日本 秋、終了 
20171119.jpg


いつの間にか、すっかり冬になっていました…
冬の花をupしときますね~

平成19年発行の「民営会社発足記念」切手、再登板w
酒井抱一(さかいほういつ)筆、「十二ヵ月花鳥図屏風」より「椿」。

木の幹、枝、葉などの色の表現、惚れ惚れします。
この切手、購入して良かったって改めて思う。
ですが、(もったいなくて)使えない切手…ちょっぴり複雑。



日本 秋 
20171118.jpg


「四季の花シリーズ 」の中の一枚で1993年に発売された、「鈴木其一の菊」
やっぱり其一は素晴らしい…大好きです。



日本 秋 
20171117.jpg


1979年に発行された「日本の歌シリーズ」の「もみじ」
お気に入りの切手なので、前にもご紹介してますね。

四季のある国に生まれてよかったって思います。
暑い・寒い・雨イヤー・虫イヤーとか色々言っていますが、
季節ごとにその時期だけのお楽しみがあるなんて、とても幸運なことですよね。



日本 秋 
20171116-1.jpg


「平安建都1200年」の記念切手、今日で終わりです。

5枚を並べてみるとこんな感じ ↓

20171116-2.jpg

右奥に京都・高雄の神護寺がありますね。
左奥の雪に閉ざされた参道は、愛宕神社に続く道だそうです。
紅葉の下で着飾って飲食を楽しむ人々や
橋を渡って寺社に向かうであろう僧の姿が描かれています。
色合いもゴージャスですよね。



日本 秋 
20171115-1.jpg


「平安建都1200年」の記念切手、終了間近です。
もう終盤なのですが、今更ながらupしている切手が小さすぎて、
何が何だかわからないことに気がつき…切手を差し替えています。
クリックで大きくして見てくださいね。
昔の人がどのように紅葉を楽しんでいたかわかるかも(?)しれませんw



日本 秋 
20171114-1.jpg


今日も「平安建都1200年」の記念切手。
この切手に描かれている「高雄」は紅葉の名所ですよね。
神護寺とか。
「高雄」に行ってみたいと思いますが、自宅からは遠く、
しかも休日は混んでいるだろうなって思うと…
近場にも名所があるしね。

今、京都は秋の観光シーズン。
平安神宮やら永観堂やらを通るバスで通勤していますが、
最近はライトアップしているそうで、夜でもバスはけっこう混んでます。
反対側の京都駅方面に向かうバスの停留所には行列が。
観光に来られる皆さま。時間に余裕を持たれた方が良いですよ~



日本 秋 
20171113-1.jpg


「平安建都1200年」の記念切手、続きます。
この切手の元となったのは東京国立博物館蔵の国宝「高雄観楓図屏風」
室町~安土桃山時代・16世紀に狩野秀頼により描かれたそうです。

紅葉を楽しむという文化は昔からあるんですね。



日本 秋 
20171112-1.jpg


平成6年に発行された「平安建都1200年」の記念切手。
5枚の切手が連なるデザインになっています。

平成6年か~
そう言えばいろんなイベントがあったような気がする…
どんなイベントがあったのか思い出せればって言うか、
調べられたらご紹介しますね♪




日本 秋 
20171111.jpg


平成19年に発行された「切手趣味週間にちなむ郵便切手」
ね、これもキンキラキンでしょ。
この年、何があったんだろう。

この「切手趣味週間にちなむ郵便切手」は
その年の干支が描かれた美術文化財を題材に選び、発行しています。

19年は猪年ということで、永青文庫所蔵の
森一鳳(もりいっぽう)筆の「猪図(部分)」 から「野を駆ける猪」。

気持ちよさそうに走ってますね~♪



日本 秋 
20171110.jpg


またまた「民営会社発足記念」切手。
描かれているのは「菊」

鈴木其一の次に好きな酒井抱一(さかいほういつ)筆
「十二ヵ月花鳥図屏風」六曲一双(部分)
こちらも出光美術館蔵。



日本 秋 
20171109.jpg


今日も「民営会社発足記念」切手。
昨日に引き続き「楓(かえで)」が描かれています。
出光美術館蔵の「四季花木図屏風」六曲一双(左隻部分)より。
私の大好きな鈴木其一(すずききいつ)筆。


平成19年10月1日、日本郵政公社は民営化し、JPグループとして、
日本郵政株式会社、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、
株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険という、5つの会社が誕生。
この歴史的・国家的変革を記念して、特殊切手「民営会社発足記念」が発行されたそうです。



日本 秋 
20171108.jpg


平成19年に発行された「民営会社発足記念」切手。
昨日の「ふみの日」切手と同じ年の発行。
この辺りの時期、こんな感じの「キンキラキン」な切手が多かったのです。
迷走してたんでしょうか?
最近、発行されている切手と比べて見ると全然雰囲気が違いますね。

この「民営会社発足記念」切手は四季折々の植物が描かれています。
秋の植物がまだあるので、詳しくは明日にでも♪



日本 秋 
20171107.jpg


平成19年に発行された「ふみの日」切手。
日本の雅(みやび)を伝えたい!とのことで、
我が国の代表的な古典歌集である百人一首を題材とし、
江戸時代の歌がるた「光琳かるた(通称)」の絵柄を基にデザインしているそうです。


この切手の和歌は猿丸太夫の

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
    声きく時ぞ 秋は悲しき

の下の句の部分。    


鹿の顔がおかしい。    


  
日本 秋 
20171106.jpg


この「秋」というテーマだと日本の切手ばっかりになる!
と今、気がつきました…が、まぁいいか。

奈良県の「吉野」は桜のイメージが強いのですが、
秋の風景も見応えありそうですね。

奈良ってなんとなく遠いイメージがあるのですが、
近鉄もJRもあるし、地下鉄でも行けるんですよね。
今月、奈良観光に行こうと思ってますが、
どこかオススメありますか~?



日本 秋 
20171102.jpg


1979年に発行された「国土緑化(愛知)」。
この「国土緑化」シリーズは今もふるさと切手として発行されています。

切手名称の後にある都道府県名は、
国土緑化運動の中心的行事「全国植樹祭」の発行された年の開催地なんですって。

こんな感じのシンプルな切手、良いですよね。
最近の切手はとってもかわいいデザインが多いように思いますが、
普通なんだけど、ちょっと季節感(遊び心)があるデザインっていいな。



日本 秋 
20171101.jpg


紅葉ではありませんが…
秋っぽくない?桔梗は秋の七草のひとつですよね。
1993年に発行された「四季の花シリーズ3集」
尾形光琳画の「画帖ニ帖にある桔梗図」より。

今日、お昼休みに郵便局へ。
ですが、お目当ての切手シートは売り切れ…
どうしても諦められず、帰りにデパートの中の郵便局に寄りました。
無事にGET!
しかし、北海道展の催事を素通りできず、衝動買いの数々…
初めて見た変わった商品ばっかり購入してしまったけど
なぜ、もっと普通の定番商品を買わなかったのかw
有名店のスィーツとか海産物とか。
あの時、私の平常心はどこに。



日本 秋 
20171031.jpg


平成9年に発行された「国際文通週間」の記念切手。
毎年10月6日から同月12日を「国際文通週間」と定め、
昭和33年(1958)以降、毎年「国際文通週間にちなむ郵便切手」が発行されています。

「四季花鳥図巻(東京国立博物館所蔵)」 からデザインされています。
この「四季花鳥図巻」 は安藤廣重によって描かれていて、
春夏及び秋冬の二巻仕立てで構成された豊饒華麗な花鳥図巻で、
鮮明な色彩美の他に、曲線等が効果的に用いられ、
それらに生き生きとしたリズムがつけ加えられています。

※日本郵便さんのHPより



日本 鉄道  
20171028.jpg


「鉄道シリーズ 第3集」は今日で終わり。
ラストは「近畿日本鉄道50000系」

お、観光特急「しまかぜ」か~
これ、乗りたいんですよね。
以前、伊勢に旅行に行ったときにチャレンジしたけど、
やっぱり予約は取れませんでした。
予約GETするには何かコツがあるんだろうか。

このシリーズは明るい色の背景に凜々しい電車がよく合っていて、
乗ってみたい!と改めて思いました。
良いシリーズだと思います。

全体像はこんなの ↓


img127.jpg



日本 鉄道  
20171027.jpg


もう少し「鉄道シリーズ 第3集」
九枚目は「小田急電鉄60000形」

この特急は乗ったことないなぁ。
会社辞めて、乗り鉄の旅に出かけようか!



日本 鉄道 
20171026.jpg


「鉄道シリーズ 第3集」、今日は八枚目。
「東海旅客鉄道・西日本旅客鉄道N700系」が描かれています。


ほとんどの切手の解説文に「ブルーリボン賞受賞」と書いてありますね。
これは鉄道友の会が毎年1回、前年1月1日から12月31日までの間に
日本国内で営業運転を正式に開始した新造および改造車両から選定している賞だそうです。
我が国の鉄道車両の進歩発展に寄与することを目的なんですって。



日本 鉄道  
20171025.jpg


「鉄道シリーズ 第3集」続きます。
七枚目は「西日本旅客鉄道500系」

山陽新幹線かぁ。
新大阪駅から博多駅を結ぶ新幹線なんですよね。
京都から乗るときには東海道新幹線だし、
博多から先に行くときは九州新幹線。
意外と乗るチャンスは少ないかも。



日本 鉄道 
20171024.jpg


またまた「鉄道シリーズ 第3集」
六枚目は「近畿日本鉄道12400系」

近鉄ってちょっと馴染みがない…って思ってますが、
でも、京都でも運行しているんですよね。
あ、そう言えば先週、乗ったわ。
もしかして、近鉄って気づかないうちに乗ってるかもしれません…



日本 鉄道 
20171022.jpg


超大型台風接近、衆議院選挙と大きな出来事の真っ最中ですが、
ここ「mocha stamps」は通常運転で運行しております…鉄道切手だけにw


「鉄道シリーズ 第3集」まだまだ続きますよ。
四枚目は「阪急電鉄6300系」

毎日乗って通勤してます!
明日も乗ります!
台風に負けずに頑張って!



日本 鉄道 
20171021.jpg


「鉄道シリーズ 第3集」続きます。
今日の電車は「京成電鉄AE形(初代)」


乗ったことあるかな?ないかな?
昔、成田から飛行機乗ったことがあるから、乗ってるかも。



日本 鉄道 
20171020.jpg


少々鉄分多めな私です。
写真を撮るわけでもなく、鉄道の種類もわからず…
ただ、電車に乗って車窓をボーーーっと眺めているのが好きなんです。
ローカル線の沿線に住んでいるせいか、ローカル線が大好きで、
旅行に行くとローカル線に乗ろうとします。
バスで移動した方が安いし、早いんだけど。
わかっていても可能な限り電車で。

さて、「鉄道シリーズ 第3集」の二枚目は「日本国有鉄道183系」
わぁなんだか懐かしいような気持ち。



日本 鉄道 
20171019.jpg


今日からupするのは電車の切手。
2015(平成27)年に発行されました「鉄道シリーズ 第3集」
全部で10種類。

このシリーズは毎年、鉄道の日(10月14日)に合わせて発行。
「通常版」は普通に電車の画像、そして正面からみた鉄道車両をイラストで
デザインした「イラスト版」の2種類の切手シートがあるんですよ。
私はかわいい「イラスト版」がお気に入り。
切手の隣にそれぞれの解説があるのも良いですね~

まず一枚目は「東海道新幹線の50年」
いつもお世話になっています♪



日本 土偶 
img125.jpg


1998年に発行された長野県のふるさと切手、「縄文のビーナス」
本日、10月9日は「土偶の日」だそうですよ。


楽しみながら考古学に親しむをコンセプトに活動する「土偶の日運営委員会」が制定。
運営する土偶と縄文のポータルサイト「どぐぽた。」などを通じ、
土偶に限らず広く縄文時代の文化について多くの人にその魅力を知ってもらうのが目的。
日付は10と9で「土(10)偶(ぐう)」と読む語呂合わせから。
記念日登録はクラウドファンディングにより達成。

※日本記念日協会さんのHPより


この切手に登場している土偶にピッタリな記念日ですよね~。
この土偶は棚畑遺跡から発掘され、縄文時代の遺物として初めて国宝に指定されました。
長野県茅野市の尖石縄文考古館で常設展示されています。
興味のある方は是非♪



日本 中秋の名月 
20171004.jpg


2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「月見」の切手。
描かれているのは「月見団子と月」


月見の歴史は、古代中国より伝来し、平安貴族の世界で好まれた
「月見の宴」にさかのぼることができます。
やがて満月は豊穣のシンボルとされ、月見団子や初収穫の里芋と栗を供え、
豊作を祈願しながら月を眺める習慣が、江戸時代頃に定着しました。
なお月見に欠かせないすすきは、稲を模したともいわれています。

※日本郵便さんのHPより


本日、4日は「中秋の名月」です。
夜空を見上げられましたか?
私もさっきベランダから。
けっこう寒かったので、月見酒どころではなく、
すぐに撤収しましたがw

もうすっかり秋めいてきて、朝晩は肌寒いくらいですね。
どうか、皆さま、ご自愛くださいませ。



日本 アンパンマン 
img124.jpg


平成12年(2000)11月22日に発行された、
「 20世紀デザイン切手シリーズ第16集より、
「それいけ!アンパンマン」

ご存じでした?
今日は「アンパンマンの日」だそうですよ。


子どもたちに絶大な人気を誇る国民的キャラクター「アンパンマン」(原作・やなせたかし氏)の記念日。
日付はテレビアニメ「それいけ!アンパンマン」が日本テレビ系列で放送を開始した
1988年10月3日から。「アンパンマン」はいつまでも子どもたちに「愛と勇気」を届け続ける。

※日本記念日協会さんのHPより


私は食パンマンのアッサリしたところが好きです。



日本 EPAの日 
img123.jpg


1966年から1967年にかけて発行された、「魚介シリーズ」より「かつお」
毎月30日は「EPAの日」なんですって。


水産事業や食品事業などを手がける日本水産株式会社が制定。
EPAとは魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸の略称で、
中性脂肪を減らしたり、動脈硬化などの予防をする働きがある。
日付は肉中心の生活を送る現代人に肉(29)を食べた次の日(30)には魚を食べ、
EPAを摂取してバランスよい食生活を一年中送って欲しいという思いを込めて毎月30日に。

※記念日協会さんのHPより


「エイコサペンタエン酸」って初めて聞きました。
ドコサなんとかってなかったっけ?
この切手に描かれている「かつお」、私、大好きで。
今も冷凍庫に「かつおのたたき」が待機しています。
今日お魚を食べるべき日だったのなら、食べれば良かった、ちょっぴり後悔…



..