西ドイツ メサイア 
20160920.jpg


1962年にドイツから発行されました。

発行目的はわかりませんでしたが、
キリスト教関連であることは間違いないと思います。

昨日、小中学校時代の同級生のチェンバロ奏者、
井幡万友美さんが出演された「メサイア」演奏会に行きました。

井幡さんのコンサートの様子、このブログでは何度もご紹介してますね。
今回はバロック期を代表する重要な作曲家、
ドイツ生まれのヘンデルが作曲した「メサイア」演奏会。
(私でも知っている)有名な「ハレルヤ」が入ってます。

信仰心、私はまったく持ち合わせてはいません。
ですが、信仰している宗教がある人は、
心の拠り所みたいなものがあるんじゃないかと思っています。

「メサイア」ではイエス・キリストへの賛美が朗々と歌われます。
声楽のソリストの方々の豊かな素晴らしい歌声。
チェンバロやオルガン、管弦楽団の皆さまが奏でる美しく重厚な調べ。
ハレルヤの合唱や 最後のアーメンの合唱で
リフレインを繰り返し、全員の合唱が合わさった時など、
合唱曲の美しさや力強さが感じられ、圧倒されました。
勘違いでしょうけど、なんだか私まで浄化されたような…
このじんわりとした感動は何だろう?
音楽って不思議。


ところで、ちょっと小耳に挟みましたが、
2018年は後期バロックの3大作曲家ヘンデル、バッハ、スカルラッティの
生誕333年にあたるそうですよ。
色々なコンサートが企画されそうですね。
楽しみです♪



風景印 宮城県 
30160311.jpg


宮城県 松島郵便局
図柄…国宝・瑞巌寺本堂及び庫裏、僧侶、松島


東日本大震災の発生から5年が経ちました。
復興に向けて、多くの方々が努力をされていることと思いますが、
まだまだ被災地や避難先でご苦労されている人々もたくさんいらっしゃいます。
一日も早く元の日常生活に戻れますように。

この風景印に描かれている瑞巌寺も震災により、
浸水や国宝の庫裏と廊下の壁に数カ所ひびが入りました。
しかし、周辺の自治体と比較して被害は軽微で済んでいます。
その理由として、津波は浅い海に入ると速度が落ちて急激にエネルギーを失うのと、
松島湾内に点在する島々が緩衝材となり、津波の勢いを弱めたと見られているそうです。

この松島町の事例は津波対策の良いアイディアになるのではないでしょうか?



オランダ 神さま~ 
20150709.jpg


1964年にオランダから発行されました。
おそらく「聖書協会設立150年」の記念切手。
聖書協会 (Bible Society) とは非営利組織であり、
聖書の翻訳・出版して手ごろな値段で配布するために設立された組織だそうです。

なんだか最近、私ついてない。
・久しぶりにいったカフェが一週間前に閉店してた
・デパートにお洋服を買いに行ったら、お気に入りのブランドが撤退してた
まぁこの二つはいいとして…

私が週に一回は行っていた定食屋さん!韓国ドラマにハマっていた店主さんの定食屋さん!
7月に入ってからずっとシャッターが閉まってる…
仕事中の唯一の楽しみのランチ、もうテンションが下がりまくりw
店主さんが体調を崩されたんだろうか?
ああ・・・韓国ドラマのロケ地を巡る旅行とかに行ってらっしゃったらいいのに。

もう一軒のカフェも改装でしばらくお休みだって。
毎日のお昼ご飯、どうしよう。
レギュラーのうちの2軒が無くなるなんて痛すぎる…
神さま、仏さま、助けて~



ノルウェー ハート 
20150212.jpg


1968年にノルウェーから発行されました。
宗教関連でしょうか~?
十字架とハートがコラボ(?)してますね。
色合いがシックで大人かわいいデザインです。



スイス ステンドグラス 
20140227.jpg


スイスのステンドグラス切手、三枚目。
今日はキツネですね。
赤いキツネ…まさか緑のタヌキはいませんよねw



オーストラリア クリスマス 
20121223.jpg


2002年にオーストラリアから発行されました。
シール式の切手です。
穏やかな表情で、見ていると優しい気持ちになれます。
色合いも良いですね。



ブラジル クリスマス 
20121222.jpg


昨日のブラジル切手のペア。
こちらは宗教色の強いデザインです。

三博士が贈り物(乳香、没薬、黄金)を持っていますね。
羊飼いも見守っています。



オーストラリア クリスマス 
20121220.jpg


1979年にオーストラリアから発行されました。
絵画からデザインされているようですね。
宗教色が強いです。



デンマーク クリスマス  
20121219.jpg


最後の一枚。
このシリーズはすっきりとしていて美しいです。
でも色々不思議なデザインですね。



デンマーク クリスマス  
20121218.jpg


今日もスラニア切手。
よーく見ると怖いデザインですw



デンマーク クリスマス  
20121217.jpg


まだまだ続きます。
なんだか賑やかになってきましたね~



デンマーク クリスマス  
20121216.jpg


デンマークのスラニア切手の続き。
怪しげな影が忍び寄ってますw



デンマーク クリスマス 
20121215.jpg


1973年にデンマークから発行されました。
全部で5種類、順番がわからないので適当な順でupします。

制作はスラニアです。
華やかで美しいデザインですね!



チリ クリスマス 
20121212.jpg


1992年にチリから発行されました。
一見、同じデザインって思ったのですが、
よーく見ると観客(?)が違います。
こんな風な素朴な感じも良いですね。



イギリス クリスマス 
20121208.jpg


イギリスのクリスマス切手の最後の一枚。


新約聖書、マタイによる福音書 第2章より

「Io,the star ,which they saw in the east」
見よ、彼らが東方で見た星が…

新約聖書では東方の三博士は星に導かれイエス誕生時にやってきて、
イエスを見て拝み、乳香、没薬、黄金を贈り物としてささげたとされています。

三博士が星をみてイエスの誕生を確信した場面。


このシリーズはとても良いですね。
美しいです。



イギリス クリスマス  
20121207.jpg


イギリスのクリスマス切手、今日も美しいです。


新約聖書、ルカによる福音書 第1章より

「blessed art thou among women」
主はたくさん女性の中からあなたを祝福し…


アビヤの組の祭司であるザカリヤの妻、エリサベツが
マリアに向かって述べた挨拶の冒頭



イギリス クリスマス  
20121206.jpg


今日もイギリスのクリスマス切手。


新約聖書、ルカによる福音書 第2章より

「I bring you tidings of great joy」
私は大きな喜びを、あなたがたに伝える。

イエスが生まれた夜、羊飼たちが野宿しながら羊の群れの番をしていた。
そこに主の御使が現れて、救主の誕生を告げた場面。



イギリス クリスマス 
20121205.jpg


イギリスのクリスマス切手、続きます。


新約聖書、ルカによる福音書 第1章より

「and shall be called the Son of the Highest」
そしていと高き者の子と、となえられるでしょう。

なぜか、昨日の切手よりも前の場面。
御使ガブリエルがマリヤのところにきてイエスの誕生を予言した時の言葉です。



イギリス クリスマス 
20121204.jpg


1996年にイギリスから発行されました。
全部で5種類、まるで絵本の挿絵のように美しい切手です。
この切手には聖書の言葉と共にその場面が描かれているようです。


今日は新約聖書、ルカによる福音書 第2章より

「every one to his own city」
人々はみな、それぞれ自分の町へ帰って行った。

ヨセフがすでに身重になっていたいいなづけの妻マリヤと共に、
ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ帰って行く場面。



ベルギー クリスマス 
20121203-1.jpg


1984年にベルギーから発行されました。
クリックで大きくして見て下さいね。
なんだか面白い3人組ですよ。
近くのお家に余興に行くのでしょうか?



クロアチア クリスマス  
20121202.jpg


いつの間にか12月に入ってました。
今日から毎年恒例のクリスマス切手、12月25日までの予定です。

まずトップを飾るのは伝統的なデザインのクリスマス切手。
1999年にクロアチアから発行されました。

イエスさまは馬小屋で生まれたとされていますが、
「ルカ福音書」によると馬はこの場にはおらず、代わりに牛とロバがいたらしいです。
この切手でも牛とロバが登場していますね。



ポルトガル 民俗 
20120910-1.jpg 20120910-2.jpg


アズレージョの続き。
2006年にポルトガルから発行されました。
昨日は伝統的な文様でしたが、今日は宗教的なデザインですね。
聖書の一場面でしょうか。



インドネシア 民俗 
20120517.jpg


お土産切手は今日で終りです。
ラストを飾るのは妹から貰ったインドネシアのお気に入りの切手。

この切手、いいですよね~
ちょっとくすんだ色合いが良い味を出してます。
デザインも民俗色が強くて、とても素敵だと思います。

描かれているのはARJUNA(アルジュナ)。
ヒンドゥー教の聖典の1つである叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英雄。

詳しくはこちらをご覧ください。



ポルトガル 宗教 
20120415.jpg


今日からポルトガルのお土産切手。
母のお友だちからいただきました。

ポルトガルの首都リスボンを見渡すカトリックの記念碑クリスト=レイ像。
像の基礎は門の形をしていて高さは75m、その上に立つ28mの像だそうです。

このデザインはいいですね~
それと目打ちが独特です。



アイスランド 音楽 
20101013.jpg


2000年にアイスランドから発行された小型シートです。
歌っているのはきっと讃美歌ですね。
人物の表情がいいと思います。



西ドイツ クリスマス 
1202.jpg


1976年に西ドイツから発行されました。
ステンドクラス風で美しいデザインですね。



キプロス クリスマス 
1128.jpg


2004年にキプロスから発行された小型シートです。
今までにupしたクリスマス切手に比べると、
宗教色が強い感じですね。
印象的な色合いとデザインだと思います。



イタリア 本 
1110.jpg


1985年にイタリアから発行されました。
とても美しい切手ですね~
宗教関連の切手だと思います。



スペイン 本 
1107.jpg


1969年にスペインから発行されました。
1769年にフランシスコ会修道士、フニぺロ・セッラ (Junipero Serra) 神父が、
スペインの支配地であったメキシコからサンディエゴにはいり、現在のオールドタウンと
呼ばれている場所にカリフォルニアで初めての伝道所を建設しました。
アメリカ大陸の西の方でのキリスト教の拡大、原住民の改宗の始まりだそうです。
この切手のデザイン、とても印象的で力強いですね!



西ドイツ 本 
1029.jpg


1962年に西ドイツから発行されました。
この切手に描かれている本は聖書のようです。
何か意味のあるマークなんでしょうか?



..