スペイン 文字 
img122.jpg


本日、ネットで興味深い記事を見かけました。

「汚文字に悩む著者が美文字を書こうと悪戦苦闘する様を描いた、
『字が汚い!』(文藝春秋刊)というタイトルの書籍がベストセラーとなっている。」
という記事だったのですが、その記事の中で、私の興味を引いたのが下記の一節。

「アルファベット圏の人は文字は個性だと思っているから、美醜は気にしない。
書き順や字の間隔も気にする人はいない。要は読めればいいという感じなんです。
字が汚いことを恥じるのは、日本特有の現象だと思います」

私も昔から字が下手なことがコンプレックスなんですけど、
個性と思えば、それはそれでいいかも!…いや、やっぱり、ダメだ…
下手なのは仕方ないけど、せめて丁寧に書かないと。

切手は1989年にスペインから発行されました。
この切手の文字も「個性的」ですよね。



スペイン 鳩 
20170812.jpg


1976年にスペインから発行されました。
輪郭の線が太いので、とても力強く感じますね。
「さあ、飛んでいけ~」って感じでしょうか。



スペイン 損失 
20170127.jpg


1973年にスペインから発行されました。

1月21日、入院して闘病中だった俳優の松方弘樹さんが
脳リンパ腫で死去されたというニュースがありました。

そう言えば京都の飲食店でお見かけしたことがあったなぁと思い出しました。
大スターなんだけど、とても気さくな方というイメージです。
実際、お見かけした時にもニコニコとお連れの方と話してらっしゃいました。

さて、「週刊SPA!」さんの記事によると、
松方さんと言えば「本職は俳優ではなく、釣り人」というほどの釣り好きで有名。
釣りの話だけでなく、漁業資源の話になると熱くなるのが印象的だったそうです。

「人間の力だけで釣り上げるマグロ一本釣りは、水産資源に優しい“エコ”な漁法。
それに比べて産卵期の魚や小さい魚を根こそぎ獲ってしまう「巻網漁」は、
魚の枯渇につながる。日本も、ノルウェーやニュージーランドなど、
海外並みの厳しい規制強化をすべきです」と松方さんは語った。

しかし、まだ日本では巻き網漁などによる乱獲が続き、実現できていない。
松方さんが亡くなられたことは、日本の漁業界にとっても大きな損失とのことです。

この切手に描かれているのは、どう見ても「巻網漁」ですよね…
そっか。この漁法は水産資源にとってはダメなのか…
これからもずっと美味しくお魚を食べるために、
水産資源を守っていく漁法を考えないといけないですね。
もちろん日本だけでなく世界各国の皆さまと。



カナダ 郵政 
20150425.jpg


カナダのお土産切手、こんなにかわいい袋に入ってました。
実在の切手が描かれているんでしょうか~?
こんなの大好き。
大事に取っておきます。
日本で切手を購入した時に入れてもらえるビニール素材の袋、
なんだか味気なく思いますね。いや、実用的なんですけど。



スペイン オリンピック 
20140220.jpg


スペインから発行されました。
1972年 札幌オリンピックの記念切手。


真央ちゃん、昨晩は寝られたかなぁ…
心配で今日はお仕事どころじゃなかったです。
オリンピックって本当に怖い。
気持ちを切り替えて、フリーではなんとか真央ちゃんのスケートを。
今日は真央ちゃんの笑顔が見られますように。



スペイン オリンピック 
20140217.jpg


スペインから発行されました。
1968年のグルノーブルオリンピックの記念切手。


アルペン競技がデザインされていますね。
アルペン競技は回転、大回転、スーパー大回転、滑降、複合の5種目に分かれています。


回転…旗門数が多く、細かいカーブを素早く正確に曲がることを要求される種目。
男子は、標高差180〜220メートルで旗門数は55〜75。
女子は標高差130〜180メートルで旗門数は45〜60。
旗門の設定を変えたコースを2回滑り、合計タイムを競う。


大回転…回転に次いで旗門数が多く、カーブを正確に曲がることを要求される種目。
S字を描くように左右に振られる様々なカーブを組み合わせたコースを使用。
旗門設定を変えたコースを1回ずつ滑り、合計タイムを競う。


スーパー大回転…滑降同様に高速で斜面を滑り降りながら、
比較的大きなカーブを曲がることを要求される種目。
基本的に1回の滑りで勝敗を競う。88年カルガリー大会から正式種目となった。


滑降…アルペンの中で最もコースが長く、スピードが速い競技。
男子なら最高時速が140キロに達する。コースは全長約3キロ。
最大斜度30度以上で、標高差は男子が800〜1100メートル、女子は500〜800メートル。
コース途中には2、3カ所のジャンピングポイントも設けられている。基本的に1回の滑りで勝敗を競う。


複合…滑降(スーパー大回転)と回転を1回ずつ滑り、その合計タイムを競う。


アルペン競技、カッコいいですよね~
けっこう好きです。


日本選手が出場する、男子・回転。
アルペン 男子回転・決勝 1本目   2/22(土) の日本時間 21:45、現地時間 16:45
アルペン 男子回転・決勝 2本目   2/23(日) の日本時間 01:15、現地時間 20:15



スペイン オリンピック 
20140214.jpg


スペインから発行されました。
1968年のグルノーブルオリンピックの記念切手。


ボブスレーかな。
今のそりは流線型でカッコいいのですよ。
最高時速が140kmに達することから「氷上のF1」とも言われてますね。
この切手のそりはちょっとレトロな雰囲気です。



スペイン オリンピック 
20140211.jpg


スペインから発行されました。


いよいよ高梨沙羅ちゃんのジャンプ 女子ノーマルヒル!


そしてスノーボード・男子ハーフパイプの決勝~
平野歩夢選手、平岡卓選手が出場されます。


その上、カーリング女子・予選リーグ「日本×デンマーク」も。


更にスピードスケート 女子500m決勝。
小平奈緒選手、辻麻希選手、住吉都選手が出場されます。


どうしましょう~
今夜も寝られそうにありません…
お仕事なんか…もうどうでもいいですw



スペイン 地図 
20130220.jpg


1982年にスペインから発行されました。
スケールの大きなデザインですね。
船旅もいいな~



スペイン 本 
20120925.jpg


1979年にスペインから発行されました。

読書の秋ですね。
朝晩はかなり肌寒くなってきました。
皆さま、風邪ひかれないようご自愛くださいませ。



スペイン 馬 
20120823.jpg


1980年にスペインから発行されました。
看板っぽいですよね。
こんな感じのデザインも好きなのですが、
いつもジャンルに迷います。
今日は馬(動物)に分類してみましたw



スペイン 風景 
20120818.jpg


スペインの切手。
描かれているのは、おそらくスペイン南西の都市のHuelvaの史跡。
クリストファー・コロンブスはこの地で政治的、経済的な支援を得ることができ、
最初の航海の準備を整えることができたそうです。



スペイン スポーツ 
20120414.jpg


スペインのお土産切手、今日はスポーツ。
どう見てもボウリングに見えますw
色合いがいいですね。



スペイン 花 
20120413.jpg


スペインのお土産切手。
いかにも普通切手らしいデザインですよね。
が!チューリップの配置が個性的だと思います。



スペイン 風景 
20120412.jpg


今日のスペインのお土産切手は「山」
手前にあるのは岩でしょうか?



スペイン 鳥 
20120411.jpg


親戚がスペインに旅行した時のお土産切手。
この鳥は何でしょう?とても愛らしいですね。



スペイン クリスマス 
20111212-1.jpg 20111212-2.jpg


1972年にスペインから発行されました。
なんだか色々不思議です。



スペイン 民俗 
20111120.jpg


2008年にスペインから発行されました。
パーティドレスなんでしょうか~
美しくて豪華です。



スペイン 民俗 
20110830.jpg


スペインの民族衣装、今日で終わりです。
最後は1971年発行のお気に入りの一枚で。

スペイン中北部、ピスエルガ川沿いに位置する
工業都市バリャドリッドの民族衣装です。
元日本代表FWの城彰二さんが所属していたリーガ・エスパニョーラの
レアル・バリャドリッドがある都市ですね。
女性のポーズがとてもかわいい。



スペイン 民俗 
20110829-1.jpg 20110829-2.jpg


スペインの民族衣装、そろそろ終了です。
1971年に発行された切手です。

右はポルトガルとの国境に近い都市サモーラwの、
左はスペイン北部の県ビスカヤの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110828-1.jpg 20110828-2.jpg


今日も続きます。
スペインの民族衣装、1971年に発行されました。

左は地中海に面し温暖な気候で雨量も少ない観光地バレンシアの、
右はスペイン北東部の都市サラゴサの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110826-1.jpg 20110826-2.jpg


スペインの民族衣装、まだまだ続きます。
1969年に発行されました。

右はスペイン南東部の農産物の生産が盛んなムルシアの、
左はスペイン北部の工業都市オビエドの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110827-1.jpg 20110827-2.jpg


スペインの民族衣装、とってもかわいいですね!
今日の切手は1969年に発行されました。

左はサン・フェルミン祭(牛追い祭り)で有名なナバーラ州でしょうか?
右はスペインの首都マドリッドの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110825-1.jpg 20110825-2.jpg


お気に入りの民族衣装はありましたか?
今日の切手は1969年の発行です。

右が温泉が湧き出していることで有名なオウレンセの
左が画家のピカソの出身地のマラガの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110824-1.jpg 20110824-2.jpg


今日もスペインの民族衣装です。
左は1968年に、右は1969年に発行されました。


左はコロンブス縁の都市であるウエルバの、
右は復活祭のようなフィエスタで有名なレオンの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110823-1.jpg 20110823-2.jpg


今日もスペインの民族衣装。
左は1969年、右は1968年に発行されました。

左はイレルダの戦いの戦いで有名なリェイダ(現在名)の、
右はスペイン内戦の時に過酷な戦闘が繰り広げられたウエスカの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110822-1.jpg 20110822-2.jpg


今日も続きます。
1970年に発行されました。

左はスペイン領カナリア諸島テネリフェ島にある都市サンタ・クルス・デ・テネリフェの、
右は地中海に面した港湾都市タラゴナの民族衣装。タラゴナは古代ローマ時代に築かれ、
水道橋や円形競技場などの遺跡が今でも残っていて、世界遺産に登録されているそうです。



スペイン 民俗 
20110821-1.jpg 20110821-2.jpg


今日も続きで。
1970年に発行されました。

左は切手発行当時統治下にあったスペイン領サハラの、
右は中世からの貿易都市であるポンテベドラの民族衣装です。



スペイン 民俗 
20110820-1.jpg 20110820-2.jpg


今日もスペインの民族衣装です。
1970年に発行されました。

左がパレンシアの、右がサラマンカの民族衣装。
サラマンカには大学がたくさんあるそうですよ。



スペイン 民俗 
20110819-1.jpg 20110819-2.jpg


スペインの民族衣装、今日も続きます。
1970年に発行されました。

右がスペインを代表するギリシア人画家のエル・グレコが活躍した町としても有名なトレドの、
左がスペインの北に位置する港湾都市サンタンデールの民族衣装です。




..