日本 自然保護シリーズ 
0831-1.jpg 0831-2.jpg


「ヒメハルゼミ」、昭和52年(1977年)8月15日に発行されました。
西日本の固有種で、新潟県・茨城県以西の本州・四国・九州・屋久島・
奄美大島・徳之島の照葉樹林に生息しています。
集団で「合唱」をする習性をもつそうです。
ある1匹が鳴き始めると周囲のセミが次々と同調、やがて生息域全体から鳴き声が聞こえ、
同様に次々と鳴き終わるのですって。

3ヶ所の生息地が国の天然記念物に指定され保護されています。
・1934年指定 片庭ヒメハルゼミ発生地(茨城県笠間市片庭)
・1941年指定 鶴枝ヒメハルゼミ発生地(千葉県茂原市上永吉)
・1942年指定 能生ヒメハルゼミ発生地(新潟県糸魚川市・旧能生町)

もう夏も終わりですね~



日本 自然保護シリーズ 
0830-1.jpg 0830-2.jpg


「ゲンジボタル」、昭和52年(1977年)7月22日に発行されました。
北海道を除く日本全土の水がきれいな川に生息しています。
平家に破れた源頼政が亡霊になり蛍となって戦うと言う伝説があり、
「源氏蛍」の名前もここに由来しているそうです。
平家打倒の夢破れ、無念の最後を遂げた源頼政の思いが、
夜空に高く飛び舞う蛍に喩えられたのですね。
腹部が発光する(光る)ことを、「源氏物語」の光源氏にかけたことが由来ともされています。
長岡のゲンジボタルおよびその発生地が天然記念物に指定され保護されています。

やっぱり日本の夏と言えば蛍ですよね!



日本 自然保護シリーズ 
0829-1.jpg 0829-2.jpg


今日は昆虫類。
「ミカドアゲハ」、昭和52年(1977年)5月18日に発行されました。
日本国内では対馬および屋久島以南の島嶼、九州全域と香川県を除く四国、
本州の一部(山口県内、広島市内、紀伊半島南端)の西日本地域に、
国外では中国南部、インドシナ半島、ミャンマー、インド、フィリピン群島、
インドネシアのボルネオ島、スマトラ島、ジャワ島に分布するそうです。

昭和27年(1952年)に高知市の潮江天満宮境内・要法寺境内・潮江中学校校庭が、
ミカドアゲハおよびその生息地として特別天然記念物に指定され保護されています。

羽の模様が美しいです。
目が大きいですね!




日本 自然保護シリーズ 
0828-1.jpg 0828-2.jpg


今日は剣尾類・・・剣尾類って何?
「カブトガニ」、昭和52年(1977年)2月18日に発行されました。
2億年前からほとんどその形状を変えていないため、生きた化石とも呼ばれているそうです。

現在の繁殖地は瀬戸内海の山口県沿岸、九州の曽根干潟、博多湾、伊万里湾、
杵築湾、芦辺湾が確認されていますが、いずれの地域も沿岸の開発が進み、
最近では生息できる海岸が減少し、ほとんど見ることができないらしいです。

昭和3年(1928年)に岡山県笠岡市の生江浜が繁殖地として、
天然記念物に地域指定され保護されていましたが、
現在は笠岡湾の干拓の影響もあって絶滅寸前とされています。
残念ですね~



日本 自然保護シリーズ 
0827-1.jpg 0827-2.jpg


「イトヨ」、昭和51年(1976年)9月16日に発行されました。
北半球の亜寒帯に広く分布し、日本でも山口県と利根川以北に分布しています。
福井県大野市の「本願清水イトヨ」の生息地が、
昭和9年(1934年)に天然記念物に指定され保護されています。


成熟したオスは体が青っぽくなり、のどから腹部にかけて赤色になるそうです。
と言うことは、この切手だと下のイトヨがオスなんでしょうか~



日本 自然保護シリーズ 
0826-1.jpg 0826-2.jpg


今日は魚類です。
「ミヤコタナゴ」、昭和51年(1976年)8月26日発行されました。
ちょうど34年前ですね。
日本固有種で、関東地方の一部に生息しています。
昭和49年(1974年)に天然記念物に、
また平成6年(1994年)に国内希少野生動植物種に指定され保護されています。

天然分布域が東京近郊に偏在しているため、都市化で生息環境が次々に破壊され、
個体数が激減、絶滅に瀕しているそうです。



日本 自然保護シリーズ 
0825-1.jpg 0825-2.jpg


カエル好きさん、お待たせしました~
今日は両生類、「モリアオガエル」の登場です。
昭和51年(1976年)7月20日に発行されました。
日本の固有種で、本州と佐渡島に分布しています。
モリアオガエルおよびその繁殖地、
福島県双葉郡川内村平伏沼(へぶすぬま)、岩手県八幡平市の大揚沼が
昭和6年(1931年)に天然記念物に指定され保護されています。

モリアオガエルは各地で生息数を減らしているそうです。
なんだか寂しいですね~



日本 自然保護シリーズ 
0824-1.jpg 0824-2.jpg


今日は爬虫類の切手です。
「リュウキュウヤマガメ」、昭和51年(1976年)3月25日に発行されました。
沖縄本島に生息しているカメです。
昭和50年(1975年)に天然記念物に指定され保護されています。
爪が鋭くて獰猛そうなカメに見えますね~




日本 自然保護シリーズ 
0823-1.jpg 0823-2.jpg


「アカヒゲ」、昭和51年(1976年)2月27日に発行されました。
生息地は奄美大島、徳之島、種子島に限られ、
渓谷沿いの森林や草むらに住んでいるそうです。
昭和45年(1970年)に天然記念物に指定され保護されています。
また平成5年(1993年)には国内希少野生動植物種にも指定されました。
鳴き声が美しいそうです。この切手でも鳴いているように描かれていますね。




日本 自然保護シリーズ 
0822-1.jpg 0822-2.jpg


「ハハジマメグロ」、昭和50年(1975年)8月8日に発行されました。
小笠原諸島の母島及び向島に生息しています。
大正5年(1916年)に天然記念物に指定され保護されています。
また平成5年(1993年)には国内希少野生動植物種されています。
美しい鳥だと思います、背景の南国っぽい木もいいですね~




日本 自然保護シリーズ 
0821-1.jpg 0821-2.jpg


「タンチョウ」、昭和50年(1975年)2月13日に発行されました。
「丹」は「赤い」、「頂」は「頭頂部」の意味だそうです。
昭和27年(1952年)に天然記念物に指定され保護されています。
また平成5年(1993年)には国内希少野生動植物種に指定されました。
生息地である北海道釧路の湿原は、繁殖地としても世界的に有名。
大きく美しい鳥だそうですね~。
いつか実際に見てみたいです。




日本 自然保護シリーズ 
0820-1.jpg 0820-2.jpg


今日から鳥類です。・・・書き忘れましたが、昨日までは哺乳類。
「アホウドリ」、昭和50年(1975年)1月16日に発行されました。
伊豆諸島にのみ生息します。
昭和37年(1962年)に特別天然記念物に指定され、
昭和35年(1960年)からは国際保護鳥として保護されています。
また、平成5年(1993年)には国内希少野生動植物種にも指定されています。
とてもかわいい鳥ですね。
どうして「アホウドリ」という名前になったのでしょう。



日本 自然保護シリーズ 
0819-1.jpg 0819-2.jpg


「オガサワラオオコウモリ」、昭和49年(1974年)11月15日に発行されました。
小笠原諸島と硫黄島に生息するコウモリの一種です。
昭和44年(1969年)に天然記念物に指定され保護されています。
この切手に描かれているコウモリの表情が面白いですね~



日本 自然保護シリーズ 
0818-1.jpg 0818-2.jpg


今日は「アマミノクロウサギ」、昭和49年(1974年)8月30日に発行されました。
九州と薩南諸島の徳之島に生息しているそうです。
よく見るウサギと違って耳が短いですね。
昭和38年(1963年)に特別天然記念物に指定され保護されています。
また平成16年(2004年)には国内希少野生動植物種にも指定されています。



日本 自然保護シリーズ 
0817-2.jpg 0817-1.jpg


「ニホンカワウソ」です、昭和49年(1974年)6月25日に発行されました。
この切手が発行された頃は四国の一部にのみ生息していたそうですが、
昭和54年(1979年)以来目撃例がなく、絶滅したと思われるらしいです。
昭和40年(1965年)に特別天然記念物に指定されています。



日本 自然保護シリーズ 
0816-3.jpg 0816-4.jpg


8月は真面目な(?)モードで。

昭和49年(1974年)3月から昭和53年(1978年)7月まで20回にわけて、
天然記念物に指定されている動植物の中から題材を選んで発行された、
自然保護シリーズの記念切手をupします。

記念印も収載されている切手帳を持っているので、
私にしては珍しく記念印もご紹介しますね~

最初は昭和49年3月25日に発行された「イリオモテヤマネコ」
沖縄県南部の八重垣山群島に生息する野生のネコです。
昭和47年(1972年)に天然記念物に、更に昭和52年(1977年)には
特別天然記念物に指定され保護されています。
そしてまた平成6年(1994年)には「国内希少野生動植物種」に指定されています。



アイルランド 鳩 
0815-1.jpg 0815-2.jpg


鳩の切手は今日で終わり。
最後は1975年にアイルランドから発行された切手です。
手の表情が優しい感じで気に入ってます。

今日は終戦の日ですね。
一日でも早く世界中が平和になりますように。



オーストラリア 鳩 
0814-1.jpg


1986年にオーストラリアから発行されました。
はっきりとした色合いとシンプルなデザインがいいと思います。

これを含めて1986年に発行された切手がいくつかありますね。
1986年は国際平和年だったらしく、
平和をテーマとする切手が各国から発行されました。



インドネシア 鳩 
0813.jpg


1986年にインドネシアから発行されました。
これも地図切手でもありますね。
色合いが好きです。




カナダ 鳩 
0812.jpg


1986年にカナダから発行されました。
爽やかな色合いですね!
地図切手でもあります。



スペイン 鳩 
0811.jpg


1976年にスペインから発行されました。
色合いもデザインも大好きな切手です。



ハンガリー 鳩 
0810.jpg


1985年にハンガリーから発行されました。
鳩の羽に描かれている模様がかわいいです。



国連 鳩 
0809.jpg


1986年に国連から発行されました。
色合いもデザインもかわいいです~
今日は長崎に原子爆弾が投下された日ですね。
このような悲劇が再び起こらぬよう祈ります。



アメリカ 鳩 
0808.jpg


1967年にアメリカから発行されました。
素朴でかわいいデザインですね~



オランダ領アンティル 鳩 
0807.jpg


1963年にオランダ領アンティルから発行されました。
個性的な色合いとシンプルなデザインがいいですね~



ハンガリー 鳩 
0806.jpg


64年前の8/6、原子爆弾が広島市民の上に投下されました。
8/15の終戦の日まで、平和と希望の象徴である鳩が描かれた切手をupします。

今日はハンガリーから1986年に発行された切手です。
鳩を見つめる子どもの真っ直ぐな眼差し。
とても美しい切手なのですが、見ていると悲しい気持ちになってしまうのです。



スウェーデン 船 
0805-1.jpg 0805-2.jpg 0805-3.jpg

0805-4.jpg 0805-5.jpg 0805-6.jpg


今日で船切手は終わりです。
ラストは大好きなスウェーデンの切手を。
1988年に発行されました。
美しくて力強くて、なんだか温かみも感じます。
この6種類の切手は切手帳になっているんですよ~
切手帳の表紙と裏表紙もupしときます。


0805 001



日本 船 
今年の6月2日に発行された、「日本開港150周年記念」の切手をリクエストされました。
2009年に函館、横浜、長崎の三都市が開港から150周年を迎えることを記念して、
三都市それぞれの切手シートが発行されたのです。

私はシートでは購入せずに、それぞれの都市の気に入った切手のみ購入しました。


長崎
崎陽大浦真景図(きようおおうらしんけいず)(部分)

0804-1.jpg


横浜
横浜弌覧之真景(よこはまいちらんのしんけい)(部分)

0804-2.jpg


函館
函館真景(はこだてしんけい)(部分)

0804-3.jpg

共通デザイン

0804-4.jpg


それぞれの港の開港初期の風景が描かれているのですね。
私が一番気に入っているのは函館の切手です。



ニカラグア 船 
0803.jpg


1986年にニカラグアから発行されました。
この切手にも地図が描かれていますね。
この切手を見ると冒険してみたくなります・・・



イギリス 船 
             0802-1.jpg

0802-2.jpg 0802-3.jpg 0802-4.jpg

0802-5.jpg 0802-6.jpg


1969年にイギリスから発行されました。
すっきりとした美しいデザインですね。





..