ニカラグア 新しい地図 
20171105.jpg


応援せざるを得ない。



ブラジル 逮捕 
20171007.jpg


1980年にブラジルから発行されました。
シックな色合いが良いですね~
チェス切手は大好き。

ブラジル・オリンピック委員会のヌズマン会長ら2人がリオ五輪の招致をめぐり、
票の買収に関与した疑いでブラジルの司法当局から逮捕されたというニュースがありましたね。

どこでもあるのかな、こんなこと。
TOKYOは大丈夫だろうか?



ブラジル 板書 
20170917.jpg


1998年にブラジルから発行されました。
デザインもかわいいですが、色合いにも注目してください。
ブラジルの国旗の色合いなんですよ。
ブラジル郵政省(?)、なかなかやるな。


今日のグラチャンバレー、日本男子は世界最強のブラジルとの対戦。
残念ながらと言うか、当然ながらあっという間に負けてしまいましたが、
今日の経験がこれからの糧となればいいですね。


ところで、昨日、お友だち夫婦とお話ししていて、
近い将来、板書という授業風景が無くなるかも、なんて流れになり、
自分の記憶にある「授業風景」と全く違う未来の「授業風景」を想像し、
なんとも言えない気持ちになりました。

も、もしかして、もう既にそうなってますか?
ついて行けてない、私、時代遅れ…



オランダ領アンティル 鳩  
20170814.jpg


1963年にオランダ領アンティルから発行されました。
50年以上前に発行された切手なのですが、
古い感じは全くないですね。
色合いもインパクトがあります。



アルゼンチン 鳩 
20170808.jpg


1967年にアルゼンチンから発行されました。
色合いがいいですね。
バッグの中にはきっと「愛」がたくさん入っているのでしょう・・・
なーんちゃってw



ブラジル クリスマス 
20161223.jpg


2002年にブラジルから発行されました。
この切手、いつものように牛とロバがいますが、
よく見ると幽体離脱しているような…
斬新なデザインだと思います。

今年は、オリンピックが開催された影響で、
ニュースでもブラジルの話題がよく登場しましたね。
行ったことのない国なのですが、なんだか身近に感じます。



アルゼンチン 解禁♪ 
20161117.jpg


1986年にアルゼンチンから発行されました。
発行テーマは「Wine festival」
なんだか楽しそうなデザイン、私も混じって飲みたいデス。

さて、本日11月17日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でした。

ボジョレー・ヌーヴォーとは、フランス・ブルゴーニュ地方の南にあるボジョレーという地区で、
その年に収穫された「ガメイ種」というぶどうを使って造られた赤ワインを指します。
ぶどうの収穫に感謝し、それを祝うと共にその年のぶどうの作柄を確かめる為に作られたと言われており、
フレッシュでいきいきとしたおいしさが魅力だそうです。

今日の晩酌は赤ワインを…という方も多いでしょうね~
私は…明日、会社の健康診断なので、今日はビールと日本酒にしました。
明日は赤ワインにしようかな。
検診前に無駄なあがき(節制)をすることもないのに、、
何故か、検診終了後には開放感がいっぱいで、暴飲暴食してしまうw
今、明日のランチは何を食べるか?…を、悩み中。

あ、参考までに、ここ何年かのボジョレー・ヌーヴォーのキャッチコピーを。

2005年「ここ数年で最高」

2006年「昨年同様良い出来栄え」

2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」

2009年「50年に1度の出来栄え」

2010年「2009年と同等の出来」
     「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」

2011年「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」
     「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」

2012年「ボジョレー史上最悪の不作」
     「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」

2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

2014年「2009年の50年に一度のできを超える味わい」
     「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」

2015年「今世紀で最高の出来」

2016年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい 」



コスタリカ ピコ? 
20161104.jpg


1950年にコスタリカから発行されました。

今日、初めてピコ太郎さんを見ました…
「PPAP(ペン・パイナッポー・アッポー・ペン)」を歌って踊っておられて、
じっと見入ってしまいました。独特ですよね~
りんごとペンで「アッポーペン」、パイナップルとペンで「パイナッポーペン」、
その発想はなかったw

今年の忘年会での宴会芸はピコ太郎さんで決まり!ですね。



バハマ 計量記念日 
20161101-1.jpg


1974年にバハマから発行されました。
本日、11月1日は「計量記念日」

現行の計量法が施行された平成5年11月1日にちなんでおり、
計量法の適切な実施とともに計量思想の普及啓発に努めておられるそうです。

和歌山白浜町のアドベンチャーワールドで今年の9月18日に生まれた、
メスの赤ちゃんパンダの身体測定の様子がニュースで放映されていましたね。
生まれた時は197グラムだった体重も、今日の身体測定では2,080グラム、
すくすくと元気に育っているようです。



ブラジル 新監督 
20161029.jpg


1957年にブラジルから発行されました。
「バレーボール」が描かれています。

先日、バレーボールの日本代表の新しい監督が発表されましたね。
男子は中垣内祐一さん(48)、女子は中田久美さん(51)が就任。

中田久美さん、好きです。
史上最年少の15歳(中学3年生)で全日本代表に選出され、大活躍。
日本女子バレーボール界の一時代を築いた選手と言っても過言ではないと思います。

特に印象深い出来事って言うか事件は…

2004年6月、全日本女子がアテネオリンピック出場権を獲得した直後、
選手たちと共に中田久美さんもフジテレビ「すぽると!」の生放送に登場しましたが、
司会の質問が聞き取りにくくなる程、選手たちは浮かれ、はしゃいでました。

試合映像のVTRに切り替わりアナウンサーが解説し始めた途端、
中田久美さんはマイクがオンのままだったのを忘れたのか、
突然、選手達に向かって、「てめえら、この野郎!!」と大声で一喝したんですよ~
中田久美さんの怒鳴り声が全国のお茶の間に…
VTR明けの女子選手達のテンションは下がり、何とも言えないムードが漂いました…

これ、リアルタイムで見てました。
ちゃんと叱ることができる久美さん、私は立派だと思います。
事実、その後日本バレーボール協会のスタッフからは、
「色々ご指導有難う御座いました」と感謝の言葉を貰ったそうです。

今回の就任会見でも「チャラチャラしたのは好きじゃない」と、
容姿面から戦う集団に変える方針を示したそうです。

選手の皆さまはきっと今、ビビッているでしょうね。
ですが、中田久美さんを信じて、ついていって欲しいと思います。

※おそらく、「てめえら、この野郎!!」シーンはこれから何回も何回も放送されることでしょう。



バハマ オートファジー? 
20161005.jpg


1974年にバハマから発行されました。

今年のノーベル生理学・医学賞に東京工業大学の大隅良典栄誉教授が選ばれましたね。
おめでとうございます!
授賞理由は「オートファジーの根本的な重要性を解明する道筋を開いた。
また、細胞がどのように再生するか我々の理解を新たな段階に導いた」とのことです。

ニュースで何度説明されても、オートファジーが理解できないw
オートファジー?ナニソレ?美味しいの?状態の私です…

理解できなくても、お祝いする気は満タンです!
ニュースで見た細胞は、おそらく顕微鏡で見たもの。
…という訳で顕微鏡が描かれたこの切手を。



ブラジル 閉会式 
20160919.jpg


1968年にブラジルから発行されました。

南米で初めて開催された第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会が、
本日18日、12日間の熱戦の幕を閉じました。
選手の皆さま、監督・コーチの皆さま、関わられた全ての皆さま、
本当にお疲れさまでした。

開催前に日本パラリンピック委員会が掲げていた目標には届きませんでしたが、
前回の16を大幅に上回る、計24個(銀10、銅14)のメダルを獲得。
とても立派な成績ですよね。

私も毎日、テレビの前で応援してました。
正直、オリンピックは「日本ガンバレ!」って感じでしたが、
パラリンピックは日本人選手も海外の選手も「どちらもガンバレ!」って。

アスリートの皆さまの身体能力の高さ、バランス感覚のすごさ、
瞬発力、精神力、本当に超人的です。
義手や義足、車椅子などの補助具もまるでご自分の身体の一部のよう…
競技中に伴走や合図をしてくれる方との信頼関係にも感動します。
表彰式の時にメダルを授与する役員さんも温かみがありました。

今回はテレビで競技の様子を見る機会も多かったし、
アスリートの皆さまのお名前もたくさん覚えました。
東京での開催が今から楽しみです。



ブラジル 本 
20160901.jpg


1984年にブラジルから発行されました。

子どもの頃から本は大好きで、今でも毎日何かしら読んでます。
主人公に乗り移り(?)様々な経験をして、色んな人々と関わり、
美味しいものたくさん食べたり飲んだり、そして時には辛い出来事に涙して…

私は自分の知らない世界をもっと知りたい。自分の日常からちょっぴり逃避したい。
なので、今の自分の状況とはかけ離れた設定の長編小説が好き。
でも好みの本を選ぶと偏ってしまって、同じようなお話ばかり…となりがちなんですよね。

最近、小中学校のお友だちと、お互いの本を交換して楽しんでます。
自分以外の人が選ぶ本って新鮮ですよ~
この間、貸していただいた本は中村紘子さんのエッセイなど。
私、エッセイって雑誌やネットでちらっと読むくらいで、
あんまり読んだことなかったのですが、とてもよかった。
小説は「次はどうなるの?!」って感じでどんどん読み進めるのですが、
このエッセイはじっくりと、ゆっくりと読みました。
中村紘子さん、素敵だったなぁ、文章もとてもお上手で…
「天は二物を与えず」って嘘だと思う!
中村紘子さんが天から与えられているのは二物どころじゃないわ。
本当に多才な方だったんだなぁってしみじみ思いました。

読み終わったとき、なんだか名残り惜しく感じて、ついもう一回読んでしまった…
しかし残念ながら…何事にも終わりはあります。
今日から、戦国時代に行きま~す。

あ、もしおススメの本がありましたら、教えていただけると嬉しいです♪



パナマ オリンピック 
20160822.jpg


1964年にパナマから発行されました。

終わってしまいましたね~オリンピック。
楽しかったなぁ。

選手の皆さま、監督・コーチの皆さま、関わられた全ての皆さま、
本当にお疲れさまでした。

JOC(日本オリンピック委員会)は、金メダルを14個(前回のロンドン大会の倍)、
メダルの総数は30個以上という目標を掲げていたそうです。
それが終わってみれば、 金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個、
合計41個という史上最多の素晴らしい成績。

今回は若い世代の活躍が目立ちましたね。
育成の効果が出始めているのかな。
オリンピックを開催するってこうなるんだ…って思いました。

正直に言うと東京でオリンピックが開催されることについて、
そんなに喜んではいませんでしたが、今は是非、会場で観戦したいです。
チケットがGETできなかったら、沿道でマラソンか競歩を観戦!

そして、まだ熱戦は終わっていませんよ。
パラリンピックが日本時間の9月8日〜9月19日に開催されます。
オリンピックとはまた違った、躍動感や感動があります。
またまた寝不足になりそうですね。



ジャマイカ クリスマス 
20151206.jpg


1979年にジャマイカから発行されました。
これもクリスマス切手なんですよ。
ほら、切手の上の方に「CHRISTMAS」って書いてあるでしょ。
「International Year of the Child」ともあるので、
国際児童年の関連かもしれませんね。



ウルグアイ エキスポ 
20150830.jpg


1970年にウルグアイから発行されました。
「大阪エキスポ」の記念切手。

日本に因んだ切手を見つけると、なんだか嬉しいですね。
身近な国のように思い、親しみが湧きます。

この切手は「切手の切手」でもありますね。
色合いも好きです。



アルゼンチン 鳩 
20150803.jpg


1957年にアルゼンチンから発行されました。
今日の鳩はお手紙を配達中。
青空を伸び伸びと飛んでいますね。
きっと良い知らせなんでしょう~



ウルグアイ 魚 
20150531.jpg


1973年にウルグアイから発行されました。
ウルグアイの切手の明るい色合いがけっこう好きです。
昔、釣りに何度か行ったことがありますが、
久しぶりに行ってみたい…と思いました。



ウルグアイ 太陽 
20150408.jpg


1970年にウルグアイから発行されました。
テーマは「Tourism」、つまり楽しみを目的とする旅行一般のこと。

今日は寒かったですね~
冬に戻ってしまったようでした。
この切手のように太陽が燦々(SUNSUNw)と輝くリゾート地にでも行きたいデス。



エクアドル 火山 
20150328.jpg


エクアドルの切手です。
詳しいことは不明なのですが、山頂から噴煙が上がってますね。
御嶽山の噴火から半年というニュースを見たので、なんとなく気になった切手。

鹿児島の桜島も活発な噴火活動が続いているそうです。
そう言えば熊本の阿蘇山も…
こうしてみると日本はあちこちに火山があるのですね。

これは危険!と思ってちょっとチェックしてみました。

活火山とは概ね過去1万年以内に噴火した火山、及び、現在活発な噴気活動のある火山
ランクAの火山…活動度が特に高い活火山…13山
ランクBの火山…活動度が高い活火山…36火山
ランクCの火山…活動度が低い活火山…38火山
ランク分け対象外(データ不足)北方領土や海底火山…23火山

これからの季節、登山に出かける方も多いと思いますが、
くれぐれも気を付けて、楽しんでくださいね~



ウルグアイ ハート 
20150213.jpg


1973年にウルグアイから発行されました。
テーマは「Give blood(輸血)」
とても印象的なデザインですよね。
この切手を見て、今度献血しようって思いました。



チリ ハイテンション 
20150115.jpg


チリの切手。
地図切手でもあるし、本も家も登場してます。
子ども(赤ちゃん)も、植物も描かれていますね。
でも何と言っても一番印象的なのは男性のテンション!
「取ったどーーー!」と叫んでいるように見えます。



ウルグアイ 鳥 
20150112.jpg


1972年にウルグアイから発行されました。
発行目的は何かわかりませんがw
とってもかわいい、微笑ましいデザインですね。



パラグアイ オリンピック  
20140218.jpg


パラグアイから発行されました。
1972年 札幌オリンピックの記念切手。


昨日、よかったですね~
ジャンプ 男子ラージヒル団体の銅メダル獲得!
夜中、ドキドキしながら見てました。
表彰台やインタビューでの選手たちの涙にもらい泣き…
本当によかった、お疲れさまでした。



グレナダ 美術 
20131022.jpg


グレナダのマティス切手、最後の一枚。
色の明暗がはっきりとしていて印象的なデザインですね。



グレナダ 美術 
20131021-1.jpg


グレナダのマティス切手、三日目。
アンリ・マティスは、フランスの画家。
自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と謳われ、
緑あふれる世界を描き続けた画家だと言われてます。



グレナダ 美術 
20131020.jpg


マティスは金魚をモティーフに、数多くの作品を描いています。
画商から「金魚の巨匠」と呼ばれていたそうですよ。



グレナダ 美術 
20131019.jpg


グレナダの美術切手。
マティスの絵画シリーズ、全部で4種類です。


グレナダ(Grenada)は、カリブ海の小アンティル諸島南部に位置する島。
イギリス連邦加盟国で立憲君主制国家だそうです。



ブラジル 子ども 
20130319.jpg


1964年にブラジルから発行されました。
テーマは「学校給食」だそうです。
子どもの表情が印象的ですね~



ドミニカ 生き物 
20130307.jpg


ドミニカ切手、最後の一枚。
えーっと、カメをお散歩させている場面?
なんだか不思議なデザインですね。

このシリーズはカラフルで楽しいデザインでしたね。
明るい雰囲気でとても良いと思います。



..