日本 デザイン 
20170820.jpg


「ふみの日」、最後の一枚。
このシリーズは女性がターゲットなんでしょうか~?
かわいい切手を貼って、お手紙を書きたくなりますよね。
いただいたお葉書にこんな切手が貼ってあったら、
さぞ嬉しいことでしょう。


全体像はこんなの ↓

20170820-1.jpg


裏面 ↓

20170820-2.jpg



ふみの日をきっかけに「ありがとう」の気持ちを手紙で伝えていただけるよう、
リボンや星のモチーフ、「ありがとうございます」や「FOR YOU」の文字を入れたデザインにしました。
切手シートは、名刺入れ等に入れて携帯しやすいように、ミシン目に沿って2つ折りにすることができます。
また、余白には、手紙を書く際の参考としていただけるよう、簡単な文例や郵便料金表を掲載しています。

※日本郵便のHPより


このかわいい切手、きっとまだ販売してますよ。
気になった方はどうぞお近くの郵便局へ♪



日本 スウィーツ 
20170819.jpg


今日の「ふみの日」切手もかわいいですよ。
描かれているのは「スウィーツ」
私、甘いもの大好き(辛いものも大好きですが)。
お食事の後は必ず甘いデザートを食べないとなんだか物足りない。
くせになっているんですよね。

ですが、最近、お仕事の担当が替わり、100%デスクワークに。
なので、今までのように暴飲暴食していたら、
すぐに恐ろしいことになると気がつきました。

しかし、私に節制なんてできるだろうか…?
何か身体を動かすことを考えた方がいいかもしれません。



日本 星 
20170818.jpg


今日も「ふみの日切手」
「星」が描かれています。
おお…リア充感満載。
…はともかくとして、この切手シリーズ、
切手の額面の文字も手書き風でかわいいし、
イラスト(って言っていいのか?)も良い雰囲気ですね。
なんだか学生時代に戻って、絵の上手な人のノートを見ているみたいな、
そんな懐かしい気持ちになりました。
できることなら戻りたい!あの頃に…



日本 白鳥とリボン 
20170817.jpg


「ふみの日切手」、二枚目。
このリボン、白鳥さんと「おそろ」なんだろうか。
かわいいけど…
そう言えば、私、リボンの付いたブラウスがけっこう好きで、
何枚も持っているけど、そろそろイタい感じになってきてるかもしれない…
いや、もうとっくの昔になっているか…
まぁいいや…クレームが来たら止めますw




日本 ティーセット 
20170816.jpg


今日からご紹介するのは先月に購入した「ふみの日」の記念切手。


「ふみの日」とは、1979(昭和54)年、当時の郵政省が
「ふ」「み」と語呂合わせされる毎月23日を「ふみの日」と定め、
手紙に親しむ活動を全国的に展開したことが始まりです。
文月(ふみづき)のふみの日である7月23日に合わせ
「ふみの日にちなむ郵便切手」を発行します。

※日本郵便のHPより


シール型の切手が5枚、シートになっています。
今日の切手に描かれているのは「ティーセット」
かわいい♪
私も一休みして、お茶を飲もうかな。



日本 鳩 
20170809.jpg


1995年に発行されました。
「平和50周年記念(広島・長崎平和祈年)」の切手シリーズの一枚。
タイトルは「平和のはばたき」
原爆ドームの後ろで鳩が羽ばたいていますね。
印象的なデザインです。

本日、8月9日、長崎は72回目の「原爆の日」を迎えました。
長崎市の平和公園では平和祈念式典が開かれ、
被爆者や遺族ら約5400人が出席したそうです。
原爆投下時刻の午前11時2分に全員で黙とうをささげました。

広島に行く時は、必ず原爆ドームに行きますが、
鈍感な私でも原爆ドームの前に立つと胸がいっぱいになります。
二度と悲劇を繰り返さないよう訴えるために、
この原爆ドームが存在するのだと思います。



日本 鳩 
20170806.jpg


1995年に発行されました。
「平和50周年記念(広島・長崎平和祈年)」の切手シリーズの一枚。
児童画のようですね。タイトルは「みんな仲良し」だそうです。


本日、8月6日、 広島は72回目の原爆の日を迎えました。
広島市中区の平和記念公園では午前8時から市主催の
「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が行われ、
被爆者や遺族、安倍晋三首相ら約5万人が参列。
原爆が投下された午前8時15分、遺族代表らが「平和の鐘」を打ち鳴らし、
1分間の黙とうをささげました。

唯一の被爆国である日本が『核兵器のない世界』に向けた取り組みを、
どのように担っていくのか、私たち一人一人が考えていくことが大事だと思います。



日本 敗退 
img097.jpg


1968年に発行されました。
「第50回高校野球選手権大会」の記念切手。
ちなみに今年の高校野球選手権大会(夏の甲子園大会)は99回大会、
来年は記念すべき第100回ですね~お楽しみに♪

この切手、クリックで大きくしてご覧くださいね。
この「ボール」と中の「50」と「1968」の数字、人文字ですよ。
わかりやすいようにいつもより大きなサイズでupしています。
ちゃんとヘルメットや影も描かれていて、とても凝っています。
こんな遊び心があるデザインは大好き。
当時の切手デザイナーの方、やるな!って感じです。

ところで、本日30日、全国高校野球選手権西東京大会決勝で、
「清宮くん」の早実―東海大菅生戦が神宮球場で行われ、
6―2で東海大菅生が早実を下し17年ぶり3度目の甲子園出場を決めました。

注目の清宮くんは高校通算最多本塁打記録タイの107本。
残念ながら記録更新にはなりませんでした。
ですが、これからもきっと活躍されるのでは、と期待しています。
今のところ、進学かプロかについては未定だそうです。
 


日本 文楽 
20170730.jpg


1989年に発行されました。
ふるさと切手、大阪版「文楽と中之島公会堂」


今日は夏休み文楽特別公演第三部に。
夏らしくお祭り気分のお囃子にダイナミックなお人形の動き。
勘十郎さん…好きです♪
蓑助さんの使われるお人形さんの美しい所作に見とれてしまう。
先日鑑賞した第一部&第二部も含めて、夏の文楽、満喫しました。

文楽の後のお食事、これも楽しみの一つ。
今日は行く店行く店、全部にフラれてもうダメか…と思いましたが、
最後の最後に昔からある地元のお店になんとか入れました。
次回は文楽のチケットを予約すると同時に「鳥貴族」に予約入れることにしまっす!



日本 ラジオ体操 
20170724.jpg


1978年に発行されました。
「ラジオ体操50年」の記念切手。

もう子どもさんたちは夏休みに入っているんですね。
今朝、出勤途中にラジオ体操に向かう姿を見ました。
朝、ラジオ体操をすることにより、規則正しく一日を過ごせるのかな。

社会人になるまで、一ヶ月以上もあった夏休み…
どうしてダラダラ過ごしていたんだろう、私。
今、夏休みは3日間、土日祝に併せてやっと6日間…
あの頃に戻れるなら、戻れるなら、戻れるなら、
一生懸命勉強します!お手伝いもします!お友だちと仲良く遊びます!

なーんちゃって。きっと戻ってもダラダラ過ごすんだろな、私。



日本 シンクロ(世界水泳) 
img091.jpg


1994年に発行されました。
「第12回アジア競技大会広島記念」の切手。

世界水泳、始まってますね。
始まっているのに気がついたのは、実は昨日なのです。
シンクロの昨日のデュエットフリー決勝と今日のチームフリー決勝、
真剣に見ていましたが、日本の演技はとてもよかったと思いました。
正直、ウクライナに負ける理由がわからない…

演技が終わって、採点が表示された途端に涙があふれる選手たち。
胸が痛みます。
もちろんメダル獲得が全てではありませんが、
それを目標に厳しい練習に耐えてきた選手たちの努力が報われて、
全ての日程が終わったときに笑顔でありますように。



日本 和の文様 
20170720.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」は今日で終わり。
背景の色、芥子色ですね。
「芥子とナス」美味しそう。

この「和の文様シリーズ」、今、第2集まで発行されています。
今年のお盆明けには第3集も発売されるようです。
私は第2集は購入していませんが、第3集、ネットで見るとけっこうかわいいですよ。
どうやら、「郵便の絵文字」もないみたい。
このシリーズはシール型なので手軽ですし、デザインもかわいいので
お手紙差し上げる時に使いたいですね。

※いつもお世話になっている日本郵便さんのために、ちょっと宣伝しておきます。


全体像はこんなの ↓


20170720-1.jpg



日本 和の文様 
20170719.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」ラストスパート。
描かれているのは「立涌(たてわく)文様に茄子」


「立涌」文様は、瓢箪(ひょうたん)の胴のように太細(ふとぼそ)を
繰り返した波形の曲線縞(きょくせんじま)で、
地上から天に向かって気が立ち上がっていく様子を
表した有職(ゆうそく)文様の一つです。有職文様とは、
安時代以降、公家の装束や調度品などに使われてきた文様です。
今回はアクセントとして「茄子」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


ナス、かわいい♪
全部、ナスに見えますね。



日本 和の文様 
20170718.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、あと少し。
昨日の色違い。

色合いが違うと印象が違いますね。



日本 和の文様 
20170717.jpg


またまた、「和の文様シリーズ 第1集」
描かれている文様は「七宝(しっぽう)文様に蝶」


「七宝」文様は、同じ大きさの円を互いに
その円周四分の一ずつ重ねて規則正しく繋げた図形で、
四方に広がって無限に続くものを言います。
その「四方(しほう)」から転じて仏教の七宝(しっぽう)(金・銀・瑠璃等)
であるところの七宝という名前になりました。
四方や十方に広がる吉祥(きっしょう)にちなんで、
めでたい文様の代表格として用いられます。
今回は「蝶」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


モダンな柄ですよね。
色合いも良いのではないでしょうか~?



日本 和の文様 
20170716.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、折り返し地点。
本日は「蜀江(しょっこう)文様に郵便」のデザイン。

「蜀江」文様の名前は、中国の三国時代の「蜀」にあった「蜀江」という河の名前に由来しています。
八角形と八角形の一辺を辺とする正方形を互いの目に連続させた幾何形(きかけい)として展開させたものです。
鳳凰(ほうおう)・雲龍(うんりゅう)・牡丹唐草(ぼたんからくさ)などを組み合わせた柄が多いですが、
今回は「郵便」を絵文字に表したものと組み合わせています。

※日本郵便のHPより


ええっと、「郵便」を絵文字にって…
「便(瓶)」は確かに絵文字と言われれば、そうなのかと思うけど、
「郵」は普通の文字じゃない?文様も色合いもかわいいんだから、
「絵文字」はない方がいいんじゃないかなw



日本 和の文様 
20170715.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」まだまだ続きます。

あ!出た!郵便の「郵」の漢字と瓶の模様…
いかがなものか…と52円バージョンの時も思いましたが、
やっぱり、ちょっとね…



日本 和の文様 
20170714.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、続きます。
あら、かわいい♪
波がまるで、クレヨンや色鉛筆で描いたみたいですね。
千鳥も軽やかに飛んでいます。



日本 和の文様 
20170713.jpg


今日も「和の文様シリーズ 第1集」
「青海波(せいがいは)文様に千鳥」が描かれています。


「青海波」文様は、円弧を同心円に重ねた鱗状の形を、
一方向を追いかけるように繰り返して展開した繋ぎ文様です。
平安時代の「青海波」というめでたい演目の舞楽衣装の文様に用いられ、
いつしかこの演目の「青海波」が文様の名前になって日本の古典文様に定着しました。
今回は「千鳥」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


52円バージョンは今年の1月初めにupしました。
描かれている文様は共通していて、日本郵便の解説は同じ、
ですが、ちょっぴりデザインが違うので、よかったらそちらも見てくださいね。



日本 和の文様 
20170712.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、二枚目。
描かれているのは「富士山に麻葉文様」


「麻葉」文様は、六角形とその中心から各頂点を結んだ放射状の線で表される図形で、
大麻の葉の形に似ているところからそう呼ばれています。
しかし、単一形で用いることは少なく、多くは六方向に重ね合わせて続けていく
「六星形繋(ろくせいがたつなぎ)」で用い、それを「麻葉」と称しています。
麻が強く真っ直ぐに育つことにちなんで、子供や女性の衣装、帯などの文様に用いられました。
52円シートでは、「富士山」と組み合わせています。
82円シートでは、「麻葉」文様を「富士山」に配しています。

※日本郵便のHPより


この切手、お気に入り。
富士山は立派な山だなぁ。



日本 和の文様 
20170711.jpg


今日から「和の文様シリーズ 第1集」
以前にもご紹介しましたよね。
あれは…52円バージョン。
今回は82円バージョン、全部で10種類。
52円と比べると、ちょっぴりゴージャス…なーんちゃってw
昨年、2016年に発行されました。


毎日暑いのであっさりモードで淡々とupしていきますね。



日本 大相撲  
20170710.jpg


昨日の切手のペア。
周りの関取衆の表情が面白いですね。
土俵や行事の装束など、今とちょっと違います。
まわしの様子もおかしいw


ここで、「まわし」について。

約1300年前、互いの力を誇示するために相撲のルーツとなる競技を行った際、
武器を隠し持っていないことを証明するためにふんどし1枚になったのが始まりと伝えられている。
現行規則にも「まわし以外のものを身につけてはならない」と明文化されている。
湿布や包帯は例外として認められている。 

勝負規定第16条「前まわしがはずれ落ちた場合は負けである」

まわしが外れて落ちたせいで負けたら恥ずかしいでしょうね~
しっかり締めないとね!


繋げるとこんな感じ ↓


20170710-1.jpg



日本 大相撲 
20170709.jpg


1978年に発行された「相撲絵シリーズ 第2集」
「東西土俵入り」が描かれていますが…これ2枚の連刷切手なんですよ。
(異なる種類の切手の図案同士がつながって、一つの絵となる連続デザイン)
今日は「東の横綱(たぶん)」、明日、西の横綱の描かれている切手をupしまぁす。

さて、本日、9日に初日を迎えた大相撲名古屋場所で、
2横綱3大関が敗れる大波乱が起きました。
終わったことは仕方ない。
気持ちを切り替えて、明日から頑張って!



日本 労働…(T_T) 
img088.jpg


1997年に発行された「労働基準法制度50周年記念」の切手。


昭和22年、戦後の日本の産業復興と国際社会への復帰を促進する担い手となる労働者に、
憲法第27条に基づく基本的労働条件が保障されることとなりました。  
平成9年は、労働基準法制度が発足して50周年の節目の年に当たります。

労働基準法制度50周年記念 「人」の文字をもとにして、
労働者と使用者が支え合ってしっかりと歩んでいく姿を表現しています。

※日本郵便のHPより


最近、私のお仕事が増えました。
それもけっこうなボリューム。
上司に「じゃあ、何か減らしてよ。」って訴えていますが、
「取りあえず、様子を見よう」って言われました…
なんだかもう、イヤになってます。

労働者と使用者が支え合ってしっかりと歩んでいくって?
全く共感できない!最近のモカですw



日本 七夕 
20170707.jpg


子どもの頃は七夕が近づくと、お願い事を短冊に書き、
小さな笹の木に吊しました。
※こんな私にも子どもだった時代があるのです…

大人になってからはこのような行事にはめっきり疎くなってしまいましたが、
一応、このブログの中だけでも「七夕気分」を醸し出してみましょうか~


2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「七夕」の切手。
そうめんと七夕飾りが描かれています。

七夕は、年に一度、天の川を挟んで、織姫と彦星が出会う日です。
その名は、「棚機女(たなばため)」が仕立てた織物を神に供え、
秋の豊作を願う行事「棚機(たなばた)」に由来します。
七夕に欠かせないそうめんの原型に当たる「索餅(さくべい)」は、
平安時代より疫病の罹患を防ぐための七夕の供物でした。
江戸時代になり、女性たちは裁縫や書字の上達を願い、
短冊をしたためるようになったとされます。

※日本郵便のHPより


お裁縫はどうでもいいw
ですが、書字の上達はお願いしたい!
今からでも間に合うだろうか?
後、3分…



日本 都民ファースト 
img083.jpg


昨日、7月2日に実施された東京都議選では、
全127議席中、小池百合子都知事が率いる都民ファーストの会が、
追加公認を含めて55議席を取り圧勝しました。

すごい勢いですね。
これからどうなるのか楽しみです。
取りあえず、東京らしい切手を。

やっぱり「東京タワー」ですよね。
スカイツリーにしようか、とも思いましたが、
どなたでもわかるから。
夜の「ちょっと大人な雰囲気の東京タワー」



日本 梅雨 
20170702.jpg


梅雨ですね。
京都も蒸し暑い日が続いています。

さて本日、藤井聡太四段の30連勝がかかった、
「第30期竜王戦決勝トーナメント2回戦が行われましたね。
夕方頃からネットの生中継を見始めて、とうとう最後まで見てしまいました。
藤井四段には残念な結果になりましたが、まだ14歳、
これからの人生にとってはここで敗れるのも良い経験かもしれません。

ところで、試合が終わった後も、ネットの中継は続き…
なんと!今、対戦が終わったばかりのお二人がもう一度最初から始めたんです!
午前10時開始から始まって、終わったのが9時半頃。
片付けが始まると思ったら…
これは「感想戦」って言うものらしく、 内容は、その一局のお互いの読み筋を、
実際の対局には現れなかった枝葉の部分まで含めて公開しあって、
お互いの技術の向上の為にお互いでアドバイスし合うってことだそうです。
結局、感想戦が終わったのは10時半過ぎ…
佐々木五段、藤井四段、本当にお疲れさまでした~

それにしても記憶力のすごさにビックリ。
「今日の晩ご飯なんだっけ?」なんてレベルの私とは大違い。
まぁニワトリ並みの記憶力の私と比べること自体…略。



日本 祇園祭 
img081.jpg


1964年に発行されました。
「長刀鉾(たぶん)」と「八坂神社」が描かれています。


「祗園祭」は八坂神社の祭礼で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、
日本三大祭のひとつに挙げられています。
今からおよそ1100年前の清和天皇の貞観11年(869)に、京洛に疫病が流行し、
庶民の間に病人、死人が多数出ました。
牛頭天王(ごずてんのう、素盞鳴命ともいわれている。)のたたりであるとし、
祇園社(八坂神社の前身で、祭神は素盞鳴命)を信仰し、病魔退散を祈願しました。
その方法は、日本全国の国の数に準じて66本の鉾をつくらせ、
悪疫を封じ込む御霊会をおこなったのがはじまりであると伝えられています


今日、出勤の時、阪急電車のホームで「祇園囃子」が流れていました。
もう7月なんですね~
「祇園祭」のクライマックスは7月14日から17日ですが、
私はその頃、早めの夏休みをいただいて旅行中…
私は京都を留守にしておりますが、皆さま、ぜひいらしてくださいね。



日本 婦人参政権 
img078.jpg


1996年に発行された、「婦人参政権行使50周年記念」の切手。
婦人参政権(ふじんさんせいけん)とは、女性が直接または間接的に
国や地方自治体の政治に参加するための諸権利のこと。
今は女性参政権(じょせいさんせいけん)と言われることもあるそうです。

女性と国会議事堂が描かれています。 
女性は紫、白及び黄の3色で描かれていますが、
この3色は婦人参政権運動において使用されてきた色だそうです。
髪の毛、よく見ると「woman」って書かれてますね。

最近、言動が話題になっている女性議員の方がいらっしゃいますね。
片方からの一方的な記事しか出ていないので、なんとも言えませんが、
さすが!と感心するような、そんな女性議員のニュースが見たいです。



日本 29連勝 
img075.jpg


本日、26日、将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が
東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で
増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成しました。

快挙ですね♪
おめでとうございます。
インタビューなどで藤井聡太四段が話されているのを見ますが、
落ち着かれていますよね~本当に14歳?!っていつも思います。
やっぱりずば抜けて賢い人は違うんですね。
これからも頑張って欲しいです。

それにしても、お食事やおやつまで…ちょっと騒ぎすぎでは?
藤井聡太四段や相手の棋士の方も集中できないのではないか?と心配しています。
静かな環境の中で、対戦をしていただきたいですね。

今日は新記録達成のお祝いに「将棋」が描かれた切手を。
1994年に発行された、「国際文通週間」の記念切手。
MOA美術館の収蔵作品の「士女遊楽図屏風」から、
「将棋」が描かれています。



..