日本 和の文様 
20170720.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」は今日で終わり。
背景の色、芥子色ですね。
「芥子とナス」美味しそう。

この「和の文様シリーズ」、今、第2集まで発行されています。
今年のお盆明けには第3集も発売されるようです。
私は第2集は購入していませんが、第3集、ネットで見るとけっこうかわいいですよ。
どうやら、「郵便の絵文字」もないみたい。
このシリーズはシール型なので手軽ですし、デザインもかわいいので
お手紙差し上げる時に使いたいですね。

※いつもお世話になっている日本郵便さんのために、ちょっと宣伝しておきます。


全体像はこんなの ↓


20170720-1.jpg



日本 和の文様 
20170719.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」ラストスパート。
描かれているのは「立涌(たてわく)文様に茄子」


「立涌」文様は、瓢箪(ひょうたん)の胴のように太細(ふとぼそ)を
繰り返した波形の曲線縞(きょくせんじま)で、
地上から天に向かって気が立ち上がっていく様子を
表した有職(ゆうそく)文様の一つです。有職文様とは、
安時代以降、公家の装束や調度品などに使われてきた文様です。
今回はアクセントとして「茄子」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


ナス、かわいい♪
全部、ナスに見えますね。



日本 和の文様 
20170718.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、あと少し。
昨日の色違い。

色合いが違うと印象が違いますね。



日本 和の文様 
20170717.jpg


またまた、「和の文様シリーズ 第1集」
描かれている文様は「七宝(しっぽう)文様に蝶」


「七宝」文様は、同じ大きさの円を互いに
その円周四分の一ずつ重ねて規則正しく繋げた図形で、
四方に広がって無限に続くものを言います。
その「四方(しほう)」から転じて仏教の七宝(しっぽう)(金・銀・瑠璃等)
であるところの七宝という名前になりました。
四方や十方に広がる吉祥(きっしょう)にちなんで、
めでたい文様の代表格として用いられます。
今回は「蝶」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


モダンな柄ですよね。
色合いも良いのではないでしょうか~?



日本 和の文様 
20170716.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、折り返し地点。
本日は「蜀江(しょっこう)文様に郵便」のデザイン。

「蜀江」文様の名前は、中国の三国時代の「蜀」にあった「蜀江」という河の名前に由来しています。
八角形と八角形の一辺を辺とする正方形を互いの目に連続させた幾何形(きかけい)として展開させたものです。
鳳凰(ほうおう)・雲龍(うんりゅう)・牡丹唐草(ぼたんからくさ)などを組み合わせた柄が多いですが、
今回は「郵便」を絵文字に表したものと組み合わせています。

※日本郵便のHPより


ええっと、「郵便」を絵文字にって…
「便(瓶)」は確かに絵文字と言われれば、そうなのかと思うけど、
「郵」は普通の文字じゃない?文様も色合いもかわいいんだから、
「絵文字」はない方がいいんじゃないかなw



日本 和の文様 
20170715.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」まだまだ続きます。

あ!出た!郵便の「郵」の漢字と瓶の模様…
いかがなものか…と52円バージョンの時も思いましたが、
やっぱり、ちょっとね…



日本 和の文様 
20170714.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、続きます。
あら、かわいい♪
波がまるで、クレヨンや色鉛筆で描いたみたいですね。
千鳥も軽やかに飛んでいます。



日本 和の文様 
20170713.jpg


今日も「和の文様シリーズ 第1集」
「青海波(せいがいは)文様に千鳥」が描かれています。


「青海波」文様は、円弧を同心円に重ねた鱗状の形を、
一方向を追いかけるように繰り返して展開した繋ぎ文様です。
平安時代の「青海波」というめでたい演目の舞楽衣装の文様に用いられ、
いつしかこの演目の「青海波」が文様の名前になって日本の古典文様に定着しました。
今回は「千鳥」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


52円バージョンは今年の1月初めにupしました。
描かれている文様は共通していて、日本郵便の解説は同じ、
ですが、ちょっぴりデザインが違うので、よかったらそちらも見てくださいね。



日本 和の文様 
20170712.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、二枚目。
描かれているのは「富士山に麻葉文様」


「麻葉」文様は、六角形とその中心から各頂点を結んだ放射状の線で表される図形で、
大麻の葉の形に似ているところからそう呼ばれています。
しかし、単一形で用いることは少なく、多くは六方向に重ね合わせて続けていく
「六星形繋(ろくせいがたつなぎ)」で用い、それを「麻葉」と称しています。
麻が強く真っ直ぐに育つことにちなんで、子供や女性の衣装、帯などの文様に用いられました。
52円シートでは、「富士山」と組み合わせています。
82円シートでは、「麻葉」文様を「富士山」に配しています。

※日本郵便のHPより


この切手、お気に入り。
富士山は立派な山だなぁ。



日本 和の文様 
20170711.jpg


今日から「和の文様シリーズ 第1集」
以前にもご紹介しましたよね。
あれは…52円バージョン。
今回は82円バージョン、全部で10種類。
52円と比べると、ちょっぴりゴージャス…なーんちゃってw
昨年、2016年に発行されました。


毎日暑いのであっさりモードで淡々とupしていきますね。



日本 大相撲  
20170710.jpg


昨日の切手のペア。
周りの関取衆の表情が面白いですね。
土俵や行事の装束など、今とちょっと違います。
まわしの様子もおかしいw


ここで、「まわし」について。

約1300年前、互いの力を誇示するために相撲のルーツとなる競技を行った際、
武器を隠し持っていないことを証明するためにふんどし1枚になったのが始まりと伝えられている。
現行規則にも「まわし以外のものを身につけてはならない」と明文化されている。
湿布や包帯は例外として認められている。 

勝負規定第16条「前まわしがはずれ落ちた場合は負けである」

まわしが外れて落ちたせいで負けたら恥ずかしいでしょうね~
しっかり締めないとね!


繋げるとこんな感じ ↓


20170710-1.jpg



日本 大相撲 
20170709.jpg


1978年に発行された「相撲絵シリーズ 第2集」
「東西土俵入り」が描かれていますが…これ2枚の連刷切手なんですよ。
(異なる種類の切手の図案同士がつながって、一つの絵となる連続デザイン)
今日は「東の横綱(たぶん)」、明日、西の横綱の描かれている切手をupしまぁす。

さて、本日、9日に初日を迎えた大相撲名古屋場所で、
2横綱3大関が敗れる大波乱が起きました。
終わったことは仕方ない。
気持ちを切り替えて、明日から頑張って!



日本 七夕 
20170707.jpg


子どもの頃は七夕が近づくと、お願い事を短冊に書き、
小さな笹の木に吊しました。
※こんな私にも子どもだった時代があるのです…

大人になってからはこのような行事にはめっきり疎くなってしまいましたが、
一応、このブログの中だけでも「七夕気分」を醸し出してみましょうか~


2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「七夕」の切手。
そうめんと七夕飾りが描かれています。

七夕は、年に一度、天の川を挟んで、織姫と彦星が出会う日です。
その名は、「棚機女(たなばため)」が仕立てた織物を神に供え、
秋の豊作を願う行事「棚機(たなばた)」に由来します。
七夕に欠かせないそうめんの原型に当たる「索餅(さくべい)」は、
平安時代より疫病の罹患を防ぐための七夕の供物でした。
江戸時代になり、女性たちは裁縫や書字の上達を願い、
短冊をしたためるようになったとされます。

※日本郵便のHPより


お裁縫はどうでもいいw
ですが、書字の上達はお願いしたい!
今からでも間に合うだろうか?
後、3分…



日本 祇園祭 
img081.jpg


1964年に発行されました。
「長刀鉾(たぶん)」と「八坂神社」が描かれています。


「祗園祭」は八坂神社の祭礼で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、
日本三大祭のひとつに挙げられています。
今からおよそ1100年前の清和天皇の貞観11年(869)に、京洛に疫病が流行し、
庶民の間に病人、死人が多数出ました。
牛頭天王(ごずてんのう、素盞鳴命ともいわれている。)のたたりであるとし、
祇園社(八坂神社の前身で、祭神は素盞鳴命)を信仰し、病魔退散を祈願しました。
その方法は、日本全国の国の数に準じて66本の鉾をつくらせ、
悪疫を封じ込む御霊会をおこなったのがはじまりであると伝えられています


今日、出勤の時、阪急電車のホームで「祇園囃子」が流れていました。
もう7月なんですね~
「祇園祭」のクライマックスは7月14日から17日ですが、
私はその頃、早めの夏休みをいただいて旅行中…
私は京都を留守にしておりますが、皆さま、ぜひいらしてくださいね。



日本 29連勝 
img075.jpg


本日、26日、将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が
東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で
増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成しました。

快挙ですね♪
おめでとうございます。
インタビューなどで藤井聡太四段が話されているのを見ますが、
落ち着かれていますよね~本当に14歳?!っていつも思います。
やっぱりずば抜けて賢い人は違うんですね。
これからも頑張って欲しいです。

それにしても、お食事やおやつまで…ちょっと騒ぎすぎでは?
藤井聡太四段や相手の棋士の方も集中できないのではないか?と心配しています。
静かな環境の中で、対戦をしていただきたいですね。

今日は新記録達成のお祝いに「将棋」が描かれた切手を。
1994年に発行された、「国際文通週間」の記念切手。
MOA美術館の収蔵作品の「士女遊楽図屏風」から、
「将棋」が描かれています。



日本 童画のノスタルジーシリーズ  
20170625.jpg


安野光雅さんの「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」、
今日で終わり。
「旅の絵本VIII・場面2」より

日本を描いた「旅の絵本VIII」から岩手県陸前高田市の
海岸の場面を切手の意匠としています。

2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)のおり、
陸前高田の松原は大津波のためにほとんど倒れましたが、
ふしぎに一本の松だけが倒れずに残りました。
しかしやがて枯れるおそれがでてきたので、これを伐り、
「希望の松」として復興の願いをこめて永久に残すことになりました。
このページの真ん中に立っているのは、その希望の松を描いたものです。(絵本あとがきより)

※日本郵便のHPより


良い風景ですね。
「希望の末」もすっくと立っています。
日本が舞台だと、さすがに旅人は登場してませんね。

このシリーズ、良いデザインですよね。
私は「旅の絵本」に対しての懐かしさもあり、お気に入りの切手です。

全体像はこんなの ↓

20170625-1.jpg


切手以外の余白の部分も素敵です。



日本 童画のノスタルジーシリーズ  
20170624.jpg


安野光雅さんの「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」、あと少し。
「旅の絵本IV・場面11」より


アメリカを描いた「旅の絵本IV」からニューヨーク・マンハッタンの
街並みの場面を切手の意匠としています。

旅人の道のりは、アメリカの歴史をさかのぼるような気がしてくる。
いいかえれば西部へむかう幌馬車隊とすれちがって進むことになる。
予定とはちがうが、それでもよいではないか、
と思うのに時間はかからなかった。(絵本あとがきより)

※日本郵便のHPより


なんだかお祭りのパレードのようです。
楽しそうですね~
旅人がどこにいるかわかりましたか?
どうやら、パレードには興味がないみたい。



日本 童画のノスタルジーシリーズ  
20170623.jpg


安野光雅さんの「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」、あと少し。
「旅の絵本III・場面10」より

イギリスを描いた「旅の絵本III」から
カンタベリー大聖堂を含む街並みの場面を切手の意匠としています。

イギリスのカンタベリーにある、有名な大聖堂です。
(中略)二階建ての乗合馬車があります、
今でも、馬がエンジンに変わって二階建ての乗り合いバスがあります。
二階は見晴らしがいいので観光客には人気があります。(絵本あとがきより)

※日本郵便のHPより


ヨーロッパらしい街の雰囲気ですね。
※私のイメージです。
大聖堂の近くのカップル、結婚式かな。
お幸せに!

二階建てバス、いいなぁ。乗ってみたい。
おのぼりさん(もしかして死語?)と思われてもいいわ。
もちろん、二階に座ります。

旅人、目立つところにいますね。



日本 童画のノスタルジーシリーズ  
20170622.jpg


安野光雅さんの「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」、七枚目。
「旅の絵本・場面15」

中部ヨーロッパを描いた「旅の絵本」からヨーロッパの街を移動する
賑やかなサーカスがやってきている場面を切手の意匠としています。

サーカスや移動遊園地もヨーロッパの町から村へ旅をして歩きます。
前もってサーカスのポスターがはられ、その日が近づいていることを知らされます。
お祭りのかたまりがそのままやってきたようなもので、夜遅くまで大変なにぎわいです。
移動市場もあります。デパートが移動しているようなものです。(絵本あとがきより)

※日本郵便のHPより


賑わっていますね~
メリーゴーランドや観覧車も見えます。
動物の曲芸やピエロなどのショーだけでなく、
遊園地のようなアトラクションもあるんですね。
これは町の人にとっても楽しみに違いない♪

家と家の間に馬に乗った旅人がいますね~
「旅の絵本」ではどのページを開いても旅人と出会えます。



日本 童画のノスタルジーシリーズ  
20170620.jpg

安野光雅さんの「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」、
まだまだ続きます。
「蚤の市」より


絵の細部を追っていくだけで自然と物語が生まれてくる古い物の記憶と
売り手や買い手たちの様相を緻密に描いた絵本で、表紙の絵を切手の意匠としています。

すすに汚れて、にぶく光っている(私の買った)この「はち」を見て、
これを使った昔のおよめさんのことを思いました。
そしてこれを作った見知らぬおじさんのこと、そしてこの木を切り出した山男のこと、
そしてその木がどんなに大きな木だったのか、と思ううちに、もうとてもほしくなって、
とうとう買ってしまったのです。(絵本あとがきより)

※日本郵便のHPより


台車を引いているお二人は売る方?それともお買い物帰り?
建物の壁面に色々な売り物が描かれていますね。
けっこう大きな家具みたいなのもあるんですね~
何か欲しいものがありましたか~?

それに犬が描かれています!
切手のお仲間の犬好きさん、この切手、GETされたかしら?



日本 童画のノスタルジーシリーズ  
20170617.jpg


今日も安野光雅さんの「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」


町から町、国から国へ、迷いながら、はるばる旅をしました。
私は見聞をひろめるためではなく、迷うために旅に出たのでした。
そして、私の頭の中にあるこの絵本のような世界を見つけたのです。
(福音館書店Webサイト『旅の絵本』のこれまでの旅より)

※日本郵便のHPより


「旅の絵本VIII・場面14(2)」から郵便ポストを含む人々の営みが描かれているそうです。
大道芸をしてるのか、物売りをしている人なのかわかりませんが、
たくさんの人々の注目を浴びている人がいますね。
横にチャンバラごっこ(もしかして死語?)をしている子ども。
「旅の絵本」は描かれている全てに、ストーリーを考える楽しみがあるんですよね。
何度見ても新しい発見がある絵本だと思います。

それと…郵便ポスト。
観光地によくあるんですよね、このレトロな郵便ポスト。
この郵便ポスト自体が観光地の雰囲気作りのために設置されているのでしょうね。
もちろん、実際にこのポストにお手紙を投函すればちゃんと届きます。



日本 童画のノスタルジーシリーズ  
20170616-4.jpg


2016年11月25日に発売された「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」
デザインは、安野光雅氏の絵本作品の中の一場面。
今日描かれているのは「 旅の絵本VIII・場面14(1)」


「旅の絵本」は1977(昭和52)年に中部ヨーロッパ編が発行されて以降、
2013(平成25)年に日本編で8冊目となった絵本シリーズです。
いつも絵の中に馬と一緒に旅を続ける旅人が描かれています。

※日本郵便のHPより


あー大好きでした、「旅の絵本」
絵の中の馬に乗っている旅人や、いろんなお話が隠されていて、
探しながら見るのが楽しみでした。

この 「旅の絵本VIII」は電気が普及する前の、
懐かしい日本の自然と町並みが描かれているそうです。
華やかな花嫁行列が描かれていますね~
良いお天気のようで良かったです♪


相変わらず、日本郵便は盛大に切手を発行していて、
さすがにつきあいきれなくなっています…
もう今は、気に入ったシリーズだけを厳選して購入していますが、
安野光雅さんのこの切手は迷わず購入。
昔読んだ懐かしい絵本の思い出がよみがえってきます。

全部で10種類。
とてもかわいいシリーズです。



日本 端午の節句 
20170505.jpg


今日はご当地フォルムカードはお休み。
2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「端午の節句」の切手。
ちまきと兜が描かれています。


奈良時代から伝わる菖蒲の節句。力強い兜からも連想されるように、
後に菖蒲と尚武をかけ、男子の成長や立身出世を願う年中行事へと変化しました。
また端午の節句に欠かせないちまきは、紀元前4世紀、水の中に身を投じ、
自ら命を絶った楚の詩人・屈原(くつげん)の死を悼んだ人びとによって、
供物として考え出されました。なお5月5日は屈原の命日とされ、今に伝えらます。

※郵政省のHPより


通勤途中のバスで通る道沿いにあるマンションのベランダに、
「鯉のぼり」が飾ってあるのを見ると「あ~もう五月だなぁ」って思います。
親戚の小さな男の子、元気に大きくなるんだよ~。



日本 花見 
20170323.jpg


ご当地フォルムカードはお休みして、
2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「花見」の切手。
描かれているのは桜餅と桜。


かつて日本人は年に3回の花見(梅見・桃見・観桜)を楽しんだとされます。
なかでも観桜は、今も昔もお気に入りのお弁当を持参し、
気心の知れた仲間たちと交流を深め合う楽しい時間です。
また春の和菓子として人気の高い桜餅も、季節を存分に味わうことのできる一品。
向島・長命寺の門番だった山本新六が、隅田川の土手の桜葉を利用し、
編み出したのが始まりとされています。

※郵政省のHPより


せっかくのお花見の切手なのですが、
京都の桜の開花はまだです。
おそらく来週の半ばぐらいですかね~

一年の中で最も楽しみにしている「桜の時期」
ピークが短くて、なかなかタイミングが合わないのですが、
この時期だけはバスを途中下車して、桜の咲いている場所を歩きます。

大好きな地元の桜並木。
きっと、この風景は一生、私を励ましてくれるにちがいない♪



日本 ひな祭り 
20170303.jpg


今日はご当地フォルムカードはお休み。
2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「ひな祭り」の切手。
流しひなとひなあられが描かれています。


流しひなは現在のひな祭りの原型とされる風習で、その端緒は平安時代にまで遡るとされます。
男女一対の人形に穢れや災厄を移し、川に流す伝統儀式であり、
女子の健やかな成長を願う行事として継承されてきました。
またひな祭りにかかせないのが、ひなあられや菱餅などのひな菓子。
カラフルなその彩りには、生命・健康(赤)、魔除け(緑)、清浄(白)という意味が込められています。

※郵政省のHPより


今日の晩ご飯は叔母が作ってくれた「ちらし寿司」でした。
うちの家は大人ばかりなので、季節の行事は忘れがちなんですけど、
小さなお子さんがいはるお家は良いですね~



日本 節分 
20170203.jpg


2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「節分」の切手。

描かれているのは「豆と柊鰯(ひいらぎいわし)」

節分には縁起を担ぎ、炒った豆を用います。
というのも、拾い忘れた豆から目が出ることは、縁起が悪いとされるからです。
さらに自分の年齢の数だけ豆を食べることで、健康に過ごせる一年を願います。
いっぽう柊鰯は、魔除けのおまじないです。
「鬼」が苦手な「鰯」の頭とトゲトゲした「柊」を「門守(かどもり)」として玄関先に飾り、邪気を払います。

※郵政省のHPより


ハート切手はお休み。
今日は小・中学校の同級生と吉田神社に行ってきました。
京都では節分と言えば吉田神社ですよね。
でも私は行ったことなくて、という話をしていたらお友だちが誘ってくれました。

吉田神社の節分祭、すごいですよ~
私の想像の超えていました!
参道沿いにずっと美味しそうな(約800店の)露店が…
何度も誘惑に負けそうになりましたが、
お食事の予約をしていたお店があったので、
なんとか踏みとどまりました~

これで厄除けもできたし、今年はこれで大丈夫でしょう。
とても楽しい節分でした♪



日本 蝶々 
20170112.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、あと二枚。
今日、デザインされているのは「七宝(しっぽう)文様に蝶」

「七宝」文様は、同じ大きさの円を互いにその円周四分の一ずつ重ねて
規則正しく繋げた図形で、四方(しほう)に広がって無限に続くものを言います。
その「四方」から転じて、仏教の七宝(金・銀・瑠璃等)であるところの七宝という名前になりました。
四方や十方に広がる吉祥(きっしょう)にちなんで、めでたい文様の代表格として用いられます。
今回は「蝶」と組み合わせています。

※郵政省のHPより

あら、ずいぶんさっぱりした感じのデザインですね。
こういうの、けっこう好きです。



日本 やっぱり、ゆうびん…だよね 
20170111.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、ラストスパート!
なんて、勢いよく書き始めましたが…
やっぱり、このデザインは違和感あるわw

色合いはかわいいけどね♪



日本 ゆうびん…? 
20170110.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、もう少し続きます。
今日、デザインされているのは「蜀江(しょっこう)文様に郵便」

「蜀江」文様の名前は、中国の三国時代の「蜀」にあった「蜀江」という河の名前に由来しています。
八角形と八角形の一辺を辺とする正方形を互いの目に連続させた幾何形(きかけい)として展開させたものです。
鳳凰(ほうおう)・雲龍(うんりゅう)・牡丹唐草(ぼたんからくさ)などを組み合わせた柄が多いですが、
今回は「郵便」を絵文字に表したものと組み合わせています。

※郵政省のHPより


なんだか「ゆう」という字に見えるなぁ~って思ってましたが、
ひらがなの「ゆう(郵)」と瓶の「びん(便)」でしたか…
これはいかがなもんでしょう?
「鳳凰」とか「雲龍」とか「牡丹唐草」と組み合わせた方がよかったかもね。



日本 千鳥足… 
20170109.jpg


六枚目の「和の文様シリーズ 第1集」切手。
昨日の色違い。
この切手を見ていると、福岡銘菓の「ひよこ」が食べたくなりますね。

私はお酒が弱いけど大好き。
でも甘いものも大好きで、際限なく食べられますw

ところで、「千鳥」と言えば「千鳥足」が思い浮かびますね。
えーー?という声が聞こえてきそうですが、私はそうです。

この「千鳥足」という言葉は、千鳥の歩き方に由来するんですって。
通常、鳥の足には後ろにも支える指があるのですが、
千鳥の指は前三本で後ろに足がなく、よろめいた歩き方をするため、
酒に酔ってふらふらと歩くこと、また、その足つきを「千鳥足」と言われるようになったそうです。

ちょっと(?)酔って、千鳥足で歩くのって楽しいですよね~♪



..