樹木 
20121006.jpg


1979年にサンマリノから発行されました。
クールヴォワジェ社の制作で、全部で10種類。

「Aesculus hippocastanum」とはマロニエのこと。
このシリーズは大きな樹木と動物や鳥などが1匹(羽)描かれていて、
樹木も美しく、動物もとてもかわいいです。
明日以降もお楽しみに!




アイスランド デザイン 
20121005.jpg


1972年にアイスランドから発行されました。
なんだか面白いデザインですね~



アメリカ 人物 
20121004.jpg


アメリカの切手。
アメリカのイメージ通りのデザインですね。

アメリカ合衆国の開拓者、探検家ダニエル・ブーン。
勇敢な冒険談は小説にも書かれ、今でもアメリカ人にとってはヒーローなんですって。



エジプト 馬 
20121003.jpg


1978年にエジプトから発行されました。
戦っている場面なんですが、なんとなくのんびりとした雰囲気ですね。
印刷技術はイマイチのような気がしますが、
とてもかわいらしいデザインなのでお気に入りです。



フランス 地図 
20121002.jpg


1959年にフランスから発行されました。
シックな色合いで良いですね。
地球儀(地図)や本が置いてあって、
大学などの研究室のようです。



..