オーストリア 風雲児 
20171016.jpg


1986年にオーストリアから発行されました。
とってもシンプルで美しいデザインですね。


さて、本日のニュース


オーストリア国民議会(下院)選挙(総選挙)の投票が15日、行われた。
同国政界の「風雲児」とも呼ばれるセバスティアン・クルツ(Sebastian Kurz)外相(31)率いる、
中道右派の国民党(OeVP)の勝利がほぼ確実となり、クルツ氏が欧州最年少の首相に就任する可能性が出てきた。

※時事通信社さんの配信


31歳で首相か~。
私自身が31歳だった頃を思うと…いや、私と比べること自体おかしいか。



ハンガリー 孫 
20171015.jpg


1976年にハンガリーから発行されました。


本日10月15日は「まごの日」なんですって。

9月の第3月曜日の「敬老の日」からほぼ1ヶ月後の10月の第3日曜日を、
おじいちゃん、おばあちゃんから、孫にメッセージを伝える日にしようと日本百貨店協会が制定。
百貨店のもつ商品性、文化性、交流性を生かして社会にアピールしていくのが目的。

※日本記念日協会さんのHPより


孫の日…百貨店の陰謀w



スペイン 独立 
20171001.jpg


1965年にスペインから発行されました。
旗に描かれている3本の塔を持つ城とライオンは
国章にも使用されているシンボル。かっこいいですよね~
ところで、今、スペインは大変な状況なんですね。


1日午前9時(日本時間同日午後4時)からスペイン東部カタルーニャ自治州が、
独立の是非を問う住民投票が始まったというニュースがありました。

※時事通信社さんの配信


私たち日本人には、ちょっと想像できないような状況ですが、
内戦にならぬよう、なんとか無事に収束しますように。



国連 コンサート 
20170929.jpg


1969年に国際連合ジュネーブ事務局から発行されました。
緑色の芝生と建物にカラフルな国旗が翻っていて、
バランスのとれたデザインだと思います。

さて、本日、小・中学校のお友だちにお誘いいただいて、
国連協会京都本部さん主催の国連音楽会に行ってきました。
チェンバロのコンサート、とても楽しかったです。

お話も面白く、もちろんチェンバロの演奏も素晴らしく、
お仕事で荒れ果てた私の心を癒やしてくださいました。
良い時間を過ごすことができましたよ。

クラシック音楽は今まで、あまり馴染みがなかったのですが、
お友だちのおかげで少しずつ足を踏み入れつつあります。
まだまだ入門したばっかりなのですが。



ロシア おそロシア? 
20170928.jpg


2003年にロシアから発行されました。
かっこいいデザインですよね。
何の目的で発行されたんでしょうか~?

ところで、本日、ロシア関連のニュースを見ました。


ロシアのプーチン大統領は27日、1997年発効の
化学兵器禁止条約に沿った国内の化学兵器廃棄完了を発表。

※時事通信社さん配信


本当かな?
「おそロシア」だからな…



日本 アマリエンボー宮殿 
20170927.jpg


「日デンマーク外交関係樹立150周年」の記念切手、最後の一枚。
描かれているのは「アマリエンボー宮殿」


現王室の居城で、フレデリック5世の騎馬像がある八角形の広場に面して建てられています。
女王陛下の在宮時は屋根に国旗が上がり、12時に衛兵の交替式を見ることができます。

※日本郵便さんのHPより


おおー素敵。
衛兵さんもかわいい♪
このシリーズ、全部手書き風のデザインで、
温かみがあって、とても良いシリーズだと思います。
デンマークに行ってみたくなりました。

全体像はこんなの ↓

img120.jpg



日本 クロンボー城 
20170926.jpg


「日デンマーク外交関係樹立150周年」の記念切手、あと少し。
今日描かれているのは「クロンボー城」


16世紀に建てられたもので、シェークスピア作「ハムレット」の舞台として知られています。
2000(平成12)年にユネスコの世界遺産として登録されました。

※日本郵便さんのHPより


美しいですね。
デンマークの国旗も翻っています。
「ハムレット」の舞台だなんて由緒のあるお城なんですね。
でも、このお城の名前、怒られないだろうか?
ドキドキします。



スペイン 文字 
img122.jpg


本日、ネットで興味深い記事を見かけました。

「汚文字に悩む著者が美文字を書こうと悪戦苦闘する様を描いた、
『字が汚い!』(文藝春秋刊)というタイトルの書籍がベストセラーとなっている。」
という記事だったのですが、その記事の中で、私の興味を引いたのが下記の一節。

「アルファベット圏の人は文字は個性だと思っているから、美醜は気にしない。
書き順や字の間隔も気にする人はいない。要は読めればいいという感じなんです。
字が汚いことを恥じるのは、日本特有の現象だと思います」

私も昔から字が下手なことがコンプレックスなんですけど、
個性と思えば、それはそれでいいかも!…いや、やっぱり、ダメだ…
下手なのは仕方ないけど、せめて丁寧に書かないと。

切手は1989年にスペインから発行されました。
この切手の文字も「個性的」ですよね。



ブラジル 板書 
20170917.jpg


1998年にブラジルから発行されました。
デザインもかわいいですが、色合いにも注目してください。
ブラジルの国旗の色合いなんですよ。
ブラジル郵政省(?)、なかなかやるな。


今日のグラチャンバレー、日本男子は世界最強のブラジルとの対戦。
残念ながらと言うか、当然ながらあっという間に負けてしまいましたが、
今日の経験がこれからの糧となればいいですね。


ところで、昨日、お友だち夫婦とお話ししていて、
近い将来、板書という授業風景が無くなるかも、なんて流れになり、
自分の記憶にある「授業風景」と全く違う未来の「授業風景」を想像し、
なんとも言えない気持ちになりました。

も、もしかして、もう既にそうなってますか?
ついて行けてない、私、時代遅れ…



アメリカ 9.11 
20170912.jpg


昨日、9月11日、アメリカ同時多発テロが起こってから16年目を迎えました。
もう16年も経ったのか、と正直思いました。
ニュース映像で見た、世界貿易ビルのツインタワーへの乗っ取り機の追突映像は、
今もなお、はっきりと思い浮かびます。

9.11によってアメリカが、世界が、様々な側面で変わってしまったことは否定できないと思います。



イギリス 吉報 
20170904.jpg


1973年にイギリスから発行されました。
昨日は眞子さまのご婚約のニュースで盛り上がりましたが、
今日はイギリスのロイヤルファミリーのおめでたいニュースがありましたね。

英王室は4日、ウィリアム王子の妻であるキャサリン妃が、
第3子を妊娠していると発表しました。

おめでとうございます。
長男のジョージ王子(4歳)、長女のシャーロット王女(2歳)に続く、
第3子のご懐妊ですね~
性別や誕生時期などは明らかにされていないそうですが、
楽しみです!



イギリス 初来日 
img114.jpg


イギリスのメイ首相が就任後、初めて来日されましたね。

メイ首相は8月30日に大阪の伊丹空港に到着し、京都に。
京都では、安倍首相と共に抹茶を楽しまれました。
安倍首相は、今年4月にイギリスを訪問した際、
メイ首相から首相の公式別荘「チェッカーズ」でイギリス流のもてなしを受け、
今回は日本流のおもてなしでお返ししたそうです。


切手は1974年にイギリスから発行されました。
騎士や馬が身につけているのは紋章がデザインされた装束や盾。
フランス王家の紋章であるフルール・ド・リス、
イングランドの国章である3頭のライオンなどが描かれています。
カッコイイ切手だと思います。



中国 実名… 
img109.jpg


1975年に中国から発行されました。
国章は5つの星と金色の天安門が描かれています。
国章の周りのムギ穂と歯車は中国のプロレタリアートと農民階級を、
天安門は人民の闘争の精神を、5個の星は中国共産党が指導する
全国の人民の固い団結を象徴しているそうです。

昨日のニュースにこんなのがありました。


中国政府は25日、インターネット上のコメント書き込みについて、
利用者の実名登録などを義務づける規定を発表した。
規定では、ホームページやアプリ、動画配信などのサービス提供者は、
利用者本人の身分を確認の上、登録しなければならない。
ニュースに対するコメント書き込み欄の運営者は、
内容を先に審査してからアップする仕組みを作ることも義務づけられた。
実際にネットにアップされるユーザー名は匿名でも可能という。

※讀賣新聞さん配信


施行は10月1日からだそうです。
なんだか…想像しただけで…(゚Д゚)



アメリカ 独立記念日 
img085.jpg


2002年にアメリカから発行されました。
シール型の切手で、躍動感のあるデザインです。
本日、7月4日はアメリカの「独立記念日」ですね。

昔々、「7月4日に生まれて」という、トム・クルーズ主演の映画を見たことがあります。
ストーリーは全く覚えていませんが、7月4日がアメリカの方たちにとって、
特別な日であるということは印象深く、記憶に残っています。

アメリカがこれからどのような方向に進んでいくのか気になりますね~



アメリカ 就任 
20170121.jpg


2002年にアメリカから発行されました。
はためく国旗、躍動感があるデザインですね。


本日、1月20日(日本時間21日)、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で
米共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)の就任式がありました。
マイク・ペンス新副大統領の就任宣誓に続き、トランプ氏が宣誓し、第45代大統領に就任しました。

これからのアメリカ、これからの日米関係、これからの世界が、
どうなっていくのか注視していきたいと思います。


ところで、退任した、2期8年を務め上げた第44代大統領のバラク・オバマ氏(55)ですが、
今後、連邦政府の定年退職者としての余生を過ごすことになるそうです。

今年1年の年金額は20万7800ドル(約2369万円)の見通し。
大統領報酬の約半分の額なんですって。

この他、歴代大統領と同様、今後7カ月間にわたって、
大統領後の生活に慣れるための支援サービスも受けるらしい。
大統領警護隊(シークレットサービス)の身辺保護は終生続き、
旅費、事務所経費、通信代や医療保険料などの手当も支給される…


大統領後の生活に慣れるための支援サービスってどんなんやろ?
電車の乗り方とか?
ま、まさか、失業保険の申請の仕方とかじゃないよね?



アメリカ トランプ大統領 
20161229.jpg


今年、印象的だったこと。
アメリカの大統領選挙…
ヒラリーはんが当選すると思ってました。
もしかしてトランプ氏もそう思っていたのでは?
なんてw

アメリカの鳩切手。
国旗(星条旗)の星の部分が鳩に変化して、飛び立っていくように見えますね。
素敵なデザインだと思います。



ソ連 カストロ前議長 
20110713.jpg


1974年にソ連から発行されました。
キューバの国旗(左)とソ連の国旗(右)です。

キューバの国旗の青の3本の縞はスペイン統治下のキューバの三つの軍政地域、
白の二本の縞は純粋な愛国心、赤の三角は強さと不変性、
白の星は独立を象徴しているそうです。

キューバ革命を率いたフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去。
90歳だったそうです。

1959年に当時の親米政権を武力で倒してキューバ革命を成功させ、
社会主義国家の建設を進めて、半世紀にわたって最高指導者として君臨しました。

キューバは26日から9日間、喪に服し、
その間は様々なイベントが中止され、国旗は半旗とされています。
葬儀は来月4日、ご遺体は生前からの本人の希望で、すでに火葬されたとみられています。

一つの時代が終わったという感じですね。



ニュージーランド 地震 
20161113.jpg


1953年にニュージーランドから発行されました。
発行テーマは「スカウト」

日本時間11月13日20:02頃、ニュージーランド南島付近を震源とするM7.8の地震が発生。
この地震の後もニュージーランド南島付近を震源とする地震が相次いでおり、
13日20:32頃にはM6.2の地震が発生しています。

気象庁によると、この地震による日本への津波の影響はないそうですが、
ニュージーランドの方たちや滞在しておられる邦人の安否が案じられます。

私たちも改めて、地震への備えを確認しなければなりませんね。



メキシコ 祝辞 
20161110.jpg


1981年にメキシコから発行されました。
発行テーマは「ケレタロ州」
デザインはメキシコの中央部にある州「ケレタロの紋章」

メキシコのペニャニエト大統領は9日、米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏に祝辞を送り、
就任前に会談することで合意したと明らかにした。

というニュースがありました。
「メキシコとの国境に壁を建設し、同国が費用を負担しなければメキシコへの送金を没収する」
トランプ氏は選挙期間中、このように発言してましたね。

日本でもテレビやネットはトランプ氏の話題で賑わっていますが、
陸続きのメキシコが受ける影響は日本の比ではありません。

ペニャニエト大統領は、トランプ氏の発言(メキシコとの国境に壁を建設)が現実にならないよう、
阻止に向けてあらゆる合法的な手段に訴え、米議会にも働き掛ける用意があると述べたそうです。



オーストリア たばこ1箱1000円? 
20161025.jpg


1959年にオーストリアから発行されました。
発行テーマは「Tobacco industry(たばこ産業)」
どうやらたばこの製造工場が描かれているようです。
こんな切手も持っていました。
いつ購入したのか全く覚えていませんが、
まぁオーストリアのレトロ切手、大好きですから…

タバコは紀元前5000〜3000年ごろ南米のアンデス山脈で栽培されたのが起源で、
15世紀にアメリカ大陸からヨーロッパに伝えられたそうです。
古いアラビア語で薬草の一種を示す"tabaq"という言葉が語源であるとみられていて、
日本ではポルトガル語の音に近い「タバコ」として広まりました。


さて、本題はここからw

自民党の受動喫煙防止議員連盟会長の山東昭子元参院副議長は25日、
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策として、
首相官邸で菅義偉官房長官と会い、たばこ税を増税し、
たばこ1箱の価格を1000円以上に引き上げるよう申し入れた。

というニュースがありました。

喫煙者じゃないので、私には直接の影響はありませんが、
オリンピックやパラリンピック対策として、なんですね~
もちろん、オリンピック&パラリンピックの成功を祈っていますが、
それとは別に考えるべき課題ではないでしょうか。



イタリア サイゼリア 
20161024.jpg


2002年にイタリアから発行されました。
発行テーマは「在外イタリア人」
地図上のイタリアの場所から、国旗に使用されている3色の帯が広がっています。
世界どころか宇宙にでも行きそうな勢いですね。

さて、今朝、イタリア料理店チェーンの「サイゼリヤ」のニュースがありました。
サイゼリヤさんは昨日、8月下旬に起きたイタリア中部地震で、
大きな被害を受けた町アマトリーチェに約1億円を寄付されたそうです。
全国約1千店舗でアマトリーチェの名物パスタ料理「アマトリチャーナ」(税込み399円)が
1皿注文されるごとに、100円を寄付するキャンペーンを行っていたんですって。

同社は研修で社員らを派遣するなど、もともとアマトリーチェと交流があったとのことで、
寄付金は被災したアマトリーチェの料理専門学校の再建に充てられる予定。
ピロッツィ町長は「サイゼリヤは食の企業で、食の学校にお金を使うのは理想的だ」として、
将来的に料理学校の生徒らの交換研修なども行いたいと語ったそうです。

サイゼリアさんって、パスタが399円(しかも税込み!)で食べられるのですね。
しかもその中から100円寄付…
今度行ってみよう。そして、アマトリチャーナを食べてみよう。



ブラジル 閉会式 
20160919.jpg


1968年にブラジルから発行されました。

南米で初めて開催された第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会が、
本日18日、12日間の熱戦の幕を閉じました。
選手の皆さま、監督・コーチの皆さま、関わられた全ての皆さま、
本当にお疲れさまでした。

開催前に日本パラリンピック委員会が掲げていた目標には届きませんでしたが、
前回の16を大幅に上回る、計24個(銀10、銅14)のメダルを獲得。
とても立派な成績ですよね。

私も毎日、テレビの前で応援してました。
正直、オリンピックは「日本ガンバレ!」って感じでしたが、
パラリンピックは日本人選手も海外の選手も「どちらもガンバレ!」って。

アスリートの皆さまの身体能力の高さ、バランス感覚のすごさ、
瞬発力、精神力、本当に超人的です。
義手や義足、車椅子などの補助具もまるでご自分の身体の一部のよう…
競技中に伴走や合図をしてくれる方との信頼関係にも感動します。
表彰式の時にメダルを授与する役員さんも温かみがありました。

今回はテレビで競技の様子を見る機会も多かったし、
アスリートの皆さまのお名前もたくさん覚えました。
東京での開催が今から楽しみです。



アメリカ ヒラリーはん 
20160912.jpg


2002年にアメリカから発行されました。
シール式の切手。

ヒラリーさん、体調を崩されたそうですね。
ニューヨークで11日朝に行われていた、米中枢同時多発テロ15周年追悼式で、
途中退席されました。お疲れが出たのかな?

米大統領選まであと2か月、ちょっと休んで、それから頑張れば大丈夫ですよ!
お大事になさって下さいねってどなたかお伝えください。
ヒラリーさんはきっとこのブログ見てないと思うから。



スイス 紋章 
20150828.jpg


1981年にスイスから発行されました。
色合いが素敵ですよね。
左上にあるのはsolothurnの紋章、隣にスイスの国章もありますね。
「solothurn(ゾロトゥルン)」は、スイス最大のバロック様式の都市と呼ばれているそうですよ。
旧市街は1530年から1792年にかけ建設され、イタリア、フランスの影響、
スイスの観念が組み合わされた建築様式を見せているんですって。



スロヴァキア 鳩  
20150810.jpg


昨日の切手の色違い。
同じデザインの色違いを並べるのが大好きなんですよ~
色によって雰囲気ががらりと変わるのが面白いのです。
昨日の色と比べて、なんだか柔らかい印象になったような気がする…

日本でもあるといいなぁ。
最近の切手では、そんなパターンはないですよね。



スロヴァキア 鳩 
20150809.jpg


1942年にスロヴァキアから発行されました。
下の方の一番手前の紋章はスロヴァキアの国章です。
実際には赤い盾に青い3つの丘と白い複十字が描かれています。

白・赤・青は汎スラヴ色といわれ、スラヴ民族を象徴しており、
二重十字(総主教十字)はビザンツ帝国由来の正教会のシンボル。
3つの丘は、タトラ、ファトラ、マートラ(マートラは現在ハンガリー領内にある)の三山を象徴しています。
この三山はスロバキアを象徴する山だそうです。

長崎は9日、原爆が投下されてから70年の節目となる「原爆の日」を迎えました。
今日、甲子園で長崎代表の創成館は初戦を迎えましたね。
原爆が投下された11時02分、創成館は試合開始直前で黙祷を捧げたそうです。
試合は創成館が強豪の天理からサヨナラ勝ち、劇的です。



スイス 紋章・国旗 
20150711.jpg


1983年にスイスから発行されました。
テーマは「Canton Basel (バーゼル州)」

バーゼル州の州旗がシーリングワックス(封蝋)っぽくデザインされています。
さすが、クールヴォワジェ社の制作。
とっても素敵。



クロアチア 道 
20150705.jpg


2005年にクロアチアから発行されました。
この年に開催された「愛 地球博(愛知EXPO)」の記念切手の小型シート。

クロアチアの切手なのに日本語も表記されているのは、
日本で開催されたEXPOの記念切手だからなのですね。
そう言われれば切手部分が「日の丸」をイメージしているようにも見えてきました。

「一滴の水、一粒の塩」とはクロアチア館のテーマ。
地球上のあらゆる生命の基礎を成している水と
香辛料であり、天然の保存剤であり、知恵の表れであり、節度(中庸)と純粋さの象徴である塩。

クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置しており、
西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接していて、
南はアドリア海に面しています。
隣接する国々や地中海から様々な影響を受けてきたクロアチアらしいテーマですよね。


今週末、私が習っている書道の会の作品展がありました。
「字は人を表す」とよく言われていますが、全くその通り…
雑でいい加減な性格がだだ漏れで、いつもいつも情けない気持ちになります。
元々、下手な字の上に努力不足だし。
立派な先生にご指導いただいているのに…
偶然にも同じ流派で習っている昔からのお友だちの素晴らしい作品を見て、
余計にその思いが…

そんな私にでも先生はいつも優しく指導してくださいます。
私が上手な字を書けるようになるには、まだまだ長い道のり。
ですが!「千里の道も一歩から」という言葉もありますし、
他の方よりはずっと遅いペースですが、ちょっとずつでも前に歩んでいきたいと思います。



オランダ アメリカ独立記念日 
20150704.jpg

1976年にオランダから発行されました。
「アメリカ独立200年」の記念切手。

えっと…オランダの切手です。
本日7月4日はアメリカの独立記念日。
1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して制定されたアメリカ合衆国の祝日。

デザイン、かわいい。
まるで絵本の挿絵のような感じですよね。
お気に入りの切手です。



フランス ジャンボリー 
20150626.jpg


1947年にフランスから発行されました。

「ジャンボリー」の切手、まだありました。
ボーイスカウトのロゴとロープの結び目がデザインされていますね。
フランスらしく、シックで素敵な切手です。



..