ご当地フォルムカード 
20170330.jpg


佐賀県の第六弾のご当地フォルムカード「武雄温泉楼門」


約1,300年の歴史をもつ温泉。その入口に立つ竜宮を思わせる朱塗りの楼門と、
武雄温泉新館はいずれも国の重要文化財で、東京駅を設計した辰野金吾の設計による。
天井には4つの干支が描かれてあり、東京駅のドーム天井にある8つの干支と合わせると十二支になる。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


中華風のお寺かと思ったw
ずいぶん立派な門ですね。
東京駅とのコラボ、面白いです。
自分の目で確かめなくっちゃ♪


ところで、今日はとても暖かい一日でした。
今日の京都の最高気温は20度を超えていて、
4月中旬ぐらいの暖かさだったそうです。
でも…桜の開花はまだなんです…
今週の半ば頃に開花かなって書き込みましたが…残念!



ご当地フォルムカード 
20170322.jpg


島根県の第七弾のご当地フォルムカード「松江城」


全国にある現存十二天守の中で、天守の平面規模では2番目、
高さで3番目、古さで5番目。1611(慶長16)年、築城。
国の重要文化財に指定されている。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


そう言えば、47都道府県制覇の旅、第一巡目のスタートは松江市。
2011年の秋でした。5日間で島根県と鳥取県を周りましたが、
この一人旅が本当に楽しかったので、その後も続いているんだと思います。

松江城の周りのお堀を巡る遊覧船があって、乗ろうか迷ったことを思い出します。
一人で乗るのは気が引けて、その上、時間的な制約もあって断念しましたが、
また行く機会があれば、たぶん今度は遠慮せずに乗り込みますw
一人旅の経験を重ねて、たくましくなりました♪



ご当地フォルムカード 
20170328.jpg


山梨県の第七弾のご当地フォルムカード「山梨リニア実験線」


車両に搭載した超電導磁石と地上のガイドウェイ(軌道)に設置された
コイルとの間の磁力によって、車両を10cm程度浮上させ、超高速で走行する鉄道・超電導リニア。
2013(平成25)年に延伸された山梨リニア実験線(山梨県笛吹市~上野原市)では、
1997(平成9)年より走行試験が行われている。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


2027(平成39)年、中央新幹線の品川-名古屋間が開業予定らしいです。
京都は通らない模様…残念。
乗りたいな~10㎝程度浮上して走行するんだって…
まさに近未来♪




ご当地フォルムカード 
20170317.jpg


東京都の第六弾のご当地フォルムカード「渋谷スクランブル交差点」


外国人にも知られる日本でもっとも有名な交差点のひとつ。
1回の青信号で約3,000人が渡るといわれている。
青信号時の人の往来は、大都会の東京を象徴する光景でもある。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


1回の青信号で約3,000人が渡るって!!
もう何て言ったらいいのか…思いつかない。
いつも渡る地元の信号、ほとんど私専用だよw



ご当地フォルムカード 
20170326.jpg


滋賀県の第六弾のご当地フォルムカード「石山寺」


近江八景「石山の秋月」としても名高く、
紫式部が『源氏物語』の着想を得たとされる寺院。
巨大な硅灰石(国天然記念物)の上に建てられている。
国宝の本堂、多宝塔をはじめ、多くの文化財がある。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


紅葉の時期に何度か行ってます。
門前のしじみのお料理のお店に寄り、1時間後に予約して
石山寺を拝観したらちょうどよい時間になるんですよ~
そして帰り道、駅までの道にある和菓子屋さん「茶丈藤村」で
名物のお菓子、「たばしる」を購入。
完璧なコースじゃないですか?
今年も行こうかしら。



ご当地フォルムカード 
20170325.jpg


岩手県の第八弾のご当地フォルムカード「盛岡冷麺」


1954(昭和29)年頃に朝鮮冷麺を日本人の味覚に合わせ、
盛岡の食堂で出したのが始まりとされている。
現在では、公正取引委員会から名産・特産等の表示の承認を得て、
名実ともに岩手県を代表する味のひとつとなっている。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


昨年、盛岡に2泊した時、2日とも晩ご飯は一人焼肉。
普段は焼肉なんて、行く機会は(10年に一度も)ないのですが、
盛岡は冷麺だけでも大丈夫だし、一人でも余裕っていう噂を聞いたので。
冷麺食べよ、って行ったはずなのにメニューを見るとついお肉も…
もちろん、〆は盛岡冷麺で。
美味しかった~当たり前ですが、家で食べるお肉とは全然違いますね。
そして、一人のお客さまもけっこういらっしゃって、本当に余裕でした。



ご当地フォルムカード 
20170324.jpg


神奈川県の第七弾のご当地フォルムカード「ペリーと黒船」


1853(嘉永6)年、米国東インド艦隊司令長官のペリー提督率いる
黒船(蒸気船2隻、帆船2隻)が久里浜に上陸した。
横須賀市内にある横須賀市自然・人文博物館には、
日米双方の画家が描いたペリーの肖像画や久里浜上陸図など、
ペリーと黒船にまつわる展示物が豊富にある。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


今日のは「with」じゃないんだw
この間の年末年始は横須賀市に行きました。
が!お休みだったので横須賀市自然・人文博物館には行けず…
でもご安心ください。郵便局には行けました♪



日本 花見 
20170323.jpg


ご当地フォルムカードはお休みして、
2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「花見」の切手。
描かれているのは桜餅と桜。


かつて日本人は年に3回の花見(梅見・桃見・観桜)を楽しんだとされます。
なかでも観桜は、今も昔もお気に入りのお弁当を持参し、
気心の知れた仲間たちと交流を深め合う楽しい時間です。
また春の和菓子として人気の高い桜餅も、季節を存分に味わうことのできる一品。
向島・長命寺の門番だった山本新六が、隅田川の土手の桜葉を利用し、
編み出したのが始まりとされています。

※郵政省のHPより


せっかくのお花見の切手なのですが、
京都の桜の開花はまだです。
おそらく来週の半ばぐらいですかね~

一年の中で最も楽しみにしている「桜の時期」
ピークが短くて、なかなかタイミングが合わないのですが、
この時期だけはバスを途中下車して、桜の咲いている場所を歩きます。

大好きな地元の桜並木。
きっと、この風景は一生、私を励ましてくれるにちがいない♪



ご当地フォルムカード 
20170321.jpg


福井県の第七弾のご当地フォルムカード「東尋坊」


県を代表する観光名所。
約1kmにわたって続くゴツゴツとした岩や断崖は迫力満点。
水面から25mの高さから望む景色は絶景。
「輝石安山岩の柱状節理」という地質学的にも珍しい奇岩は、世界に3箇所しかないといわれる。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


「東尋坊」という地名の由来は、乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買って
此処から突き落とされた平泉寺(勝山市)の僧の名前だそうです。

サスペンスのドラマに出てきそうな場所ですよね。
昔々、学生だった頃に行きました。
久しぶりに行きたいような気がします。



ご当地フォルムカード 
20170321-1.jpg


千葉県の第二弾のご当地フォルムカード「菜の花」


一般公募で千葉県の県花として選ばれた菜の花。
県民体操「なのはな体操」もまた、多くの県民に親しまれています。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


千葉県には有名な菜の花の名所が何か所もありますね。
場所によって多少違うようですが、GW頃まで楽しめるそうですよ。
今まさに、見頃でしょうね~
菜の花ってわざわざ植えるのではなく、自然に群生していくイメージ。
キレイに手入れしてという感じではないですよね。
その力強さや素朴さが良いのではないかな…って思います。

ところで、「なのはな体操」が気になります♪



ご当地フォルムカード 
20170320.jpg


沖縄県の第六弾のご当地フォルムカード「竹富島」


石垣島の南西にある周囲約9kmの小島。
白砂が敷かれた路地、サンゴ石積みの石垣囲いと赤瓦屋根の民家、
水牛車、ブーケンビリアなどが象徴的。
毎年行われているお祭「種子取祭(タナドゥイ)」(国重要無形文化財)のときには
島外に住む島出身者の多くが帰郷してくる。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


そう言えば、昨年の今頃、沖縄に行ったわ。
楽しかった~美味しいもの食べて、泡盛飲んで、
美ら海水族館に入り浸り、自転車でパワースポットにも行ったなぁ。
朝晩はまだ肌寒い毎日、沖縄の暖かい気候が恋しく思われますw

今度、沖縄に行くときは離島がいいな。
そして海を眺めながら本を読もう…
もちろん泡盛とつまみを横に置いて…
目の前には青く晴れ渡った空・コバルトブルーの海。
イルカが泳いでる。イルカの背中には少年が!
※ただ今、妄想中



ご当地フォルムカード 
20170319.jpg


青森県の第六弾のご当地フォルムカード「貝焼き味噌」


大きなホタテの貝殻を鍋として用いて、だし汁、
ホタテ、卵、長ネギなどを入れて味噌で味付けした、
県を代表する郷土料理のひとつ。”貝焼き”は「かやき」とも呼ばれる。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


昨年、青森県・岩手県・宮城県を旅行した時、
青森県の下北半島を重点的に周りました。
もちろん、「貝焼き味噌」も食べましたよ~
日本酒に合う♪



ご当地フォルムカード 
20170318.jpg


新潟県の第七弾のご当地フォルムカード「火焔型土器」


1999(平成11)年、この火焔型土器をはじめとする、
「笹山遺跡出土品」が新潟県唯一の国宝に指定された。
また縄文土器としては全国唯一の国宝。
今から約5,000年ほど前につくられた縄文時代の土器で、
大きく立ち上がる突起が、 燃えさかる炎のように見えることから火焔型土器と命名された。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


火焔土器は新潟県内の信濃川流域を中心として発見されているそうです。
新潟県長岡市にある新潟県立歴史博物館に、
ほぼ全形のわかる火焔土器約90個体が常設展示されているんですって。
私、長岡市にはまだ行ったことがないんじゃないかな?
機会があれば、是非、火焔土器を見に行きたいです。



ご当地フォルムカード 
20170317-2.jpg


茨城県の第六弾のご当地フォルムカード「れんこん」


日本一のれんこん収穫量*を誇る茨城県。中でも土浦市、
かすみがうら市は、県の作付け面積の約50%を占め日本一のれんこん産地。
土浦市には蓮河原という地名もあり、古くからハス栽培があったと推測されている。

※「農林水産省/平成22年産野菜(40品目)の作付面積、
収穫量及び出荷量(年間計)/れんこんの都道府県別収穫量割合」

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


「れんこん」美味しいですよね~大好きです。
シャキシャキした食感がいいですね。
でも茨城県が日本一の産地だったとは知りませんでしたぁ。
ご当地フォルムカードは社会科の勉強にもなりますね♪



ご当地フォルムカードに 
20170316.jpg


山口県の第七弾のご当地フォルムカード「高杉晋作」


激動の幕末時代を駆け抜け、明治維新の原動力ともなった長州藩の尊王討幕志士。
下関市には奇兵隊結成の地や終焉の地、萩市には松下村塾や誕生の地、防府には高杉以下、
坂本龍馬や伊藤博文らが投宿して密議を計ったとされる防府天満宮暁天楼その他、
県内各所にゆかりの地が多く点在している。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


お、凛々しいですね。
ご当地フォルムカードには郷土の英雄が登場するパターンもよくありますが、
ほとんどが戦国時代や幕末の方のように思います。
やはり時代が大きく変わる時には傑出した人物が現れるんですね。



ご当地フォルムカード 
20170315.jpg


長崎県の第六弾のご当地フォルムカード「皿うどん」


「ちゃんぽん」とともに長崎中華の代名詞である食べ物。
キャベツやもやし、にんじん、はんぺん、エビ、イカ、豚肉等々、
十数種類の具材が楽しめる。太麺とパリパリの細麺がある。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


大好きでっす!
このご当地フォルムカードに描かれている「皿うどん」、
とても豪華な具がたくさん入ってますね~
どうでもいい情報ですが…私はビールと一緒なら「皿うどん」
ビール無しなら「ちゃんぽん」をオーダーしますw



ご当地フォルムカード 
20170314.jpg


長野県の第七弾のご当地フォルムカード「信州善光寺」

年間約600万人の参拝者が訪れる日本を代表する寺院。
本堂は国宝に、三門その他は国の重要文化財に指定されている。
数え年で7年に一度の盛儀「善光寺前立本尊御開帳」が行われる。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


「善光寺前立本尊御開帳(ぜんこうじまえだちほんぞんごかいちょう)」、
前回は平成27年4月5日~5月31日。次回は5年後かな。
タイミングが合えば是非行きたいです。

ところで、「牛に引かれて善光寺参り」ということわざがありますね。
これは、思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。
また、他人の誘いや思いがけない偶然でよい方面に導かれることの例えだそうです。

ことわざにも登場するなんて、昔から有名なお寺だったのですね。
そやけど、京都にも「清水の舞台から飛び降りる」ということわざがありますえ~
※対抗している訳では、決してありませんw



ご当地フォルムカード 
20170313.jpg


兵庫県の第七弾のご当地フォルムカード「明石海峡大橋」


10年の歳月をかけて1998(平成10)年に完成した世界最大の吊橋は、
大阪湾と瀬戸内海を繋ぐ明石海峡に架かる。橋長3,911m、中央支間長1,991m。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


わお♪素敵な風景。
夕陽とか朝陽って本当にしみじみと心に染みますね~

私、たぶん、「明石海峡大橋」 はまだ渡ったことない…
フェリーで下を通ったことはありますが。
「歩いて渡ろう」みたいなイベントやってないかなぁ。
あ、橋長3,911mか…自転車でいいかw



ご当地フォルムカード 
20170312.jpg


山形県の第三弾のご当地フォルムカード「左馬」

「馬」の文字が左右逆さに書かれている「左馬」。
「うま」を逆から読んだ「まう」が「舞い」を連想させることなどから、
招福や商売繁盛の守り駒として置き駒や根付け駒・キーホルダーになっている

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


何年か前、家族で山形県天童市に行きました。
天童市は「将棋駒」生産量日本一、将棋駒の街として有名です。

街のお土産物屋さんに行くと、将棋の駒がたくさん。
このご当地フォルムカードに描かれている「左馬」ありましたよ。
…って言うか、私、購入しました。
今も本棚に飾っていますが、招福や商売繁盛のご利益はまだ。
きっと、これからたくさん良いことがあると思います!
…あるよね?大丈夫だよね?



日本 6年目 
20170311-1.jpg


本日、3月11日、東日本大震災が起こった日から6年が経ちました。
被害に遭われた方、大切な方を亡くされた方に心よりお見舞いを申し上げます。

地震により発生した巨大な津波、また原発事故によって、
かつてないほどの大きな規模の被害になりました。
今もなお、復興への道のりは遠く厳しいと言わざるを得ません。

今日、upしたのは昨年の11月に発行された「世界津波の日制定」の記念切手の中の一枚。
11月5日が世界津波の日に制定されたことを記念して発行されました。
描かれているのは「奇跡の一本松」

2011(平成23)年3月11日、岩手県陸前高田市を地震と大津波が襲った際、
過去の度重なる津波から高田のまちを守ってきた高田松原の中で、
唯一耐え残ったのが陸前高田ユースホステルにある「奇跡の一本松」です。
震災直後から、市民のみならず全世界の人々に復興のシンボルとして親しまれています。

郵政省のHPより


苦難を乗り越えるには「希望」あるいは「目標」が必要です。
ご家族だったり、お仕事だったり、趣味や新しい人間関係でも。
今現在も苦しんでおられる方が一歩を踏み出せるよう、
そして生きていく支えになり、力の源となるような
「希望」や「目標」が見つかりますよう、祈ります。



ご当地フォルムカード 
20170310.jpg


愛媛県の第七弾のご当地フォルムカード「今治タオル」


日本一のタオル産地のブランド「今治タオル」。
吸水性が大きな特徴で、タオル片を水に浮かべて5秒以内に水に沈むかどうかを
「未洗濯」と「3回洗濯」の2回に分けて検査する独自の品質基準を満たした商品のみを認定している。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


厳しい品質テストでブランドイメージを守っておられるんですね。
ふわふわのタオルに触れると幸せを感じますよね。
私、どちらかというと厚みのあるタオルより、ちょっぴり薄めが好み。
今治にいつか行って、好みのタオルを買いたいな♪



ご当地フォルムカード 
20170309-1.jpg


群馬県の第六弾のご当地フォルムカード「焼きまんじゅう」


県産の上質の小麦を原料とした餡の入らないままの蒸した「まんじゅう」を竹串に刺し、
糖分を加えた味噌を塗って焼いた食べ物。県内では江戸時代から親しまれているという。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


美味しそう~
この間(って言っても2年前)、群馬に行った時は食べてないわ。
次回は是非。



ご当地フォルムカード 
20170308.jpg


石川県の第五弾のご当地フォルムカード「金沢箔」


金箔生産量日本一の金沢で生産される金沢箔は、
建築物から工芸品まで様々なところで使われている。
その美しさだけではなく、貼られたものの耐久性を高める役割も果たしている。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


旅行に行くと、その土地の伝統ある工芸品を見る機会がよくあります。
職人さんが手掛けられた品々。美しく機能的で見とれてしまいます。
このご当地フォルムカードにデザインされている手鏡、とっても素敵。
今度石川県に行く機会があればこんなの探してみよう。



ご当地フォルムカード 
20170307.jpg


広島県の第七弾のご当地フォルムカード「鞆の浦」


山陽新幹線の福山駅から14km。瀬戸内海沿岸のほぼ真ん中に位置する景勝地。
古くから潮待ちの港として栄えた。瀬戸の海上に浮かぶ仙酔島や弁天島も美しい。
映画のロケ地としても知られる。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


わぁ、素敵な場所ですね。
「鞆の浦」、行ってみたいんですよね~
のんびりと海を見ながら、ボーっとして過ごしたいです。



ご当地フォルムカード 
20170306.jpg


鹿児島県の第五弾のご当地フォルムカード「かごしま黒豚」


約400年前に移入されたといわれ、鹿児島の風土に育まれながら改良を重ねられてきた。
四本の足先、鼻の先、尾の先が白い「六白」が特徴。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


つぶらな瞳ですね~しっぽもかわいい。
私、たぶん、本物の黒豚は食べたことないと思います。
普通の豚肉と違うのかな?



ご当地フォルムカード 
20170305.jpg


三重県の第六弾のご当地フォルムカード「伊賀流忍者 with上野城」


国の史跡・上野城、伊賀流忍者のふるさとなどで知られる伊賀市は、
俳聖・松尾芭蕉のふるさとでもある。市内にはその生家があり、
上野公園には芭蕉翁記念館、芭蕉の旅姿を表現して建立された国重要文化財・俳聖殿などがある。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


またまた、バンド名みたいなご当地フォルムカードです。
忍者、カッコいい…「くのいち」もいるようです。
「MIE」という字の下になにやら見慣れない文字がありますね。
これは「忍者文字」という文字で、「伊賀流忍者」と書かれているんですって。

日本には、漢字が伝来する以前に「神代文字」という文字がありましたが、
戦国時代には解読できる者がおらず 忍者はそれを利用し、秘密文字として
連絡手段に使用していたそうです。



ご当地フォルムカード 
20170304.jpg


滋賀県の第五弾のご当地フォルムカード「鮒ずし」


魚肉を保存するための知恵として、鮒とご飯を塩漬けにして発酵させた鮒ずし。
自然発酵によりできるタンパク質の乳酸が魚肉の腐敗を防ぎ、
独特の旨みと香りが珍味として人気が高い。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


以前、一度だけ食べた記憶があります。
まさしく「珍味」でした。
この「鮒ずし」、最近読んだ本に出てきたんですよ~
登場人物が冷ごはんに「鮒ずし」を載せて、お茶漬けにして食べてました。
江戸時代が舞台の小説なのですが、昔からある食べ物なんですね。
今度食べる機会があれば、私もお茶漬けにチャレンジしてみたい。



日本 ひな祭り 
20170303.jpg


今日はご当地フォルムカードはお休み。
2016年に発行された「和の食文化シリーズ 第2集」から「ひな祭り」の切手。
流しひなとひなあられが描かれています。


流しひなは現在のひな祭りの原型とされる風習で、その端緒は平安時代にまで遡るとされます。
男女一対の人形に穢れや災厄を移し、川に流す伝統儀式であり、
女子の健やかな成長を願う行事として継承されてきました。
またひな祭りにかかせないのが、ひなあられや菱餅などのひな菓子。
カラフルなその彩りには、生命・健康(赤)、魔除け(緑)、清浄(白)という意味が込められています。

※郵政省のHPより


今日の晩ご飯は叔母が作ってくれた「ちらし寿司」でした。
うちの家は大人ばかりなので、季節の行事は忘れがちなんですけど、
小さなお子さんがいはるお家は良いですね~



ご当地フォルムカード 
20170302.jpg


秋田県の第二弾のご当地フォルムカード「秋田犬」


ハリウッド映画にもなった“忠犬ハチ公”は、秋田犬だったとか。
秋田犬のルーツは大館地方のマタギ犬(山岳狩猟犬)で、
闘犬用に改良され現在の大きさになりました。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


あは、かわいい。
犬を題材とする切手やご当地フォルムカードを見ると、
犬好きの切手のお仲間を思い出します…
お元気ですか~?

ところで、ハリウッド映画で思い出しましたが、
今年のアカデミー賞の授賞式、グダグダだったようで。
作品賞の誤発表…こんなことあるんですね~



ご当地フォルムカード 
20170301.jpg


東京都の第七弾のご当地フォルムカード「国会議事堂」


国会が行われる建物。正面向かって左が衆議院、右が参議院。
現在の国会議事堂は1936(昭和11)年に完成。
当時、「白亜の殿堂」とその美しさを賞讃された。
内部の見学も可能(詳細は衆参両院のHPをご参照ください)。

※POSTA COLLECT(郵便局のポスタルグッズ販売元)のHPより


毎日のニュースで答弁の様子が放映されてますね~
偉くなると、変な人が寄ってきて大変だなぁって思います。
私も気をつけなくっちゃw

ところで、国会の中には「国会内郵便局」という郵便局があるんですよ。
ちゃんと風景印も配備されています。
行ってみたいと思うのですが、平成13年9月11日の米国同時多発テロ事件以降、
警備上の理由により、見学は議員さんの紹介を得ての申込みに限っているみたいですね。

郵便局にちょっと寄るだけなんだけどな。
残念…



..