チェコ 笑顔♪ 
img115.jpg


1995年にチェコから発行されました。

本日、9月3日、秋篠宮眞子さまと小室圭さんのご婚約の内定が発表され、
午後3時からお二人揃って会見を開かれました。

眞子さまは最初に小室さんの「太陽のような明るい笑顔」に惹かれ、
小室さんは眞子さまを「月のように静かに見守ってくださる存在」と。

会見では終始笑顔で見つめ合われるお二人。
本当にお幸せそうで、ほほえましく感じました。
おめでとうございます。末永くお幸せに。



スロヴァキア 鳥人間 
20170125.jpg


2003年にスロヴァキアから発行されました。
クリックで大きくして見てくださいね。
ちゃんと人が操縦してますよ。

毎年7月下旬に琵琶湖で開催されている、
「鳥人間コンテスト」ってこんな感じじゃなかった?

安全性に少し不安がありますが、
こんな飛行機(?)で空を飛べたら気持ちいいでしょうね~
どこか行きたいな。
いつも冬が終わって、春になると私の旅行シーズンなんです。
いつ、どこに行くか、プランを作成中。



チェコスロヴァキア ユネスコ 
20161015.jpg


1976年にチェコスロヴァキアから発行されました。
「ユネスコ設立30年」の記念切手。

このデザイン、とても素敵ですよね。
ほとんど文字だけなんですけど、オシャレな感じ。

さて、先日、岸田文雄外相は14日の記者会見で、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対する今年の分担金や任意拠出金など、
計約44億円の支払いを留保していると明らかにした。
日本政府は「世界の記憶(記憶遺産)」の登録制度の改善が前進するまで、
支払いの留保を継続する方針を固め、制度改善の要求を強める構えだ。

というニュースがありました。

ちなみに、分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)。
*米国は拠出金支払いを全額停止しているので、実質的に最大の拠出国は日本。

アメリカw
なんだ、出さないっていう選択肢もあるんだ。

この措置に対しての意見は色々あるでしょうけど、
日本国民が納めている大切な税金なので、
日本にとって納得できることに使ってもらいたい!
…と私は思います。



チェコスロヴァキア オリンピック 
20160809.jpg


柔道 女子57kg級 松本薫選手 銅メダル
柔道 男子73kg級 大野将平選手 金メダル
体操 体操男子団体 金メダル

おめでとうございます!
大野将平選手、強かったですね~
心配になることなど、一瞬もなく見事な完勝でした。
その上、素晴らしいことに試合後のインタビューで、
「金メダリストとしてふさわしい人間に、もっともっと成長しないといけない。」
…こんな完璧な人がいるんだろうか。
私も見習おう。いや、無理w

松本薫選手、私大好きなんです。
もちろん、悔しい気持ちがあるんでしょうけど、
この結果をしっかりと受け止めてらっしゃいましたよね。
きっとまた更に強くなられるのでは?
まだまだ現役を続けていただきたいです。

そして、今日の切手はこれしかないでしょう!
チェコスロヴァキアから1965年に発行された体操の切手。

3大会ぶりの団体金メダル、本当におめでとうございます!
大エースの内村選手、さすがです。
加藤選手の安定感はすごかった。
金メダルへの貢献度はとても大きかったのでは?
そして、白井選手、かわいいーー。
いや、もちろん、すごいんですよ、床も跳馬も。
白井選手のお名前の技とかいくつもありますもんね。
初めてのオリンピックで気負いなく演技できたのがよかったのかな。
大ファンになりました。

4年後の東京オリンピックは白井選手と加藤選手が中心になりますよね。
他の選手を引っ張っていく白井選手も見てみたい。
すでに楽しみな気持ちです。



チェコスロヴァキア ハート 
20160209.jpg


チェコスロヴァキアの切手。
チョコを楽しみに待つ人…
なんちゃってw



チェコ ハート 
20160201.jpg


2月に入りましたね。
毎年恒例の企画、ハート(LOVE)切手を始めまーーす。

まず一枚目、1998年にチェコから発行されました。
今、ハートを射抜くとこですw
逃げて~。



チェコ 鳩 
20150814.jpg


1994年にチェコから発行されました。
カラフルでとてもかわいい。
一生懸命にお手紙を配達しています。



スロヴァキア 鳩  
20150810.jpg


昨日の切手の色違い。
同じデザインの色違いを並べるのが大好きなんですよ~
色によって雰囲気ががらりと変わるのが面白いのです。
昨日の色と比べて、なんだか柔らかい印象になったような気がする…

日本でもあるといいなぁ。
最近の切手では、そんなパターンはないですよね。



スロヴァキア 鳩 
20150809.jpg


1942年にスロヴァキアから発行されました。
下の方の一番手前の紋章はスロヴァキアの国章です。
実際には赤い盾に青い3つの丘と白い複十字が描かれています。

白・赤・青は汎スラヴ色といわれ、スラヴ民族を象徴しており、
二重十字(総主教十字)はビザンツ帝国由来の正教会のシンボル。
3つの丘は、タトラ、ファトラ、マートラ(マートラは現在ハンガリー領内にある)の三山を象徴しています。
この三山はスロバキアを象徴する山だそうです。

長崎は9日、原爆が投下されてから70年の節目となる「原爆の日」を迎えました。
今日、甲子園で長崎代表の創成館は初戦を迎えましたね。
原爆が投下された11時02分、創成館は試合開始直前で黙祷を捧げたそうです。
試合は創成館が強豪の天理からサヨナラ勝ち、劇的です。



スロヴァキア ハート 
20150207.jpg


2004年にスロヴァキアから発行されました。
背景とハートの中に葉が描かれていますね。
大人っぽい雰囲気だと思います。



チェコ 図鑑 
20150129.jpg


2008年にチェコから発行されました。
チェコの教育者コメニウスが1658年に出版した子供向けの教科書、
「世界図絵(Orbis Pictus)」出版350年の記念切手。
ラテン語の教科書であると同時に、子供の百科事典に近いものであり
、子供を対象とした最初の絵本と考えられているそうです。


地球儀っぽくて、地図切手が好きな私は飛びついてしまいましたが、
よく見ると地図ではなく動物や昆虫、鳥などが描かれていました…
これはこれでとても素敵なデザインですよね。



チェコ 子ども 
20150114.jpg


2007年にチェコから発行されました。
パッと見で缶ジュースを飲む順番を相談している子どもたち、
と思っていましたが…拡大するとなんだか違うようですね。
なんだか難しいことを考えている子どもたち(?)みたいです。



チェコ 子ども 
20150109.jpg


2008年にチェコから発行されました。
私の地元では今年の年明けから、こんな感じです。
良く降りましたよね。
雪だるまに足があるのが違和感がありますが…



スロヴェニア 羊 
20150101.jpg


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
皆さまにとって良い一年でありますようお祈りいたします。


今日は今年の干支の羊の切手を。
スロヴェニアの切手、とってもかわいい羊ですね。
この羊のように穏やかな一年になりますように。


明日からは文学・童話 切手に戻りまーーす。



チェコ イースター 
20140420.jpg


今日はイースターですね!
で、2006年にチェコから発行された、イースター切手をup。
カラフルに染められたゆで卵のイースターエッグも描かれています。


イースター(Easter)は日本語では復活祭と言い、
イエス・キリストの復活を記念し、お祝いする日。
春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日。
なので、日付は毎年変わります。


一般的に、クリスマスと同様、家族でご馳走を食べて祝うらしい…
エッグハント(卵狩り)やエッグロール(卵転がし)という子どもの遊びもあるそうですよ。
イースターエッグを探すのがエッグハント、
またその殻を割らないようにして転がすのがエッグロールですって。


今、初めて知りましたが、イースターエッグってゆで卵なんですね。
実は何年も前にかわいいのを二つ購入して、部屋に飾ってるんです。
今のところ特に異臭はしていませんが、ちょっと確かめる勇気が…



チェコスロヴァキア 美術 
20131024.jpg


チェコスロヴァキアの美術切手。
ピカソの「ゲルニカ」。


「ゲルニカ」はスペインの画家パブロ・ピカソが
スペイン内戦中に空爆を受けた町ゲルニカを主題に描いた絵画。
反戦のシンボルであり続けてきた絵画です。
現在はスペインのマドリードのソフィア王妃芸術センターに展示されています。


昔、スペインに旅行した時、この「ゲルニカ」を鑑賞する機会がありました。
死んだ子を抱き泣き叫ぶ母親、天に救いを求める人、
狂ったようにいななく馬などが戦争の悲惨さを訴えているそうです。
なんだか見ていると不安な気持ちになってしまう絵画でした。
とても印象的で、今でもはっきりとその時の情景が思い浮かびます。



チェコスロヴァキア 美術 
20131016.jpg


ミュシャ切手は今日で終り。
「宝石」シリーズの「ルビー」と「アメジスト」が並んでいます。
宝石の色と花の色が合ってますね~


ミュシャは愛国心が強く、チェコスロバキア共和国が成立すると、
新国家のために紙幣や切手、国章などのデザインを行いました。
財政難の新しい共和国のためにデザインは無報酬で請け負ったといわれています。



チェコスロヴァキア 美術 
20131015.jpg


今日もミュシャ切手。
こちらも「4芸術」シリーズの「ダンス」
お洋服スケスケですね。
本物の作品ではあんまり透けてません。
背景やポーズがミュシャらしいと思います。



チェコスロヴァキア 美術 
20131014.jpg


ミュシャの切手、二日目。
この切手は1899年に発表された「4芸術」シリーズの「音楽」
…本物の作品に描かれている女性はお洋服を着ているんですよ~
なんだかお顔もちょっと…
謎です。



チェコスロヴァキア 美術 
20131013.jpg


夏日が続いておりますが…芸術の秋なのでw
アルフォンス・ミュシャの作品の切手。
1969年にチェコスロヴァキアから発行されました。
全部で4種類。


アルフォンス・マリア・ムハ(1860年-1939年)は、
アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。
多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作しました。
星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、
華麗な曲線を多用したデザインが特徴だそうです。



チェコスロヴァキア 鳥 
20130924.jpg


チェコスロヴァキアの鳥切手はこれで終り。
最後の鳥、なんだか頭でっかちですね。
色合いは美しいです。


このシリーズは素朴で温かみがあって、
とても気に入っている切手です。



チェコスロヴァキア 鳥 
20130923.jpg


チェコスロヴァキアの鳥切手、終盤です。
すみません、ちょっと切手の状態が悪いです。
止まっている枝の先に実がなってますね。
きっとこの鳥は狙っていると思います。



チェコスロヴァキア 鳥 
20130922.jpg


チェコスロヴァキアの鳥切手、続きます。
おおーー今日の鳥は一段と美しいです。
鳥が止まっている枝にも注目してください。
今日はアザミみたいなのに止まってますね。



チェコスロヴァキア 鳥 
20130921.jpg


今日もチェコスロヴァキアの鳥切手。
このシリーズ、背景に色が付いてないですよね~
カラフルな鳥とシンプルな背景のコントラストが面白いです。



チェコスロヴァキア 鳥 
20130920.jpg


チェコスロヴァキアの鳥切手、続きます。
なんだか不自然な体勢のように思います。
が、とてもかわいい鳥です。



チェコスロヴァキア 鳥 
20130919.jpg


チェコスロヴァキアの鳥切手。
美しい鳥です。
文字が手書き風なのも良いですね。



チェコスロヴァキア 鳥 
20130918.jpg


1959年にチェコスロヴァキアから発行されました。
レトロな雰囲気がとても素敵な鳥切手。
全部で7種類です。



チェコスロヴァキア モノ 
20130408.jpg


チェコスロヴァキアのモノ切手、最後の一枚。
今日の陶磁器は大人っぽい雰囲気ですね~。
背景の色のせいかな。



チェコスロヴァキア モノ 
20130407.jpg


チェコスロヴァキアのモノ切手、明日まで。
今日の陶磁器も素敵。
この切手シリーズ、身内からも評判良いです。



チェコスロヴァキア モノ 
20130406.jpg


チェコスロヴァキアのモノ切手、もう少し続きます。
バラの模様のティーセット、良いですね~
優雅なティータイムを過ごしたいデス。



..