スイス クリスマス 
20171225.jpg


Merry Christmas!

皆さま、素敵なクリスマスを過ごされました?
今日の私は全くクリスマス気分ではなかったのですが、
忘年会が終わり、今年最後の大事な会議が終わり、
年末気分が盛り上がってまいりました!
お休みまで、もう少し、ラストスパート行きまっす♪

あ、今日の切手は2002年にスイスから発行。
素敵なオーナメントです。



アイスランド クリスマス 
20171223.jpg


アイスランドのクリスマス切手、昨日のペア。
みんなで声を合わせて大きな声で合唱。
伴奏の楽器も一緒に声を合わせてる。
こう言うのすごいな、素晴らしいな、と思うイヴの夜。
今日はとっても良い一日でした。



アイスランド クリスマス 
20171222.jpg


1990年にアイスランドから発行されました。
とっても楽しそう…
リア充…



韓国 クリスマス 
20171221-2.jpg


1957年に韓国から発行されました。
今から60年前に発行されたなんて思えないですよね。
とってもかわいい♪



バハマ クリスマス 
20171220.jpg


バハマのクリスマス切手、今日で終わり。
怖かったね。
でも、大丈夫。
今日は怖くないです。
こんな民芸品のようなツリーなら欲しいとちょっと思ってしまった♪



バハマ クリスマス 
20171219.jpg


今日もバハマのクリスマス切手。

うん!今日も怖いね!



バハマ クリスマス 
20171218.jpg


バハマの怖ーいクリスマス切手、二枚目。
今日のも怖いよ!

人相の悪い三博士w
プレゼントをあげるよって言われても近づきたくありません…
あ、やっぱり黄金はもらおうかな♪



バハマ クリスマス 
20171217.jpg


1980年にバハマから発行されました。
麦わらの民芸品のような雰囲気ですね。
マリアさまのお顔がコワイw
いつもかわいいor美しいデザインが多いので、
たまには不気味なクリスマス切手を。

夜中に思い出したら、お手洗いに行けなくなりそう…



アルメニア クリスマス 
20171216.jpg


1997年にアルメニアから発行されました。

イエスさまは馬小屋で生まれたとされていますが、
「ルカ福音書」によると馬はこの場にはおらず、代わりに牛とロバがいたらしいです。
この切手でもイエスさまを牛とロバが見つめていますね。
東方の三博士も描かれています。



アイルランド クリスマス 
20171215.jpg


アイルランドのクリスマス切手、三枚目。

新約聖書、マタイによる福音書 第2章より

「Io,the star ,which they saw in the east」
見よ、彼らが東方で見た星が…

新約聖書では東方の三博士は星に導かれイエスさまの誕生時にやってきて、
イエスさまを見て拝み、乳香、没薬、黄金を贈り物としてささげたとされています。



アイルランド クリスマス 
20171214.jpg


アイルランドのクリスマス切手、二枚目。
今日のも素敵。

楽器を持って、夜空を飛んでいる天使。
パトロール?なんちゃって。
みんなが良い夢が見られるよう、優しい調べを奏でているのでしょう♪



アイルランド クリスマス 
20171213.jpg


2003年にアイルランドから発行されました。
この切手もお気に入りのシリーズです。
全部で3種類。
明日もお楽しみに♪

ところで、昨日、書いていた上司との対決…
興味のある方はいらっしゃらないと思いますが、一応、結果報告。

「(あれもこれも)言ってやる!」と決意して3日。
あれこれシミュレーションして出社しましたが。
何と言うことでしょう!
朝一で、上司に教えてもらわなければならないことが発生!
しかも、今日に限って、とても優しく指導していただき…
いくら私でも、いきなりキレたらおかしいでしょ。

と言うわけで…当初の予定は変更。
言ってやる!と思っていたことの一つだけ言ってやりました!
取りあえず、だいぶスッキリw

残りはまた後日、言ってやる!つもりです♪



ウクライナ クリスマス 
20171212.jpg


昨日のウクライナのクリスマス切手のペア。
今日のも良いですね。
人物のなんとも言えない表情が気になります。
直接、切手を見ていただきたいです。
とってもとっても美しいですよ~

さて、こんなに素敵な切手の下に書くのはどうかと思いますが、
明日、上司と対決してやろうと思ってますw
今から、イメージトレーニングしまぁす♪

モカの運命は?!
…続く…



ウクライナ クリスマス 
20171211.jpg


2008年にウクライナから発行されました。
この切手、とってもとっても素敵ですよね。
まるで、美しい絵本の挿絵のよう。
超お気に入りの一枚です。



ブルガリア クリスマス 
20171210.jpg


1990年にブルガリアから発行されました。
サンタクロース、お仕事中♪

サンタクロースのモデルになったのはセント・ニコラウス(Saint Nicholas)だそうです。


「ある時ニコラウスは、貧しさのあまり三人の娘を身売りしなければならなくなる家族の存在を知った。
ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れた。
このとき暖炉には靴下が下げられていており、金貨はその靴下の中に入ったという。
この金貨のおかげで家族は娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。
この逸話が由来となり、「夜中に家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」という、
今日におけるサンタクロースの伝承が生まれている。

※Wikipediaより



ブルガリア クリスマス 
20171209.jpg


1989年にブルガリアから発行されました。
このトナカイもかわいい♪
手袋の柄になってますね。
この手袋、欲しい…



ブルガリア クリスマス 
20171208.jpg


1989年にブルガリアから発行されました。
トナカイwwww
頭にツリー載せてんの?
かわいいけど。



ブルガリア クリスマス 
20171207.jpg


1987年にブルガリアから発行されました。
私、ブルガリア切手大好き。
色合い・デザインがとっても素敵なんです。
字体もかわいいですよね~♪



オーストラリア クリスマス 
20171206.jpg


昨日の切手のペア。
今日もキラキラ☆
クリスマス切手のデザインでも、各国の個性がありますね。



オーストラリア クリスマス 
20171205.jpg


2005年にオーストラリアから発行されました。
オーストラリアなど南半球の地域のクリスマスは真夏。
クリスマスと言えば、冬!寒い!雪!ホワイトクリスマス!
って連想しますよね、私たち…

キラキラの☆がクリスマスっぽいですね。



アメリカ クリスマス 
20171204.jpg


アメリカのクリスマス切手、ラスト一枚。
今日のデザインもかわいい♪
この松ぼっくり、リースに使ったら素敵だろうな。

このシリーズは色合いがクリスマスカラーだけ、
シンプルなデザインが良いですね。
ちなみにクリスマスカラーとは赤・緑・白。

各色にはそれぞれ意味があり、 赤色はキリストの血の色、愛と寛大さ、
緑色は永遠の命、白色は純潔、潔白だそうです。



アメリカ クリスマス 
20171203.jpg


今日もアメリカのクリスマス切手。
これ、ポインセチアかな。
違ってたらごめんなさい。

ポインセチアだとして…

ポインセチアの花言葉は、色によって異なるそうです。
赤いポインセチアは、「祝福する」「聖夜」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」など。

「私の心は燃えている」…って明日、言ってみよう。



アメリカ クリスマス 
20171202.jpg


アメリカのクリスマス切手、二枚目。
これは何の実なんだろうか?
赤いリボンがクリスマスっぽいですね。



アメリカ クリスマス 
20171201.jpg


今年もクリスマスシーズンがやってきましたね。
リアルな日常生活では華やいだ気分は全くありませんが、
このブログの中だけは…中だけは…ちょっと浮かれてみてもいいよね。

さて、クリスマス切手の一枚目。
1964年にアメリカから発行されました。
全部で4種類。レトロな雰囲気でお気に入り。

イエスキリストさまは、十字架につけられる前にいばらの冠をかぶらされました。
刺(とげ)のようなヒイラギの葉は、そのいばらの冠を象徴しています。
また、ヒイラギの赤い実は私たちの救いのためにイエスキリストさまが流した血を、
そして緑の葉は永遠の命をあらわしています。



日本 ポインセチア 
20161225.jpg


Merry Christmas!
皆さま、素敵なクリスマスを過ごされたのでしょうか。
私?昨日の余韻をまだ引きずっておりまして…
今日も一日中、頭の中は「ハレルヤ」が流れていました♪

楽しい楽しい連休も終わりましたね。
明日からのラストスパート、頑張りまっす。

あ、切手は「冬のグリーティング」より。



日本 クリスマス 
20161224.jpg


先日(12月2日)に発行された、「冬のグリーティング」
「この切手、クリスマス?」と疑問をもたれた方、いらっしゃいます?
実は、今日行ったクリスマスのイベントにピッタリの切手なんです。

毎年、12月24日頃は年末年始のお休み前の「超」繁忙期で、
クリスマスなんて関係なく…普通の、いえ、残業する日。
ところが、今年のイヴはお休みの日。
私もクリスマスを満喫したい♪と、
小・中学校の同級生チェンバリストの井幡万友美さんにお願いして、
前からずっと行きたかった「全同志社メサイア演奏会」に。

秋にも同じ「メサイア」のコンサートに行ったのですが、
今回は井幡さんのチェンバロとオルガンの方以外は全く違うメンバーでの演奏。
前回は初めてのメサイアコンサートで、力強い合唱に圧倒されっぱなし。
「ハレルヤ」とか聞いたことがある曲もあって、とても楽しいコンサートだったんです。

今回は同志社ファミリー中心のメンバーだけあって、
暖かい雰囲気のコンサートでした。
途中、観客も参加する場面があったり、
エンディングもすごく印象的で…
なんだか、とても良いクリスマスの夜でした♪



ブラジル クリスマス 
20161223.jpg


2002年にブラジルから発行されました。
この切手、いつものように牛とロバがいますが、
よく見ると幽体離脱しているような…
斬新なデザインだと思います。

今年は、オリンピックが開催された影響で、
ニュースでもブラジルの話題がよく登場しましたね。
行ったことのない国なのですが、なんだか身近に感じます。



カナダ クリスマス 
20161222.jpg


昨日のカナダのクリスマス切手のペア。
背景の色が違うと雰囲気が変わりますね。

今日は会社の忘年会でした。
この行事が(無事にw)終わると一年も終わりだなって思う。
さあ、ラストスパートがんばろ。
なんとか乗り切って、逃避行したい…



カナダ クリスマス 
20161221.jpg


1971年にカナダから発行されました。
レースで編まれた雪の結晶ですね~
ロマンティック♪
背景が黒なので、夜に降っている雪のようです。



ドイツ クリスマス 
20161220.jpg


1980年にドイツから発行されました。
色合いが美しいですね~
牛とロバがまた覗いてますよ。



..