フランス 夏季五輪 
20170914.jpg


本日、夏季五輪の開催地が正式に決定されましたね。
2024年はパリ・2028年はロサンゼルスなんですって。
観光地を走るマラソンが今から楽しみ♪

切手は2001年にフランスから発行されました。
制作はアルベール・デュカリ(Albert Decaris)。
フランス語圏を代表する「切手彫刻家」だそうです。



日本 郵政株 
img117.jpg


1971年に発行されました、「郵便番号宣伝シリーズ」の一枚。
このキャラクターは「ナンバー君」って名前らしい。
最近のかわいい垢抜けたデザインの切手もいいけれど、
こんな感じのレトロなかわいいデザインがとても好きです。

さて、今日のニュース、財務省が政府保有の日本郵政株を追加売却すると正式発表しましたね。
この売却によって、郵便局の方の業務にどのような影響があるのか、
郵便局巡りをしている私としては気になりますが、
利用者サービスが向上することを希望しています。



日本 新三種の神器 
img110.jpg


本日、現代の「新三種の神器」の記事がありました。


ロボット掃除機、全自動洗濯乾燥機、食器洗い機が共働き家庭などで
「新三種の神器」と呼ばれている。生活にゆとりを得たいというニーズを捉え、
家事にかける時間を減らせる「時短家電」が人気。
電機各社がロボ掃除機や洗濯機の新商品を相次いで投入。

※時事通信社さんの配信


うちの家、ロボット掃除機と食器洗い機がない…
全自動洗濯機も乾燥機能は使ったことないわ。
ロボット掃除機は床に色々置いてあるから使えないだろうし、
食器洗い機は置く場所がないw
…もしかして時代遅れ?


切手は平成12年に発行された「20世紀デザイン切手 第13集」より「新三種の神器」、
当時のカラーテレビ・車・クーラーのイメージがデザインされています。


経済成長に伴い国民の所得水準が上昇したことで、生活様式の変化が進み、
1950年代後半の三種の神器(電気洗濯機・電気冷蔵庫・白黒テレビ)に続いて
1960年代 後半には、カラーテレビ・車・クーラーが、「新三種の神器」と呼ばれ普及していきました。
(資料提供:ソニー、トヨタ博物館、日立製作所)

※日本郵便のHPより



日本 デザイン 
20170820.jpg


「ふみの日」、最後の一枚。
このシリーズは女性がターゲットなんでしょうか~?
かわいい切手を貼って、お手紙を書きたくなりますよね。
いただいたお葉書にこんな切手が貼ってあったら、
さぞ嬉しいことでしょう。


全体像はこんなの ↓

20170820-1.jpg


裏面 ↓

20170820-2.jpg



ふみの日をきっかけに「ありがとう」の気持ちを手紙で伝えていただけるよう、
リボンや星のモチーフ、「ありがとうございます」や「FOR YOU」の文字を入れたデザインにしました。
切手シートは、名刺入れ等に入れて携帯しやすいように、ミシン目に沿って2つ折りにすることができます。
また、余白には、手紙を書く際の参考としていただけるよう、簡単な文例や郵便料金表を掲載しています。

※日本郵便のHPより


このかわいい切手、きっとまだ販売してますよ。
気になった方はどうぞお近くの郵便局へ♪



日本 星 
20170818.jpg


今日も「ふみの日切手」
「星」が描かれています。
おお…リア充感満載。
…はともかくとして、この切手シリーズ、
切手の額面の文字も手書き風でかわいいし、
イラスト(って言っていいのか?)も良い雰囲気ですね。
なんだか学生時代に戻って、絵の上手な人のノートを見ているみたいな、
そんな懐かしい気持ちになりました。
できることなら戻りたい!あの頃に…



イスラエル ビーチ 
20170731.jpg


1976年にイスラエルから発行されました。
日本記念日協会さんによると、今日は「ビーチの日」だそうですよ。


特定非営利活動法人日本ビーチ文化振興協会が制定。
海に囲まれた島国の日本は古来より海の恩恵を受けてきた。
その海と陸の境目であるビーチ(砂浜)が通年で利用され、
活性化につながるように、ビーチの大切さを多くの人に知らせるのが目的。
日付はビーチは波によって砂が形成され浄化されることから、
7と31で「波(73)がい(1)い」と読む語呂合わせから。

※日本記念日協会さんのHPより


ビーチか…
キラキラした人たちがたくさんいらっしゃるイメージ。
私とは無縁の世界ですw

ところで、735さん。
お元気でしょうか~?



日本 和の文様 
20170720.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」は今日で終わり。
背景の色、芥子色ですね。
「芥子とナス」美味しそう。

この「和の文様シリーズ」、今、第2集まで発行されています。
今年のお盆明けには第3集も発売されるようです。
私は第2集は購入していませんが、第3集、ネットで見るとけっこうかわいいですよ。
どうやら、「郵便の絵文字」もないみたい。
このシリーズはシール型なので手軽ですし、デザインもかわいいので
お手紙差し上げる時に使いたいですね。

※いつもお世話になっている日本郵便さんのために、ちょっと宣伝しておきます。


全体像はこんなの ↓


20170720-1.jpg



日本 和の文様 
20170718.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、あと少し。
昨日の色違い。

色合いが違うと印象が違いますね。



日本 和の文様 
20170717.jpg


またまた、「和の文様シリーズ 第1集」
描かれている文様は「七宝(しっぽう)文様に蝶」


「七宝」文様は、同じ大きさの円を互いに
その円周四分の一ずつ重ねて規則正しく繋げた図形で、
四方に広がって無限に続くものを言います。
その「四方(しほう)」から転じて仏教の七宝(しっぽう)(金・銀・瑠璃等)
であるところの七宝という名前になりました。
四方や十方に広がる吉祥(きっしょう)にちなんで、
めでたい文様の代表格として用いられます。
今回は「蝶」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


モダンな柄ですよね。
色合いも良いのではないでしょうか~?



日本 和の文様 
20170716.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、折り返し地点。
本日は「蜀江(しょっこう)文様に郵便」のデザイン。

「蜀江」文様の名前は、中国の三国時代の「蜀」にあった「蜀江」という河の名前に由来しています。
八角形と八角形の一辺を辺とする正方形を互いの目に連続させた幾何形(きかけい)として展開させたものです。
鳳凰(ほうおう)・雲龍(うんりゅう)・牡丹唐草(ぼたんからくさ)などを組み合わせた柄が多いですが、
今回は「郵便」を絵文字に表したものと組み合わせています。

※日本郵便のHPより


ええっと、「郵便」を絵文字にって…
「便(瓶)」は確かに絵文字と言われれば、そうなのかと思うけど、
「郵」は普通の文字じゃない?文様も色合いもかわいいんだから、
「絵文字」はない方がいいんじゃないかなw



日本 和の文様 
20170715.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」まだまだ続きます。

あ!出た!郵便の「郵」の漢字と瓶の模様…
いかがなものか…と52円バージョンの時も思いましたが、
やっぱり、ちょっとね…



日本 和の文様 
20170714.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、続きます。
あら、かわいい♪
波がまるで、クレヨンや色鉛筆で描いたみたいですね。
千鳥も軽やかに飛んでいます。



日本 和の文様 
20170713.jpg


今日も「和の文様シリーズ 第1集」
「青海波(せいがいは)文様に千鳥」が描かれています。


「青海波」文様は、円弧を同心円に重ねた鱗状の形を、
一方向を追いかけるように繰り返して展開した繋ぎ文様です。
平安時代の「青海波」というめでたい演目の舞楽衣装の文様に用いられ、
いつしかこの演目の「青海波」が文様の名前になって日本の古典文様に定着しました。
今回は「千鳥」と組み合わせています。

※日本郵便のHPより


52円バージョンは今年の1月初めにupしました。
描かれている文様は共通していて、日本郵便の解説は同じ、
ですが、ちょっぴりデザインが違うので、よかったらそちらも見てくださいね。



日本 和の文様 
20170712.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」、二枚目。
描かれているのは「富士山に麻葉文様」


「麻葉」文様は、六角形とその中心から各頂点を結んだ放射状の線で表される図形で、
大麻の葉の形に似ているところからそう呼ばれています。
しかし、単一形で用いることは少なく、多くは六方向に重ね合わせて続けていく
「六星形繋(ろくせいがたつなぎ)」で用い、それを「麻葉」と称しています。
麻が強く真っ直ぐに育つことにちなんで、子供や女性の衣装、帯などの文様に用いられました。
52円シートでは、「富士山」と組み合わせています。
82円シートでは、「麻葉」文様を「富士山」に配しています。

※日本郵便のHPより


この切手、お気に入り。
富士山は立派な山だなぁ。



日本 和の文様 
20170711.jpg


今日から「和の文様シリーズ 第1集」
以前にもご紹介しましたよね。
あれは…52円バージョン。
今回は82円バージョン、全部で10種類。
52円と比べると、ちょっぴりゴージャス…なーんちゃってw
昨年、2016年に発行されました。


毎日暑いのであっさりモードで淡々とupしていきますね。



日本 労働…(T_T) 
img088.jpg


1997年に発行された「労働基準法制度50周年記念」の切手。


昭和22年、戦後の日本の産業復興と国際社会への復帰を促進する担い手となる労働者に、
憲法第27条に基づく基本的労働条件が保障されることとなりました。  
平成9年は、労働基準法制度が発足して50周年の節目の年に当たります。

労働基準法制度50周年記念 「人」の文字をもとにして、
労働者と使用者が支え合ってしっかりと歩んでいく姿を表現しています。

※日本郵便のHPより


最近、私のお仕事が増えました。
それもけっこうなボリューム。
上司に「じゃあ、何か減らしてよ。」って訴えていますが、
「取りあえず、様子を見よう」って言われました…
なんだかもう、イヤになってます。

労働者と使用者が支え合ってしっかりと歩んでいくって?
全く共感できない!最近のモカですw



ブルガリア 雪やこんこ 
20170114.jpg


1989年にブルガリアから発行されました。
日本の雪だるまは2頭身だと思いますが、
ブルガリアでは3頭身が一般的なんでしょうか?

さて、日本には今シーズン“最強寒波”が到来しているようですよ。
皆さまくれぐれもご注意くださいね。

今日はお友だちと文楽を鑑賞し、お食事をして、とっても楽しい週末でした。
地元に帰ってくると雪が少し(3㎝くらいかな?)積もっていて、
寒いのは嫌だけど、誰も踏んでいない雪を見るとテンションが上がります。
思いっきり、足跡をつけながらの帰り道、あっという間に家に。
楽しい時間はすぐに終わってしまいます。
明日、起きたら積もっているかな。


「雪」

雪やこんこ あられやこんこ
降っては降っては ずんずん積もる
山も野原も わたぼうしかぶり
枯木残らず 花が咲く

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭かけまわり
猫はこたつで丸くなる


この歌詞のせいで猫は雪に興味がないものとずっと思っていましたが、
お友だちの愛猫は初めて窓の外に降っている雪を見て、大興奮したそうです。
かわいいですよね♪



日本 七宝 
20170113.jpg


今日で「和の文様シリーズ 第1集」切手は終わり。
昨日の切手の色違い。

このシリーズ、字体もデザインもかわいいですよね。
シール型なので、使いやすいし。
お手紙を出すときに良いと思います。
私もどなたかにお手紙、出そうかな。



日本 蝶々 
20170112.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、あと二枚。
今日、デザインされているのは「七宝(しっぽう)文様に蝶」

「七宝」文様は、同じ大きさの円を互いにその円周四分の一ずつ重ねて
規則正しく繋げた図形で、四方(しほう)に広がって無限に続くものを言います。
その「四方」から転じて、仏教の七宝(金・銀・瑠璃等)であるところの七宝という名前になりました。
四方や十方に広がる吉祥(きっしょう)にちなんで、めでたい文様の代表格として用いられます。
今回は「蝶」と組み合わせています。

※郵政省のHPより

あら、ずいぶんさっぱりした感じのデザインですね。
こういうの、けっこう好きです。



日本 やっぱり、ゆうびん…だよね 
20170111.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、ラストスパート!
なんて、勢いよく書き始めましたが…
やっぱり、このデザインは違和感あるわw

色合いはかわいいけどね♪



日本 ゆうびん…? 
20170110.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、もう少し続きます。
今日、デザインされているのは「蜀江(しょっこう)文様に郵便」

「蜀江」文様の名前は、中国の三国時代の「蜀」にあった「蜀江」という河の名前に由来しています。
八角形と八角形の一辺を辺とする正方形を互いの目に連続させた幾何形(きかけい)として展開させたものです。
鳳凰(ほうおう)・雲龍(うんりゅう)・牡丹唐草(ぼたんからくさ)などを組み合わせた柄が多いですが、
今回は「郵便」を絵文字に表したものと組み合わせています。

※郵政省のHPより


なんだか「ゆう」という字に見えるなぁ~って思ってましたが、
ひらがなの「ゆう(郵)」と瓶の「びん(便)」でしたか…
これはいかがなもんでしょう?
「鳳凰」とか「雲龍」とか「牡丹唐草」と組み合わせた方がよかったかもね。



日本 千鳥足… 
20170109.jpg


六枚目の「和の文様シリーズ 第1集」切手。
昨日の色違い。
この切手を見ていると、福岡銘菓の「ひよこ」が食べたくなりますね。

私はお酒が弱いけど大好き。
でも甘いものも大好きで、際限なく食べられますw

ところで、「千鳥」と言えば「千鳥足」が思い浮かびますね。
えーー?という声が聞こえてきそうですが、私はそうです。

この「千鳥足」という言葉は、千鳥の歩き方に由来するんですって。
通常、鳥の足には後ろにも支える指があるのですが、
千鳥の指は前三本で後ろに足がなく、よろめいた歩き方をするため、
酒に酔ってふらふらと歩くこと、また、その足つきを「千鳥足」と言われるようになったそうです。

ちょっと(?)酔って、千鳥足で歩くのって楽しいですよね~♪



日本 千鳥 
20170108.jpg


今日もかわいい「和の文様シリーズ 第1集」切手。
「青海波(せいがいは)文様に千鳥」が描かれています。

「青海波」文様は、円弧を同心円に重ねた鱗状の形を、
一方向を追いかけるように繰り返して展開した繋ぎ文様です。
平安時代の「青海波」というめでたい演目の舞楽衣装の文様に用いられ、
いつしかこの演目の「青海波」が文様の名前になって日本の古典文様に定着しました。
今回は「千鳥」と組み合わせています。

※郵政省のHPより

波の上を軽やかに飛んでますね~



日本 茄子 
20170107.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」切手、四枚目。
昨日の色違い。
こんなにかわいい茄子を見たのは初めてです♪

先日、初夢にどんなのを見たのか覚えてないって書いてましたよね。
最近(でもないわ、ここ数年)物忘れが酷く、怯えています。

昨年は気分的な断捨離って言うか、色々なことの整理を決意。

年賀状リストも大幅に見直しました。
出した枚数は覚えている、ですが、誰に出して、誰に出してないかを…忘れたw
元日からずっと考えているんだけど、どうしても思い出せない…

いただいた年賀状を見ながら、「この方に出したかな?」、なんて悩んでます。
出していた場合を考えて、お返事も出せず…

この場をお借りして、お詫びします。
「ごめんね、来年は出すから!」



日本 三茄子 
20170106.jpg


「和の文様シリーズ 第1集」の切手、続きます。
今日は昨日の続きのようで…茄子の登場です♪

デザインされているのは「立涌(たてわく)文様に茄子」

「立涌」文様は、瓢箪(ひょうたん)の胴のように
太細(ふとぼそ)を繰り返した波形の曲線縞(きょくせんじま)で、
地上から天に向かって気が立ち上がっていく様子を表した有職(ゆうそく)文様の一つです。
有職文様とは、平安時代以降、公家の装束や調度品などに使われてきた文様です。
今回はアクセントとして「茄子」と組み合わせています。

※郵政省のHPより

金色で描かれた茄子、なんだか格調高く感じますw


ところで、本日1月6日から、「mocha stamps」は9年目に入ります。
いつまで続くのか…自分でもわかりませんが、
もう少し、こんな感じで気楽にやっていこうと思ってます。



日本 一富士 二鷹 三茄子 
20170105.jpg


今日も「和の文様シリーズ 第1集」より。
昨日の色違いですね。

良い初夢は見れました?
私?夢は見ていたような気がするけど、
内容はまったーーーく覚えていません。

さて、初夢に見ると縁起が良いとされるものを、
めでたい順に並べた句「一富士 二鷹 三茄子」

これには続きがあるらしい…
四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)
座頭とは剃髪した琵琶法師のことだって。

一富士二鷹三茄子と四扇五煙草六座頭はお互いに対応しており、
「富士」と「扇」は(形が)末広がりで子孫や商売の反映を意味。
「鷹」と「煙草の煙」は上昇して行くので運気上昇を意味。
「茄子」と「座頭」は二つとも『毛が無い』ことから『怪我が無い』と家内安全を意味。

縁起の良い夢よりも、すごく嬉しくなるような夢が見たいです。
例えば…美味しいものをたくさん食べているとか、
宝くじに当たったとか、全国の郵便局を支配下に置くとかw



日本 富士山 
20170104.jpg


今日は仕事始め。
楽しいお休みはあっという間に終わってしまいます…

ですが、まだまだ「松の内」
おめでたい雰囲気の切手をご紹介しますね。

昨年、2016年6月17日に発行された「和の文様シリーズ 第1集」
全部で10種類。

今日の切手に描かれているのは「麻葉(あさのは)文様と富士山」

「麻葉」文様は、六角形とその中心から各頂点を結んだ放射状の線で表される図形で、
大麻の葉の形に似ているところからそう呼ばれています。
しかし、単一形で用いることは少なく、多くは六方向に重ね合わせて続けていく
「六星形繋(ろくせいがたつなぎ)」で用い、それを「麻葉」と称しています。
麻が強く真っ直ぐに育つことにちなんで、子供や女性の衣装、帯などの文様に用いられました。

※郵政省のHPより


年末年始は関東方面に旅行に行きました。
お天気が良く、富士山もしっかりと見ることができました。
やっぱり立派な山ですよね~
比叡山の次に好きです♪



日本 労働問題 
20161107.jpg


平成8年(1996年)に発行されました。
テーマは「労働委員会制度50周年記念」

労働組合から推薦された労働者代表の「労働者委員」、
経営者(使用者)の団体から推薦された「使用者委員」、
労働者委員及び使用者委員が同意した学識経験者である「公益委員」、
労働委員会を構成する三者を表す「公・労・使」の文字と、
三者が安定した労使関係の確立に三位一 体となって取り組む姿を、
三色に染め分けた綱によって表現しているそうです。


女性新入社員が過労自殺した問題を受け、
厚生労働省東京労働局の過重労働撲滅特別対策班などは7日、
労働基準法違反容疑で電通本社(東京都港区)と関西(大阪市)、
中部(名古屋市)、京都(京都市)の3支社を家宅捜索したというニュースがありました。

本当に痛ましいことで、ご本人の追い詰められたお気持ちや、
残されたご家族や周りの方を思うと言葉がありません。
まだ24歳…素晴らしい未来があったはずなのに…
会社の責任は重いと思います。



チェコスロヴァキア ユネスコ 
20161015.jpg


1976年にチェコスロヴァキアから発行されました。
「ユネスコ設立30年」の記念切手。

このデザイン、とても素敵ですよね。
ほとんど文字だけなんですけど、オシャレな感じ。

さて、先日、岸田文雄外相は14日の記者会見で、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対する今年の分担金や任意拠出金など、
計約44億円の支払いを留保していると明らかにした。
日本政府は「世界の記憶(記憶遺産)」の登録制度の改善が前進するまで、
支払いの留保を継続する方針を固め、制度改善の要求を強める構えだ。

というニュースがありました。

ちなみに、分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)。
*米国は拠出金支払いを全額停止しているので、実質的に最大の拠出国は日本。

アメリカw
なんだ、出さないっていう選択肢もあるんだ。

この措置に対しての意見は色々あるでしょうけど、
日本国民が納めている大切な税金なので、
日本にとって納得できることに使ってもらいたい!
…と私は思います。



ルクセンブルグ ドアを開けようか! 
20160913.jpg


1982年にルクセンブルグから発行されました。
テーマは「Youth hostels(ユースホステル)」
スイスの印刷会社Courvoisier( クールヴォワジェ)社が制作した切手、
さすがです、とても色合いが美しく、デザインもモダンですね。

この切手を見ていると、ホテルに着いて、
部屋のドアを開けるときのドキドキ感を思い出しますね。
こんな素敵なドアのあるホテルに泊まってみたいデス。
オートロックではなく、レトロなカギなのも良いですね。
あああ、どこか行きたい。



..