ソ連 雪の結晶 
20161124.jpg


1971年にソ連から発行されました。
クロスカントリー(かな?)の選手の背景に描かれた雪の結晶。

関東甲信では24日、各地で雪が降り、東京都心では11月としては54年ぶりに初雪を観測。
交通機関が乱れたり、路面が凍結した中での通勤・通学、本当にお疲れさまでした。

そんな中、気象庁の荒木健太郎研究官がTwitterでこんな呼び掛けをしたそうです。
「関東甲信の皆さまにお願いです。雪が降ったら雪結晶の写真を撮ってください」

雪の結晶の写真は降雪のメカニズムを解明し、
天気予報の精度向上に役立てるために必要なんですって。

荒木さんは、関東甲信での降雪メカニズムを研究されていて、
大気の状態などによって変わる雪の粒子を分析することが、
「雪を降らせる雲の構造や低気圧の特徴を把握するために重要」で、
実態の解明につながると述べていらっしゃるそうです。

雪結晶は「黒や青の生地を背景に、大きさが分かるものと一緒に撮ってほしい」と荒木さんはツイート。
写真は撮影時刻と市町村名とともに、ハッシュタグ「#関東雪結晶」を付けて投稿するか、
ダイレクトメッセージで送ってほしいというご希望です。

収集したデータを用いた解析結果は、12月10日に気象庁講堂(東京・大手町)で開催する、
シンポジウム「関東の大雪に備える」で公開する予定だそうです。

あんなに小さな雪の結晶から、様々なことがわかるんですね。
関東甲信の皆さま、あなたの撮影した写真から自然の神秘が解明されるかも!



冬季オリンピック フランス 
100230.jpg

1967年にフランスから発行されました。
翌年にフランスで開催されたグルノーブルオリンピックの記念切手です。
こんな感じのシンプルなデザインもいいですね。
色合いも美しいと思います。

楽しかったオリンピックも終わりました。
4年後のソチオリンピックを今から楽しみにしています。
おっと、その前にロンドンオリンピックがありますね!



冬季オリンピック チェコスロヴァキア 
100228-1.jpg 100228-2.jpg 100228-3.jpg


1976年にチェコスロヴァキアから発行された、
インスブルックオリンピックの記念切手です。
とても美しい切手だと思います。

スピードスケート女子チームパシュート、やりましたね!
田畑選手、小平選手、穂積選手、銀メダルおめでとうございます。
フィギュアのエキシビションもとても素晴らしかったですね~



冬季オリンピック ソ連 
100216-1.jpg 100216-2.jpg

          100216-3.jpg

100216-4.jpg 100216-5.jpg


スピードスケート男子500m 長島 圭一郎選手、加藤 条治選手、おめでとうございます!

今日はスピードスケートの切手が含まれているシリーズを。
1972年にソ連から発行された、札幌オリンピックの記念切手。
カラフルでとてもいいですね。お気に入りの切手です。

明日はいよいよフィギュア、男子(ショートプログラム)ですね!
カーリングの女子予選、日本対アメリカ戦も楽しみです。



冬季オリンピック 日本 
100215-.jpg


1972年に発行された、札幌オリンピックの記念切手です。
日本選手が健闘しているニュースを聞くと嬉しいです!

明日はスピードスケート男子500mがありますね。
フィギュアペアのロシアの代表選手、
川口悠子選手のフリーの演技も楽しみです。



冬季オリンピック アメリカ 
100212-1.jpg


ところで、いよいよ冬季オリンピックですね!
今日から冬季オリンピックをテーマにした切手をupしています。
ヴァレンタインデー切手が終了するまで2本立てです。
頑張ります!

まず最初の一枚はアメリカから発行された切手です。
1960年にアメリカ合衆国のスコーバレーで行われた冬季オリンピックの記念切手。
渋くて美しくて、お気に入りの一枚です。



..