台湾 吉祥文様 
20150519.jpg


台湾の吉祥文様切手、最後の一枚。
おそらく、「白鷺」と「牡丹」が描かれているのではないかと思います。

「鷺」は「路」に通じる事から「路を示す鳥」といわれ、
一路栄華を意味するそうです。

「牡丹」はもともと中国で百花の王として好まれ、 その容姿の豪華さ、
絢爛さから富貴の花とされており、また不老長寿の象徴とされてるんですって。



台湾 吉祥文様 
20150518.jpg


台湾の吉祥文様切手、続きます。
今日描かれているのは「金魚(双魚)」

束縛や悩みから解放してくれる二匹の黄金の魚。
自由や繁殖の豊かさの象徴とされているそうです。



台湾 吉祥文様 
20150517.jpg


台湾の吉祥文様切手、二枚目。
今日の吉祥文様は「鴛鴦」と「蓮」

鴛鴦は見た目も美しく、番で生活することから夫婦円満の象徴として、
婚礼にまつわる贈答品などによく扱われますね。

蓮は泥の中から清らかな花を咲かせるので、清廉潔白の象徴で、
また実をたくさん付けることから、豊かさ・繁栄をもたらす花として尊重されました。



台湾 吉祥文様 
20150516.jpg


今朝、明け方に見た夢。
電車での移動中、偶然会ったお友だちと話していて乗り換えに失敗。
お友だちはそのまま電車に乗って行ってしまった…
3時間に1本しかないのにどうしよう?って途方に暮れていた私。
そこで目が覚めたんだけど、不吉な予感。

そしたらやっぱり!
今日、最寄りのバス停に向かう途中に、忘れ物に気が付き家に戻りました。
乗ろうと思ってたバスに乗り遅れw
1時間に1本しかないのに…

これはもしかして「予知夢」?
それとも夢で見たことが実現するような不思議な力が身に付いた?

なんだか寝るのが楽しみになってきましたぁ。
今日は縁起が良いデザインをupしましょう。


1999年に台湾から発行された吉祥文様の切手、全部で4種類。
今日の切手には蝶とかぼちゃが描かれています。

蝶は毛虫・青虫からサナギ~成虫と変態して行きます。
そのため再生・復活、魂や不死の象徴とされるそうです。

かぼちゃは閩南語(閩南語(びんなんご、ミンナンご)は、
主に閩南地方(中華人民共和国福建省南部)で話される言葉)で金瓜と言い、
「禄」を得られることを象徴するんですって。

うん、今晩は良い夢が見られそう。



..