メキシコ 文学賞 
20171005.jpg


1972年にメキシコから発行されました。
私は本棚の関係で文庫本しか買わないと決めていますが、
本屋さんに並んでいる新刊の単行本を見てると、
表紙や背表紙もちゃんと凝ってますよね。
全部含めて、作家さんの世界観があるんでしょうね~


さて、本題。
本日、2017年のノーベル文学賞が発表され、
長崎県出身の日系イギリス人のカズオ・イシグロさんが受賞されました。

ノーベル賞の中でも文学賞は他の分野の賞と違って、
私でも読んで楽しめるので、やっぱり楽しみです。



ブラジル 板書 
20170917.jpg


1998年にブラジルから発行されました。
デザインもかわいいですが、色合いにも注目してください。
ブラジルの国旗の色合いなんですよ。
ブラジル郵政省(?)、なかなかやるな。


今日のグラチャンバレー、日本男子は世界最強のブラジルとの対戦。
残念ながらと言うか、当然ながらあっという間に負けてしまいましたが、
今日の経験がこれからの糧となればいいですね。


ところで、昨日、お友だち夫婦とお話ししていて、
近い将来、板書という授業風景が無くなるかも、なんて流れになり、
自分の記憶にある「授業風景」と全く違う未来の「授業風景」を想像し、
なんとも言えない気持ちになりました。

も、もしかして、もう既にそうなってますか?
ついて行けてない、私、時代遅れ…



アメリカ 本屋さん 
img106.jpg


2007年にアメリカから発行されました。
シール式の切手です。

今日、「書店ゼロ自治体」のニュースがありました。

書店が地域に1店舗もない自治体が増えているそうです。
出版取り次ぎ大手によると、「書店ゼロ自治体」は香川を除く全国46都道府県で
420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強らしい…


このニュースはとても残念です。
私の地元でも本屋さんは全部、廃業されました。
ネットでも本は買えるし、電子書籍もアリでしょうけど、
本屋さんに行って、本を選ぶのも楽しみの一つ。

旅行先で駅前の本屋さんに寄り、帰りの乗り物の中で読む本を選びます。
マイルールなんですが…今まで読んだことのない作家さんの本を選ぶのです。
1冊だけ、直感でチョイス、これがけっこう楽しい♪
普段行っている本屋さんと違うレイアウトや本の並べ方、オススメのポップ…
なぜかいつもと違う傾向の本と出会うのですよね~
今のところハズレは一回もなく、好きな作家さんも増えました。

本屋さんがない世界なんて絶対に想像できない!
って言うか想像したくもない!と叫ぶ私なのでした…



北朝鮮 大陸間弾道ミサイル 
img084.jpg


北朝鮮の朝鮮中央放送などは4日午後3時(日本時間同3時半)、
「特別重大報道」で大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと伝えました。
(聯合ニュース)

トランプ大統領…「この男は他にやることないのか」
うん、私もそう思うw
夏休みの旅行に行く場所、東北の日本海沿いなんだよね…
大丈夫だと思いますよ、でもね、ちょっぴり不安w

おっと、切手は1977年に北朝鮮から発行されました。
勉強もスポーツも頑張っている女の子。
素朴でかわいい切手ですね。



オーストリア 本 
20161106.jpg


2010年にオーストリアから発行されました。
キツネ(だよね?)がスケートボードで移動中。
きっと、本屋さん(図書館かも)からの帰り道。
「どれから読もうかな~」なんて思っています。
※私の想像です。

さて、私も一昨日、お仕事からの帰り道に本屋さんに寄りました。
愛読しているシリーズの続編や、ジャケ買いした初めての作家さんの本、
好きな作家さんの本など、収穫がたくさん。
読むのが楽しみ。

先週、読んでいた本がとても良くて、未だに余韻を引きずっています。
一時ハマっていた作家さんの作品なのですが、
懐かしい人が登場したりして、なんだか嬉しくなりました。
「あ、お元気そうでよかった。」なんてね…本の中の人なんだけど。
なので、その作家さんにハマるきっかけとなった本を再読。
そしてまた、ドハマりするという…ループ…
改めて読み直すと、以前には気が付かなかったことを発見したりするんですよね。
うん、持っている作品を全部読み直そうw

取りあえず、推薦図書リストに入れておきまーす。



バハマ 計量記念日 
20161101-1.jpg


1974年にバハマから発行されました。
本日、11月1日は「計量記念日」

現行の計量法が施行された平成5年11月1日にちなんでおり、
計量法の適切な実施とともに計量思想の普及啓発に努めておられるそうです。

和歌山白浜町のアドベンチャーワールドで今年の9月18日に生まれた、
メスの赤ちゃんパンダの身体測定の様子がニュースで放映されていましたね。
生まれた時は197グラムだった体重も、今日の身体測定では2,080グラム、
すくすくと元気に育っているようです。



バハマ オートファジー? 
20161005.jpg


1974年にバハマから発行されました。

今年のノーベル生理学・医学賞に東京工業大学の大隅良典栄誉教授が選ばれましたね。
おめでとうございます!
授賞理由は「オートファジーの根本的な重要性を解明する道筋を開いた。
また、細胞がどのように再生するか我々の理解を新たな段階に導いた」とのことです。

ニュースで何度説明されても、オートファジーが理解できないw
オートファジー?ナニソレ?美味しいの?状態の私です…

理解できなくても、お祝いする気は満タンです!
ニュースで見た細胞は、おそらく顕微鏡で見たもの。
…という訳で顕微鏡が描かれたこの切手を。



日本 童話 
20160928.jpg


酒井駒子さん切手、もう少し。

「母の友」2006(平成18)年11月号の表紙絵、「ふたり」より。

男の子が女の子に本を読んであげています。
なかよく一冊を読んでいます。

※酒井駒子さんの解説、郵政省のHPより

仲良し~
けどね、この後はけっこうな確率でけんかになるんだよ。
※私の想像です。



ブラジル 本 
20160901.jpg


1984年にブラジルから発行されました。

子どもの頃から本は大好きで、今でも毎日何かしら読んでます。
主人公に乗り移り(?)様々な経験をして、色んな人々と関わり、
美味しいものたくさん食べたり飲んだり、そして時には辛い出来事に涙して…

私は自分の知らない世界をもっと知りたい。自分の日常からちょっぴり逃避したい。
なので、今の自分の状況とはかけ離れた設定の長編小説が好き。
でも好みの本を選ぶと偏ってしまって、同じようなお話ばかり…となりがちなんですよね。

最近、小中学校のお友だちと、お互いの本を交換して楽しんでます。
自分以外の人が選ぶ本って新鮮ですよ~
この間、貸していただいた本は中村紘子さんのエッセイなど。
私、エッセイって雑誌やネットでちらっと読むくらいで、
あんまり読んだことなかったのですが、とてもよかった。
小説は「次はどうなるの?!」って感じでどんどん読み進めるのですが、
このエッセイはじっくりと、ゆっくりと読みました。
中村紘子さん、素敵だったなぁ、文章もとてもお上手で…
「天は二物を与えず」って嘘だと思う!
中村紘子さんが天から与えられているのは二物どころじゃないわ。
本当に多才な方だったんだなぁってしみじみ思いました。

読み終わったとき、なんだか名残り惜しく感じて、ついもう一回読んでしまった…
しかし残念ながら…何事にも終わりはあります。
今日から、戦国時代に行きま~す。

あ、もしおススメの本がありましたら、教えていただけると嬉しいです♪



オランダ 神さま~ 
20150709.jpg


1964年にオランダから発行されました。
おそらく「聖書協会設立150年」の記念切手。
聖書協会 (Bible Society) とは非営利組織であり、
聖書の翻訳・出版して手ごろな値段で配布するために設立された組織だそうです。

なんだか最近、私ついてない。
・久しぶりにいったカフェが一週間前に閉店してた
・デパートにお洋服を買いに行ったら、お気に入りのブランドが撤退してた
まぁこの二つはいいとして…

私が週に一回は行っていた定食屋さん!韓国ドラマにハマっていた店主さんの定食屋さん!
7月に入ってからずっとシャッターが閉まってる…
仕事中の唯一の楽しみのランチ、もうテンションが下がりまくりw
店主さんが体調を崩されたんだろうか?
ああ・・・韓国ドラマのロケ地を巡る旅行とかに行ってらっしゃったらいいのに。

もう一軒のカフェも改装でしばらくお休みだって。
毎日のお昼ご飯、どうしよう。
レギュラーのうちの2軒が無くなるなんて痛すぎる…
神さま、仏さま、助けて~



イギリス ウィリアム・キャクストン  
20150604.jpg


今日もイギリスのウィリアム・キャクストン切手。
今日はチェス盤が描かれていますね。
私、チェス切手も好きで蒐集対象。
チェス切手って洗練されたデザインが多いような気がします。

切手の下の部分に1476とありますね。
ウィリアム・キャクストンがウェストミンスターで印刷会社を設立した年だそうです。



イギリス ウィリアム・キャクストン  
20150603.jpg


イギリスのウィリアム・キャクストン切手、二枚目。
色合いがシックで素敵、文字も挿絵(?)も美しいですね。
キャクストンはイギリスで初めて印刷機を導入して印刷業を始めた人物とされているそうです。
また、イギリス人として初めて本を出版して小売りした人物でもあるんです。
当時のロンドンで出版物の小売りを手がけていたのは、
フランドル人やドイツ人やフランス人ばかりだったんですって。



フィンランド 本 
20150530.jpg


1988年にフィンランドから発行されました。
テーマはフィンランドの文学のようですね。
本を読むと自分の知らない世界に誘われますよね。
現実逃避っていうか、気分転換にもなりますし、
本がなかったら私の生活はとても味気ないものになると思います。



チリ ハイテンション 
20150115.jpg


チリの切手。
地図切手でもあるし、本も家も登場してます。
子ども(赤ちゃん)も、植物も描かれていますね。
でも何と言っても一番印象的なのは男性のテンション!
「取ったどーーー!」と叫んでいるように見えます。



フランス 地図 
20121002.jpg


1959年にフランスから発行されました。
シックな色合いで良いですね。
地球儀(地図)や本が置いてあって、
大学などの研究室のようです。



国連 産業 
20120924.jpg


国連発行の切手。
おそらく様々な産業や文化を表現していると思います。
カラフルで楽しいデザインですね。



スペイン 本 
20120925.jpg


1979年にスペインから発行されました。

読書の秋ですね。
朝晩はかなり肌寒くなってきました。
皆さま、風邪ひかれないようご自愛くださいませ。



ポーランド 民俗 
20111115.jpg


1959年にポーランドから発行されました。
全部で10種類あるので、毎日2種類ずつupします。

額縁風の背景がいいですね~
女性の笑顔が素敵です。



ソ連 民俗 
20111031-1.jpg 20111031-2.jpg


昨日の続きです。
このシリーズはデザインもかわいいし、
色合いがとてもいいですね~
お気に入りです。



パキスタン 民俗 
20110906.jpg


1970年にパキスタンから発行されました。
パキスタンの民族衣装はシャルワールカミーズ(サルワール・カミーズ)という、
ひざ丈の上着とズボン、女性はそれにドゥパッターというショールがつくそうです。
が!それよりも後ろの女性が気になりますw



ポーランド 国旗 
20110709.jpg


1967年にポーランドから発行されました。
優しい色合いが好きです。
ポーランドカラーのリボンが良いアクセントになっていますね。
白は共和国の尊厳を、赤は自由を表しているそうです。



ホンジュラス 国旗 
20110704-01.jpg 20110704-02.jpg


今日はアメリカ合衆国の独立記念日ですね。
なのでアメリカの国旗をupします。
と言ってもホンジュラスの切手なのですが…

アメリカの国旗は「星条旗」(せいじょうき、Stars and Stripes)と呼ばれ、
50の白い星が配置されている四角に区切った左上部(カントン)と
赤7本と白6本の13本の横縞で構成されています。
赤は勇気、白は真実、青は正義を表し、
縞模様は独立当時の13の入植地を、星は現在の州を表しています。

ホンジュラスの国旗は青は太平洋とカリブ海、白は国の統一と平和を表しているそうです。
中央の五星は中央アメリカ連邦再統一への希望を表し、
星はそれぞれホンジュラス(中央)、グアテマラ(左上)、エルサルバドル(左下)、
ニカラグア(右上)、コスタリカ(右下)を表しているんですって。



ハンガリー 文学・童話 
100724-1.jpg 100724-2.jpg

100724-3.jpg 100724-4.jpg


1959年にハンガリーから発行されました。
全部で8種類あるので、2日に分けてupしますね。
20Fの額面の切手は、以前にも「本」のジャンルで紹介しています。



マダガスカル 子ども 
100501-1.jpg


ずっとポストホルンの切手をupしています。
まだまだ続けるつもりなのですが、
「子どもの日」と「母の日」を素通りするのはちょっと・・・
と言う訳でポストホルンの切手は少し中断します。

今日は1984年にマダガスカルから発行された切手です。
とても明るくてかわいい子どもたちですね!



中国 モノ 
090127-1.jpg 090127-2.jpg

090127-3.jpg 090127-4.jpg


2006年に発行されました。
書道の道具と言うよりも芸術品ですね。
きれいな字が書ける人、憧れます。



カナダ クリスマス 
1209-1.jpg 1209-2.jpg


1967年にカナダから発行されました。
賛美歌を歌っているのでしょうか?
子どもたちの誇らしげなお顔がとてもかわいいです。



ドミニカ共和国 本 
1123.jpg


今日で本の切手は終わりです。
最後はドミニカ共和国から発行された切手です。
発行年はわかりませんでした。
クリスマス切手でもありますね!



ソ連 本 
1122.jpg


1963年にソ連から発行されました。
かわいい切手ですね~
色合いもいいと思います。



ペルー 本 
1121.jpg


2003年にペルーから発行されました。
とってもかわいい子どもたちですね!
見ていると楽しくなる切手です。



ニューカレドニア 本 
1120.jpg


2001年にニューカレドニアから発行されました。
本を読むと色んな世界を旅することが出来ますね!



..